知っとく.com

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!

      2017/09/28

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!

「勉強嫌い!」とわが子に言われてしまった…そんな経験を持つ親はたくさんいるでしょう。

小学校に入ったばかりのお子さまや、高学年の難しい問題を解くお子さまに対して、親ができることをご紹介します。

勉強嫌いを克服するには、親のちょっとした心がけが大切です。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

どうにかしたい!幼稚園でトイレに行かない子供の理由や対処法

子供が幼稚園に行き出すと、親にとって様々な悩みが出てきます。...

【仕事したくないから】専業主婦から抜け出す4つのポイント


妊娠を機に仕事を辞める人は多く、子供がいる女性は...

【女子必見!】~男友達に彼女ができたときの付き合い方~

ある日仲のいい男友達から「彼女ができた」と言われたらどうしま...

インフルエンザかも!?日曜日に発熱した時の適切な対応


インフルエンザの流行時期に発熱した場合は感染を疑...

no image
学童の指導員の悩みとは【やりがいのある仕事内容教えます!】

共働きの家庭が増え、学校が終わってから学童保育を利用する人が...

【会計報告】PTAや町内会での話し方はこれ!


「会計報告」と聞くととても堅苦しいものですが、大...

【悩める女子必見】部活を人間関係のトラブルで辞めたい時の対処法

好きで入った部活なのに「もう辞めたい・・・」と悩んでいません...

【待ち合わせに遅刻】何分まで待てるのか 教えます!


時間にルーズな相手との待ち合わせはとても憂うつで...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋で必ずトイレに行きたくなる】それって、症候群かも知れません!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理

x
結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと...

モルモットがゲージを噛む3つの理由と上手な対策


モルモットをペットとして飼っている中、ゲージをガ...

幼稚園に入園したのに体調崩して休みが多いと不安になるママへ

幼稚園に入園するのは子供にとってもママにとってもドキドキです...

【旦那と別居中で連絡なし】の場合の妻としての対応


夫婦として上手くいかずに喧嘩をすることはあります...

相撲のまわしを洗わないのは本当?力士の都市伝説


日本が誇る国技と言えば相撲ですね。大きな体の力士...

舌の筋肉は【人体最強】は本当?3分で変わる小顔トレーニング


人間の体の筋肉の中で最も強い部位はどこなのか。 ...

【小学校の同窓会】ない理由と出席したくない理由


成人式を迎えたと思ったら、気が付けば25歳、30...

お肉の栄養素と食べない人に起こる体の不調について知っとく!


かつては「お肉は太る」として避けられる対象でした...

【ナマズの飼育方法】稚魚から育てるためのポイント


実は日本には数多くのナマズが生息しています。 ...

学校をサボると罪悪感が・・・そんな気持ちを解放する方法教えます

小学校・中学校・高校・大学のうちに、誰でも一度は学校をサボり...

スポンサーリンク


小学校の勉強が難しい!と嫌がる子供にできること

小学生のお子さまをお持ちの方は、勉強についての悩みはないでしょうか。

まだ入学したばかりのお子さまと高学年になるお子さまでは内容も違うかと思いますが、お子さまが根本的に「勉強が嫌い」な場合はどうしたらいいでしょうか。

「小学校の勉強が難しい」と感じているお子さまに対して、親としてどうすべきかをご紹介します。

まずは、まだ低学年のお子さまで「問題を見ただけで嫌がる」「泣いてしまう」このような場合はどうするべきでしょうか。

これでは宿題を終わらすことも大変になってしまいますね。

問題を見ただけで嫌がるということは、1人で考えて難しい問題を解かなくてはいけない…というプレッシャーに押しつぶされているかも知れません。

この場合には、「お母さんと一緒にやろう」と声をかけて簡単な問題から解いてみてください。

つまづいたときには、お母さんが楽しいヒントを出しながら答えに近づけていけるようにお話をすることが大切です。

お母さんと楽しく解くことで、勉強に対する気持ちが少しずつ変わると思います。

このように、勉強が難しいと感じてしまうお子さまへ親ができることについてを考えてみましょう。

小学校低学年の勉強法!難しい問題はまだ早い

親というものは、子供には立派になってもらいたいという気持ちから、ついつい難しい問題を解かせたくなるものです。

勉強だけではなくほかのことでも言えることですね。

ただ、勉強に関しては、低学年のうちからお子さまの許容範囲を超えた問題を解かせることは必要がないです。

厳しくやらせてしまうことで勉強が嫌いになってしまうでしょう。

学校で習ったことをしっかりと理解をすることが大切です。

分からない問題は親に質問をするという風にして進めていけば大丈夫です。

ただ、常にお子さまの横にくっついて勉強をさせていると、親がいないと勉強ができない子になってしまいます。

自ら勉強ができる子を目指して、そばで見守る程度にしましょう。

小学校5年生の勉強は難しい

小学校の勉強というものは、1年生から4年生くらいまではそこそこ進められると思います。

ですが、5年生になると急激に難しさを感じる子供が多いです。

とくに算数は、分数問題や難しい図形問題が出てくるためにつまずいてしまう子供がいます。

初めて見る問題を嫌がる子供は、その後の勉強もなかなかスムーズにいかなくなります。

見たことない難しい問題でも、まるでゲームを進めるかのように考えられる子供は伸びていきます。

算数の問題は、ひたすら反復練習をすることが重要です。

そうすることで苦手意識を減らし、応用問題にも立ち向かっていけます。

こうした問題を嫌がるお子さまは、簡単な問題から慣らしていくことで次のステップへ進めると思います。

子供の勉強を見るときに親がやってはいけないNG行動

親が子供の勉強を教えるときに「絶対にやってはいけないこと」をご紹介します。

○怒らない

子供の勉強を教えているとついついイライラして怒ってしまうものです。

何度も間違えたりするとつい…言ってしまうかも知れません。

しかしそこで怒ってしまうことが子供の勉強嫌いの原因となってしまいます。

ただでさえ嫌な勉強なのに、さらに怒られてしまってはやる気が一気に落ちてしまうでしょう。

お子さまの勉強を見守るときは、ゆったりとした気持ちになれるように自分で工夫をすべきです。

そして問題が解けたら褒めてあげましょう!

○間違えてもバカにしない

絶対に言ってはいけないのが「そんな問題も解けないの?」という言葉です。

バカにしたり笑ったりしては子供はとっても傷つきます。

屈辱を受けた子供の心はすっかり勉強をする気持ちなどなくなり、勉強が大嫌いになるでしょう。

また、兄弟と比べることもNGです。

「お兄ちゃんはできたのに」と言われて育つと、兄弟のことも嫌いになってしまいます。

○親は塾の講師にはなれない

親はわが子に対して学力の向上をさせるような勉強をさせることは難しいです。

子供が親と一緒に勉強をする目的は、楽しく勉強をするということです。

今与えられている課題ができるように応援をし、できたら褒めてあげることが親の役目です。

勉強を頑張ったらご褒美を与えてあげよう

勉強をすることが子供の仕事とはいえ、毎日宿題をするということはなかなか大変なことです。

ゲームが好きなお子さまも多いと思いますが、勉強との兼ね合いで悩む親のたくさんいます。

この場合はどうすべきか?と言えば「ゲームをご褒美にする」ということです。

「勉強を30分頑張ったら1時間ゲームをしてもいいよ。」

こんな風にゲームを利用してやる気を出させる方法もあります。

ただ、お子さまによってはおねだりばかりすることもあるので、ちょっとしたご褒美に留めておくべきでしょう。

そのお子さんに合うご褒美の方法を、考えておくのも良いですね。

 - 子育て

ページ
上部へ