知っとく.com

【髪をブリーチすると色落ちしやすい! 】長持ちさせるコツ教えます!

   

【髪をブリーチすると色落ちしやすい! 】長持ちさせるコツ教えます!

好きなヘアスタイルにするためにブリーチをした場合、普通のヘアカラーよりも色落ちしてしまいます。

この理由について美容師さんの意見を聞いてみました。

せっかく染めたカラーを、より長持ちさせる方法についてもご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お寺の住職の仕事とは?神社との違いを解説します


お寺にいるお坊さんのことを「住職」と呼びますが、...

給食の牛乳を飲ませたくない理由と手続き方法


給食には牛乳が出るのが当たり前のようになっていま...

PTA役員の選出でトラブル続出!とその対策


子供が小学校へ進学するとともに保護者として参加す...

【働くママ必見!】遅刻の言い訳が子供の時には注意して!

ヤバい!会社に遅刻しそう!何かいい言い訳はないかな?

モラハラ行為をする人の特徴と母親への対策


近年「モラハラ」という言葉が使われる場面が非常に...

知りたい!犬がカットを嫌がる理由と対処法

愛犬の毛がモジャモジャになってしまったらカットへ行きますよね...

猫のゴロゴロ音がおかしい原因と考えられる病気


猫が喉をゴロゴロ鳴らすのは甘えたりリラックスして...

耳に髪の毛をかけると余計に癖がつく!スッキリさせるヘアアレンジ


女性の方がよくやりがちな、垂れてきた髪の毛を耳に...

お母さんは好き?嫌い?苦しい気持ちから解放される考え方


あなたは自分のお母さんのことは好きですか?嫌いで...

ストレスで嘔吐?子供に起こる自家中毒を知っておこう!

子供が嘔吐するというのは珍しいことではありません。

冬のパンプスは寒い!オシャレを楽しむ4つの冷え対策


冬でもオシャレな人はパンプスを履いてファッション...

TPOとはどういう意味?わかりやすく教えます!


よく「TPOをわきまえて」という風にファッション...

【深夜のラーメン 飯テロ】太る理由と太らない人の謎


ダメだとわかっていても深夜に食べるラーメンはなぜ...

【新婚で離婚】子供なしで別れる理由とメリット


結婚式から半年、まだ新婚ほやほやの時期に離婚を決...

【心臓がバクバク】緊張した時・そうでない時の原因や症状


プレゼンテーションや発表会などで人前に出ると緊張...

食後すぐに寝ると腹痛が起きる原因とは?症状別の病気


「食後すぐに寝ると牛になる」と言われた事があるよ...

【小学生の悩み】自転車に乗れない子が克服するコツとポイントはコレ


最近では小学校に上がっても自転車に乗れない子供が...

「ありがとう」の返事に「いえいえ」は適切?意味や使い方を教えます


あなたは「ありがとう」と言われた時は何て返事をし...

「長所は?」と面接で質問されたら?高校受験対策


「あなたの長所は何ですか?」と質問された時、すぐ...

【子供が受験に失敗】親のNG行動と与える影響


子供が受験に失敗をしたら親としてどう声をかけるべ...

スポンサーリンク


ブリーチした髪の毛の色落ちが早くて悩む

美容院でブリーチカラーをしている人で「すぐに色落ちしてしまう」という悩みを持っている人はたくさんいます。

せっかくお金をかけてやってもらったのにあっという間に色が落ちてしまい、さらに金髪のような色の変わってしまうとショックですよね。

ブリーチというものは髪の毛の色素を抜くもので、ただブリーチをしただけでは金髪になります。

色を抜いた髪の毛にカラーを入れることで「ブリーチカラー」と呼びます。

ただ、カラーの部分は日数が経つにすれて徐々に色が抜けていくため、結局金髪の状態に戻ってしまいます。

よくある「プリン状態」というのは根元は黒くて毛先にかけて色が変わっている状態のことですが、ブリーチをした人はとくに色がはっきりと分かれてしまいますよね。

ブリーチをした髪の毛の色落ちはどうやって防ぐのでしょうか。

またカラーを長持ちさせるコツなども知りたいですよね。

今回は髪の毛のブリーチについてと色落ちを防ぐ方法をご紹介しています。

ブリーチをした髪の毛の色落ちを防ぐ「白髪染めヘアカラー」

ブリーチした髪をすぐに元の状態に戻すことは不可能ですが、そこに色を入れるならおしゃれ染めカラーよりも白髪染め用のカラーで染めた方が色落ちしにくいです。

白髪染めを使うことに抵抗があるかも知れませんが、ブリーチをした髪の毛との相性がよく、おしゃれ染めと同じような色も見つかります。

染めた色を色落ちさせずに長持ちさせるには、できるだけヘアカラー用のシャンプーやトリートメントを使いましょう。

おすすめのシャンプーは「シュワルツコフのカラー用」です。

ブリーチをした髪の毛は強いダメージを受けているので優しくていねいに洗いましょう。

あとは髪の毛が伸びるのを待ってブリーチをした部分を減らしていくしかありません。

ブリーチを繰り返している髪の毛は色落ちしやすい

色落ちしやすい髪の毛について美容師さんの意見をまとめてみました。

  • ブリーチを繰り返していたり、ハイトーンのカラーを続けていると色持ちは悪くなる。
  • 毎回ブリーチをしてしまうと色落ちしやすい。

色落ちとブリーチの頻度や明るい色のヘアカラーはどうしても色落ちしてしまうようです。

できる限り濃い目のカラーを入れて、少しずつ落ちていく過程を楽しむというのもコツだとか。

すぐに色落ちしてしまう人はいつもより暗い色で染めてみると長持ちしやすくなるそうです。

また、毎回ブリーチをしている人はとても髪が痛んでいるので、できれば2階に1度程度の頻度にした方がよいとのこと。

できるだけ髪の毛を労わって、ヘアカラーを楽しむことが大切ですね。

ブリーチを繰り返すと傷むどころか溶けてしまう恐れがある

髪の傷み

ブリーチというものは髪の毛の色素を抜いてしまうため、とても痛んでしまいます。

1度のみならず2度3度とブリーチを繰り返すことで紙の栄養分がほぼ失われてしまいパサパサな髪の毛になります。

ブリーチ以外でも、普通のヘアカラーにも脱色する成分が入っているものがあるので、こちらも痛まないわけではありません。

もともと髪の毛が痛んでいる人はとくにヘアカラーでも痛んでしまいます。

セルフカラーをする場合は十分気を付けなくてはいけません。

やはり美容師さんに相談をしてできるだけ痛まないヘアカラーの方法を考えてもらうのが1番です。

髪が溶ける

ブリーチを繰り返してしまうと髪の毛が溶けてしまいます。

海外の人に比べて日本人の髪質は大変弱いのでブリーチには十分注意をしなくてはいけません。

髪の毛は毛先から痛んでいきますが、毛先から徐々に溶けていくのがわかります。

憧れのヘアスタイルにするために一気にブリーチをしてしまうのは危険なのでやめましょう。

ヘアカラーの色落ちを防ぐお手入れ方法

美容院でヘアカラーをしたらお手入れには気を付けましょう。

まず、髪の洗い過ぎはやめましょう。

髪の毛は濡らしただけで色が抜けやすい状態になってしまいます。

シャンプーも普通のシャンプーではなくヘアカラー用シャンプーを使った方が断然長持ちします。

ヘアカラーをしてから1週間は注意をする

ヘアカラーをした1週間以内はとくに色落ちしやすい期間です。

この期間は髪の毛の洗い過ぎに注意をし、さらにトリートメントを入念に行いましょう。

ヘアカラーは紫外線に当たっただけでも落ちてしまうので、トリートメントで保護をした方がいいです。

ドライヤーで乾かす前にはヘアオイルを使う

ヘアカラーは熱に弱いので乾かす前にはしっかりとヘアオイルを塗って髪の毛を保護しましょう。

これを行うか行わないかでずいぶんと差が出ます。

ブリーチをした髪はとくに入念なお手入れを

傷んでいるブリーチをした髪の毛はとくにていねいなお手入れを行いましょう。

 - 美容・エステ

ページ
上部へ