知っとく.com

筋トレで肉体改造!体重と身長に合う理想的な筋肉量、教えます!

      2017/09/28

筋トレで肉体改造!体重と身長に合う理想的な筋肉量、教えます!

自分の理想的な体型というのは人それぞれ違います。

痩せている人は筋肉量を増やしてカッコよく、太っている人は引き締まったボディを目指すでしょう。

筋トレを取り入れて肉体改造をする前に、身長に対する理想的な体重や筋肉量を計算してみませんか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


身長と体重のバランスと筋トレによる肉体改造

自分の理想的なボディスタイルを目指して筋トレをする人がとても増えています。

最近では筋トレを行う女性も多く存在していますよね。

女性の場合ならスリムな体型を目指して筋トレを行う人がほとんどですが、男性の場合では少し違ってきます。

男性でももちろんダイエット目的で筋トレを行う人もいますが「より強い肉体を手に入れたい!」という思いから筋トレを始める人も多いです。

男らしい体型というのは痩せた体型ではなく、ある程度筋肉がついていた方がカッコイイですよね。

カッコイイ体型を目指してジムに通い始める人も多いですが、ここで疑問を感じる男性がいます。

もともと痩せているのに筋トレを始めたけどさほど筋肉量は増えず、それどころか体重が減ってしまった…。

こういう人はこのまま筋トレを続けてもいいのでしょうか?

体脂肪率が減って筋肉量が増えていればあまり体重は気にしなくていいものなのか。

そんな不安を持つ方はバランスのよい身長と体重を知ることが大切です。

筋トレを上手に行って肉体改造を目指しましょう。

筋トレをやってバランスのとれた身長と体重を目指す

「太りたい場合」

痩せている人が筋トレをやって健康的に太りたい場合は次の点に注意をしてみましょう。

・空腹時に行わない

・無理をしない

空腹時は身体に栄養素がないため、この状態で筋トレを行うと体のタンパク質が使われてしまい結果的にやせ細ってしまいます。

筋トレの2時間前に食事を行い、筋トレ中にはアミノ酸やプロテインを摂取しましょう。

また筋肉痛の状態で行ったり回数や負荷を無理矢理上げてしまうことも避けましょう。

「痩せたい場合」

反対に太っている人が痩せたい場合は有酸素運動と筋トレを平行に行うことで、合理的に体重を落とすことができます。

体重が落ちない場合でも筋トレを続けることで筋肉量が増え、基礎代謝を上げることにつながります。

筋肉を増加させることで太りにくい体を作ることが可能になるので続けることが重要です。

身長に対する標準体重を目指すだけではなく、体脂肪や筋肉量にも注目をしてみましょう。

身長と体重と筋トレ方法を計算して細・太マッチョを目指す!

細マッチョ体型は体脂肪率が11%以下と言われています。

カッコイイ細マッチョを目指すなら自分の身長に対する体重や体脂肪率を計算してみましょう。

「細マッチョ体型の計算式」

標準体重=(身長×身長)×22÷10,000
理想体重=(身長×身長)×21.5÷10,000
体脂肪量=理想体重×0.11
体脂肪率=11%
筋肉量=理想体重×0.38
基礎代謝=理想体重×0.23
胸囲=身長×0.52
ウエスト=身長×0.41
腹囲=身長×0.43
ヒップ=身長×0.51
二の腕=身長×0.16
太もも=身長×0.32
ふくらはぎ=身長×0.22
股下=身長×0.456

筋肉量や胸囲などのパーツの数値はより大きいほうが美しい細マッチョになります。

逆に太マッチョになりたい方は次の計算式に当てはめてみましょう。

太マッチョは体脂肪率が15%以上とされています。

「太マッチョの計算式」

標準体重=(身長×身長)×22÷10,000
理想体重=(身長×身長)×21.5÷10,000
体脂肪量=理想体重×0.15
体脂肪率=15%
筋肉量=理想体重×0.418
基礎代謝=理想体重×0.253
胸囲=身長×0.546
ウエスト=身長×0.431
腹囲=身長×0.452
ヒップ=身長×0.536
二の腕=身長×0.168
太もも=身長×0.336
ふくらはぎ=身長×0.231
股下=身長×0.456

より筋肉量が多ければ多いほどカッコイイ太マッチョになれます。

食事と筋トレの方法がそれぞれ違います。

あなたはどちらの体型を目指しますか?

BMIと標準体重を計算してみよう

・BMIの計算式

BMIとは身長と体重から肥満度を表す数値のことです。

体重(kg)÷身長(m)×身長(m)=BMI(肥満度)

この計算式の注意点は身長をmで計算するという所です。

例)

体重が54㎏で身長が160㎝の人。

54÷(1.6×1.6)=23.89

BMI数値は約24となります。

「BMI数値の基準」

標準数値:22

肥満:25以上

痩せすぎ:18.5以下

よって先ほどの24という数値は標準数値を少し超えて肥満の一歩手前だということがわかります。

また22という数値は「健康的な数値」であり見た目はややぽっちゃりとしている傾向があります。

・標準体重の計算式

身長(m)×身長(m)×22(BMIの標準値)=標準体重(㎏)

先ほどの例を当てはめてみます。

(1.6×1.6)×22=56.3

身長160㎝の人の標準体重は約56㎏だということがわかります。

理想体重と標準体重の違い

・理想体重の計算式

BMI21×身長(m)×身長(m)=理想体重(㎏)

例)

身長160㎝の人の場合。

21×(1.6×1.6)=53.8

理想体重は約54㎏となります。

このように先ほど計算をした標準体重よりも2.5㎏ほど少ないということがわかります。

自分の理想の体型を目指す場合は体重ばかりに注目してしまいがちですが、体脂肪率や筋肉量にも目を向けてみましょう。

全体的にバランスが取れた体型を目指して筋トレを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 - 健康

ページ
上部へ