知っとく.com

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!

      2017/09/28

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!

「勉強嫌い!」とわが子に言われてしまった…そんな経験を持つ親はたくさんいるでしょう。

小学校に入ったばかりのお子さまや、高学年の難しい問題を解くお子さまに対して、親ができることをご紹介します。

勉強嫌いを克服するには、親のちょっとした心がけが大切です。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

犬が怖い・・・だけど克服したい!おすすめの方法教えます!

ここ数年で犬を飼う人が本当に増えたと思います。

子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

【夫が出張で不在】こんな時みんなが食べているご飯を調査!


結婚している主婦にとって、夫が出張で不在の時はち...

友達関係がめんどくさい!遊ぶ約束したのに憂うつになる人の特徴


友達と遊ぶというとても単純な行動に憂うつさを感じ...

警視庁へ潜入!見学ツアーに個人で参加する方法


刑事ドラマなどでお馴染みの場所と言えばそう、警視...

【テスト前日】徹夜で一夜漬けするならこの方法で勉強する!


学生の皆さんの多くはテスト前日になると焦ってしま...

読書レポートの書き方!本読みのコツとポイント


高校や大学などで読書レポートの課題が出された時の...

【彼女と俺】真剣な話し合いをするのに適した4つの場所


彼女と険悪なムードになってしまった時は、1度真剣...

喧嘩から仲直りするコツは3つ!親子の場合教えます


親に向かってついつい反抗的な態度を取ってしまった...

【超多忙】医者の彼氏から連絡こない4つの理由


女性にとって結婚したい憧れの職業の男性TOP3に...

【バツイチ彼氏】元妻に嫉妬してしまう時の3つの心がけ


今の時代、バツイチなんて珍しくもなく身近な人でも...

顧問に「部活を辞めたい」と伝える前に考えたい5つのこと

「中学に入ったら部活を頑張りたい!」

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

スポンサーリンク


小学校の勉強が難しい!と嫌がる子供にできること

小学生のお子さまをお持ちの方は、勉強についての悩みはないでしょうか。

まだ入学したばかりのお子さまと高学年になるお子さまでは内容も違うかと思いますが、お子さまが根本的に「勉強が嫌い」な場合はどうしたらいいでしょうか。

「小学校の勉強が難しい」と感じているお子さまに対して、親としてどうすべきかをご紹介します。

まずは、まだ低学年のお子さまで「問題を見ただけで嫌がる」「泣いてしまう」このような場合はどうするべきでしょうか。

これでは宿題を終わらすことも大変になってしまいますね。

問題を見ただけで嫌がるということは、1人で考えて難しい問題を解かなくてはいけない…というプレッシャーに押しつぶされているかも知れません。

この場合には、「お母さんと一緒にやろう」と声をかけて簡単な問題から解いてみてください。

つまづいたときには、お母さんが楽しいヒントを出しながら答えに近づけていけるようにお話をすることが大切です。

お母さんと楽しく解くことで、勉強に対する気持ちが少しずつ変わると思います。

このように、勉強が難しいと感じてしまうお子さまへ親ができることについてを考えてみましょう。

小学校低学年の勉強法!難しい問題はまだ早い

親というものは、子供には立派になってもらいたいという気持ちから、ついつい難しい問題を解かせたくなるものです。

勉強だけではなくほかのことでも言えることですね。

ただ、勉強に関しては、低学年のうちからお子さまの許容範囲を超えた問題を解かせることは必要がないです。

厳しくやらせてしまうことで勉強が嫌いになってしまうでしょう。

学校で習ったことをしっかりと理解をすることが大切です。

分からない問題は親に質問をするという風にして進めていけば大丈夫です。

ただ、常にお子さまの横にくっついて勉強をさせていると、親がいないと勉強ができない子になってしまいます。

自ら勉強ができる子を目指して、そばで見守る程度にしましょう。

小学校5年生の勉強は難しい

小学校の勉強というものは、1年生から4年生くらいまではそこそこ進められると思います。

ですが、5年生になると急激に難しさを感じる子供が多いです。

とくに算数は、分数問題や難しい図形問題が出てくるためにつまずいてしまう子供がいます。

初めて見る問題を嫌がる子供は、その後の勉強もなかなかスムーズにいかなくなります。

見たことない難しい問題でも、まるでゲームを進めるかのように考えられる子供は伸びていきます。

算数の問題は、ひたすら反復練習をすることが重要です。

そうすることで苦手意識を減らし、応用問題にも立ち向かっていけます。

こうした問題を嫌がるお子さまは、簡単な問題から慣らしていくことで次のステップへ進めると思います。

子供の勉強を見るときに親がやってはいけないNG行動

親が子供の勉強を教えるときに「絶対にやってはいけないこと」をご紹介します。

○怒らない

子供の勉強を教えているとついついイライラして怒ってしまうものです。

何度も間違えたりするとつい…言ってしまうかも知れません。

しかしそこで怒ってしまうことが子供の勉強嫌いの原因となってしまいます。

ただでさえ嫌な勉強なのに、さらに怒られてしまってはやる気が一気に落ちてしまうでしょう。

お子さまの勉強を見守るときは、ゆったりとした気持ちになれるように自分で工夫をすべきです。

そして問題が解けたら褒めてあげましょう!

○間違えてもバカにしない

絶対に言ってはいけないのが「そんな問題も解けないの?」という言葉です。

バカにしたり笑ったりしては子供はとっても傷つきます。

屈辱を受けた子供の心はすっかり勉強をする気持ちなどなくなり、勉強が大嫌いになるでしょう。

また、兄弟と比べることもNGです。

「お兄ちゃんはできたのに」と言われて育つと、兄弟のことも嫌いになってしまいます。

○親は塾の講師にはなれない

親はわが子に対して学力の向上をさせるような勉強をさせることは難しいです。

子供が親と一緒に勉強をする目的は、楽しく勉強をするということです。

今与えられている課題ができるように応援をし、できたら褒めてあげることが親の役目です。

勉強を頑張ったらご褒美を与えてあげよう

勉強をすることが子供の仕事とはいえ、毎日宿題をするということはなかなか大変なことです。

ゲームが好きなお子さまも多いと思いますが、勉強との兼ね合いで悩む親のたくさんいます。

この場合はどうすべきか?と言えば「ゲームをご褒美にする」ということです。

「勉強を30分頑張ったら1時間ゲームをしてもいいよ。」

こんな風にゲームを利用してやる気を出させる方法もあります。

ただ、お子さまによってはおねだりばかりすることもあるので、ちょっとしたご褒美に留めておくべきでしょう。

そのお子さんに合うご褒美の方法を、考えておくのも良いですね。

 - 子育て

ページ
上部へ