知っとく.com

胃カメラの検査を受ける適正な期間、教えます!

      2017/11/08

胃カメラの検査を受ける適正な期間、教えます!

健康を保つためには定期的な健康診断を行うことが大切です。

胃の不調がないか確かめるためには胃カメラの検査を行いますが、検査期間はどのくらい空けるべきでしょうか。

また、口から入れるカメラだけではなく鼻から入れる「経鼻検査」についてもご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


胃カメラの検査はどのくらいの期間で行うべきか?

体調不良が続く場合、その原因を調べるために検査を行います。

胃もたれが続いていたり吐き気がある時は胃に原因があるのでは?と考え症状によっては「胃カメラ」で検査を行うことがあります。

1度検査をしてから再び症状が悪くなった場合、また胃カメラの検査をした方がいいのでしょうか。

1年以内に何度も胃カメラの検査をしてもいいのか気になってきます。

基本的には胃に疑わしきものがあると医師が判断した場合にのみ行われますが、どのくらいの期間で行うべきかはよくわからないものです。

中には1年に1度人間ドックを受ける時に胃カメラの検査をしている人がいますが、やはり1年に1度くらいが最適な期間なのでしょうか。

今回は「胃カメラの検査の期間」についてまとめていきます。

胃カメラの検査を受ける適正な期間

身体の中の内蔵の状態を知るには検査が必要です。

胃カメラの検査を定期的に行うことで胃の状態がわかり、病気があれば早期発見につながります。

1年に1度のペースで検査を続けていくといいでしょう。

何らかの症状があればこれに関わらず検査を受けるべきです。

会社の健康診断では胃カメラの検査までは行わないと思います。

自分で予約をして行ってください。

胃だけではなく腸の検査も定期的に行った方がいいですね。

大腸カメラも1年に1度行いましょう。

健康なら胃カメラの検査期間を延ばすこともできる

胃カメラの検査というものは気軽に受けられるものではありません。

一般的な検査方法は口からカメラを入れて行う「内視鏡検査」です。

経験した人ならわかると思いますが、胃にカメラが到達するまでに嗚咽が出てしまうものです。

この検査がどうしてもつらくて仕方がない場合は鼻からカメラを入れる検査がないか相談をしましょう。

こちらの方が検査のキツさを軽減できると言われています。

また、1年に1度の期間で検査を行うのが最適ですが、「胃がんリスク検査」で胃がんのリスクが低いと判断された場合は検査期間をもう少し延ばすことができます。

・胃カメラの検査は医師の腕次第

口から胃までカメラを入れる検査は誰が受けてもつらいものです。

それは医師自身が検査を受けても同じように感じるとか。

よくあるのが研修医の練習として検査をするととてもつらい!という話です。

やはり熟練度によって検査のキツさが変わるのであれば、腕のいい医師から検査を受けたいものです。

胃カメラは鼻と口の2種類の方法がる

胃カメラの検査方法は鼻から入れる「経鼻」と口から入れる「経口」があります。

口から入れることがつらくて仕方がない場合は鼻から検査をすることも可能です。

しかし、使用する器具が変わるのでデメリットも出てきます。

・経鼻検査のメリット・デメリット

鼻から入れる胃カメラの器具は細いものを使います。

口から入れるよりも負担が軽減するのが特徴。

ただ、器具が細いためもし何かを発見してもつまむ「鉗子(かんし)」と呼ばれるものが付いていません。

この場合は口から入れ直して処置を行うことになります。

・経口検査のメリット・デメリット

口から胃カメラを入れると嘔吐反射が起きてしまい最初はつらいものです。

嘔吐を抑えるためにはのどに局部麻酔を行うほか、少しぼんやりする薬を使用する場合もあります。

何らかのものを発見した場合は鉗子も吸引器もついているのでその場で処置をすることができます。

経鼻と経口のどちらも5分~10分程度で終わりますが、落ち着くまで休む必要があります。

ぼんやりする薬を飲んだ場合はトータル3時間はかかるでしょう。

ピロリ菌の2つの検査方法

もしピロリ菌と診断された場合は除菌治療を行うことになります。

胃の調子が悪く胃潰瘍の疑いがある場合は同時にピロリ菌の検査を受けることができます。

・ピロリ菌の検査方法

「迅速ウアレーゼ法」という検査方法は、胃カメラで胃の組織を採取し、試薬が入ったビンに入れて色の変化が起きるかを見ます。

黄色が赤に変色した場合は陽性だということです。

「尿素呼気試験」は錠剤の試薬を服用する前後で紙袋に息を吹き込んで検査をする方法です。

2つの方法どちらも30分ほどで結果がわかります。

ピロリ菌の除菌を行った場合はその後もう一度検査を行い、ピロリ菌が完全にいないかを確認をします。

菌が残っていると再び胃潰瘍になる恐れがあります。

胃に不調を感じる場合は早期に医療機関へ相談をしましょう。

 - 健康

ページ
上部へ