知っとく.com

胃カメラの検査を受ける適正な期間とは

   

胃カメラの検査を受ける適正な期間とは

健康を保つためには定期的な健康診断を行うことが大切です。

胃の不調がないか確かめるためには胃カメラの検査を行いますが、検査期間はどのくらい空けるべきでしょうか。

また、口から入れるカメラだけではなく鼻から入れる「経鼻検査」についてもご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

雑草対策に!庭にはアスファルトとコンクリートのどちらを使うべきか


お庭を持つ人にとって悩ましい存在である雑草。 ...

どうしよう!?洗面台が水漏れを起こす原因と点検すべきパーツ


ある日突然それは起こるもの…それは、洗面台の水漏...

鼻で呼吸をすると変な音が鳴る原因と対処法


鼻で呼吸をすると「ピー」と変な音が出てしまったと...

受験に不安はつきもの!合格発表を待つ間でも気持ちを安定させる方法


志望校へ向かって受験勉強を続けている受験生の中で...

筋トレをしよう!腹筋でも落ちないお腹の横の脂肪を落とす方法


お腹の横についたプヨプヨの脂肪を落としたい! ...

耳に違和感・・・音が響く原因が知りたい!

耳に違和感があると気になって気になってしょうがないですよね。...

大学に入って勉強を楽しいと思えるか

受験勉強を頑張って希望の大学に入った!
<...

ツライ・・・夫に子供は欲しくないと言われてしまった

女性ならば結婚してすぐに子供が欲しいと思う事もあれば、数年し...

高校生になってから勉強ができないその理由


「家で勉強をしようとしてもなぜか集中できない!」...

効率よく筋肉を付けるトレーニング方法


バッキバキに割れた腹筋になるぞ!と気合を入れて筋...

「緊急地震速報」は携帯の電源がオフだと受信できない!


大きな地震をお知らせする「緊急地震速報」はいくつ...

筋トレで肉体改造!体重と身長に合う理想的な筋肉量


自分の理想的な体型というのは人それぞれ違います。...

ロングヘアーとショートヘアーそれぞれの人気のひみつ


男性が好きな女性のヘアスタイルと言えば「ロングヘ...

パキラの育て方のコツ!種から育てる方法


南国の木のようなかわいいパキラを種から育てる方法...

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

スポンサーリンク


胃カメラの検査はどのくらいの期間で行うべきか?

体調不良が続く場合、その原因を調べるために検査を行います。

胃もたれが続いていたり吐き気がある時は胃に原因があるのでは?と考え症状によっては「胃カメラ」で検査を行うことがあります。

1度検査をしてから再び症状が悪くなった場合、また胃カメラの検査をした方がいいのでしょうか。

1年以内に何度も胃カメラの検査をしてもいいのか気になってきます。

基本的には胃に疑わしきものがあると医師が判断した場合にのみ行われますが、どのくらいの期間で行うべきかはよくわからないものです。

中には1年に1度人間ドックを受ける時に胃カメラの検査をしている人がいますが、やはり1年に1度くらいが最適な期間なのでしょうか。

今回は「胃カメラの検査の期間」についてまとめていきます。

胃カメラの検査を受ける適正な期間

身体の中の内蔵の状態を知るには検査が必要です。

胃カメラの検査を定期的に行うことで胃の状態がわかり、病気があれば早期発見につながります。

1年に1度のペースで検査を続けていくといいでしょう。

何らかの症状があればこれに関わらず検査を受けるべきです。

会社の健康診断では胃カメラの検査までは行わないと思います。

自分で予約をして行ってください。

胃だけではなく腸の検査も定期的に行った方がいいですね。

大腸カメラも1年に1度行いましょう。

健康なら胃カメラの検査期間を延ばすこともできる

胃カメラの検査というものは気軽に受けられるものではありません。

一般的な検査方法は口からカメラを入れて行う「内視鏡検査」です。

経験した人ならわかると思いますが、胃にカメラが到達するまでに嗚咽が出てしまうものです。

この検査がどうしてもつらくて仕方がない場合は鼻からカメラを入れる検査がないか相談をしましょう。

こちらの方が検査のキツさを軽減できると言われています。

また、1年に1度の期間で検査を行うのが最適ですが、「胃がんリスク検査」で胃がんのリスクが低いと判断された場合は検査期間をもう少し延ばすことができます。

・胃カメラの検査は医師の腕次第

口から胃までカメラを入れる検査は誰が受けてもつらいものです。

それは医師自身が検査を受けても同じように感じるとか。

よくあるのが研修医の練習として検査をするととてもつらい!という話です。

やはり熟練度によって検査のキツさが変わるのであれば、腕のいい医師から検査を受けたいものです。

胃カメラは鼻と口の2種類の方法がる

胃カメラの検査方法は鼻から入れる「経鼻」と口から入れる「経口」があります。

口から入れることがつらくて仕方がない場合は鼻から検査をすることも可能です。

しかし、使用する器具が変わるのでデメリットも出てきます。

・経鼻検査のメリット・デメリット

鼻から入れる胃カメラの器具は細いものを使います。

口から入れるよりも負担が軽減するのが特徴。

ただ、器具が細いためもし何かを発見してもつまむ「鉗子(かんし)」と呼ばれるものが付いていません。

この場合は口から入れ直して処置を行うことになります。

・経口検査のメリット・デメリット

口から胃カメラを入れると嘔吐反射が起きてしまい最初はつらいものです。

嘔吐を抑えるためにはのどに局部麻酔を行うほか、少しぼんやりする薬を使用する場合もあります。

何らかのものを発見した場合は鉗子も吸引器もついているのでその場で処置をすることができます。

経鼻と経口のどちらも5分~10分程度で終わりますが、落ち着くまで休む必要があります。

ぼんやりする薬を飲んだ場合はトータル3時間はかかるでしょう。

ピロリ菌の2つの検査方法

もしピロリ菌と診断された場合は除菌治療を行うことになります。

胃の調子が悪く胃潰瘍の疑いがある場合は同時にピロリ菌の検査を受けることができます。

・ピロリ菌の検査方法

「迅速ウアレーゼ法」という検査方法は、胃カメラで胃の組織を採取し、試薬が入ったビンに入れて色の変化が起きるかを見ます。

黄色が赤に変色した場合は陽性だということです。

「尿素呼気試験」は錠剤の試薬を服用する前後で紙袋に息を吹き込んで検査をする方法です。

2つの方法どちらも30分ほどで結果がわかります。

ピロリ菌の除菌を行った場合はその後もう一度検査を行い、ピロリ菌が完全にいないかを確認をします。

菌が残っていると再び胃潰瘍になる恐れがあります。

胃に不調を感じる場合は早期に医療機関へ相談をしましょう。

 - 健康

ページ
上部へ