知っとく.com

「結婚のタイミングが合わない」その時なぜ決断したのか、教えます!

   

「結婚のタイミングが合わない」その時なぜ決断したのか、教えます!

「結婚はタイミング」とよく言いますが、なぜ好きなのに結婚できないものなのか。

そこにはさまざまな理由が関わっています。

タイミングが合わない時の理由や、女性と男性のタイミングの違いについて迫ってみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お寺の住職の仕事とは?神社との違いを解説します


お寺にいるお坊さんのことを「住職」と呼びますが、...

給食の牛乳を飲ませたくない理由と手続き方法


給食には牛乳が出るのが当たり前のようになっていま...

PTA役員の選出でトラブル続出!とその対策


子供が小学校へ進学するとともに保護者として参加す...

【働くママ必見!】遅刻の言い訳が子供の時には注意して!

ヤバい!会社に遅刻しそう!何かいい言い訳はないかな?

モラハラ行為をする人の特徴と母親への対策


近年「モラハラ」という言葉が使われる場面が非常に...

知りたい!犬がカットを嫌がる理由と対処法

愛犬の毛がモジャモジャになってしまったらカットへ行きますよね...

猫のゴロゴロ音がおかしい原因と考えられる病気


猫が喉をゴロゴロ鳴らすのは甘えたりリラックスして...

耳に髪の毛をかけると余計に癖がつく!スッキリさせるヘアアレンジ


女性の方がよくやりがちな、垂れてきた髪の毛を耳に...

お母さんは好き?嫌い?苦しい気持ちから解放される考え方


あなたは自分のお母さんのことは好きですか?嫌いで...

ストレスで嘔吐?子供に起こる自家中毒を知っておこう!

子供が嘔吐するというのは珍しいことではありません。

冬のパンプスは寒い!オシャレを楽しむ4つの冷え対策


冬でもオシャレな人はパンプスを履いてファッション...

TPOとはどういう意味?わかりやすく教えます!


よく「TPOをわきまえて」という風にファッション...

【深夜のラーメン 飯テロ】太る理由と太らない人の謎


ダメだとわかっていても深夜に食べるラーメンはなぜ...

【新婚で離婚】子供なしで別れる理由とメリット


結婚式から半年、まだ新婚ほやほやの時期に離婚を決...

【心臓がバクバク】緊張した時・そうでない時の原因や症状


プレゼンテーションや発表会などで人前に出ると緊張...

食後すぐに寝ると腹痛が起きる原因とは?症状別の病気


「食後すぐに寝ると牛になる」と言われた事があるよ...

【小学生の悩み】自転車に乗れない子が克服するコツとポイントはコレ


最近では小学校に上がっても自転車に乗れない子供が...

「ありがとう」の返事に「いえいえ」は適切?意味や使い方を教えます


あなたは「ありがとう」と言われた時は何て返事をし...

「長所は?」と面接で質問されたら?高校受験対策


「あなたの長所は何ですか?」と質問された時、すぐ...

【子供が受験に失敗】親のNG行動と与える影響


子供が受験に失敗をしたら親としてどう声をかけるべ...

スポンサーリンク


結婚のタイミングが合わない理由「遠距離」「夢のため」

遠距離恋愛から結婚するのは難しい

結婚できればいいなと思っていたけど遠距離恋愛の場合はタイミングのすれ違いが多く、なかなか叶わないことが多いです。

「お互いの将来のことを考えて、泣く泣く別れることにした」

と言うカップルはたくさんいます。

中には、お互いのことを考えて別れたのち、3年後彼が自分の職場近くへと転勤してきたという連絡が来たという女性がいました。

ただその時彼女には付き合っている相手がいました。

やはり結婚のタイミングは大事なんですね。

夢のために諦めることもある

付き合って彼が夢を追いかけて遠くへ行ってしまう時、あなたはどうしますか?

その時に付いて行くか行かないかが、大きな決断になります。

ただ、彼に付いて行くということはとても難しいこと。

その場所が国外であった場合はさらに難しさを増します。

この場合は旅立っていく彼を見送ることしかできず、とてもつらい思いをしてしまいますね。

タイミングが合わないのは「結婚観の違い」

結婚したいのは女性だけの場合が多い

今一緒にいる彼と結婚したい…そう願うのは女性側だけだというケースはとても多いです。

その理由は「まだ恋愛を楽しみたい」と考える男性が多いからです。

それが分かった時、女性は「この人は違う」と感じるでしょう。

ここで女性としては別れを決断するべきだと考える人が多いですが、男性側としては「まさかこんなことで別れるなんて」と感じる人が多いです。

でもその男性と別れる理由はそれだけではないことが多いです。

女性には出産適齢期がある

女性にとって考えるべきことが「出産」です。

結婚をすることは正直何歳でもできますが、出産は違います。

男性と違って女性には出産適齢期、そしてリミットがあるのです。

そのことからできるだけ早く結婚をしたいと女性は思うものです。

結婚のタイミング=出産のタイミングと考えている女性は結構います。

それなのに男性側から結婚に対する意識が全く感じられない場合は、見限る必要が出て来てしまいます。

将来子供を授かりたいと思う女性にとって、結婚をするタイミングはとても大切なものとなっています。

結婚したいけどタイミングが合わない時の解決方法

お互いに譲れる点を見つける

どちらか一方は今すぐにでも結婚したいのに、もう一方はしたくない。

そんな時はつい別れを決断してしまいたくなりますが、その前にもう一度考え直すことも必要です。

お互いに譲れる点を探し、「いつまでなら結婚を待てるのか」、「いつごろなら結婚しても良いのか」と、お互いの妥協点を探します。

こうした話し合いの上で納得ができれば別れを決断せずに済みます。

そもそもの相性が合わなかったのかも

結婚のタイミングが合わない場合はキッパリ諦めて別れることもいいでしょう。

合わない相手とはそもそもの相性が合わなかったのかも知れません。

待ち続けることで女性にとって大切なタイムリミットが来てしまいます。

決断は早めの方がいいのではないでしょうか。

外堀から埋めてみる

相手が結婚を決断してくれない場合は、周りの友達や親兄弟に紹介をして、結婚を促すように協力してもらってみてはいかがでしょうか。

イチかバチかの方法ですが、これによって急展開をすることもあります。

まずは相手が信頼している人や尊敬している人を味方につけてみましょう。

よくある結婚のタイミング

付き合っているカップルが結婚するまでの期間として、よくある年数はこんな感じ。

  • 付き合って1年
  • 付き合って3年
  • 同棲して1年
  • 同棲して3年

このパターンで結婚を決断するケースが多いです。

「付き合って1年目」

1年が経過すると相手のいいところを知り、結婚を意識するようになります。

「付き合って3年」

相手の嫌な部分もほぼわかり、全てをひっくるめても結婚してもいいと思うようになります。

「同棲して1年」

一緒に暮らしてみてわかった部分も含め、そのまま結婚したいと考えます。

「同棲して3年」

すでに相手の全てを把握でき、結婚への不安はないでしょう。

付き合って5年以上経過している場合

結婚をするタイミングは人それぞれでしょうけど、付き合って5年以上が経過している場合はタイミングを逃してしまっていると思います。

そのまま変化もなく付き合いを続けても何も変わらないでしょう。

彼からの結婚へのアプローチがない場合、こちらからプロポーズをしてみてはいかがでしょうか。

結婚を意識した相手との復縁をする場合

結婚をするまでに、別れたり復縁したりを何度も繰り返ししてようやくゴールインをするカップルは少なくはありません。

結婚を考えていた相手と別れてしまったけどやっぱり未練があるのなら復縁をすべきではないか、そう自分でも思うでしょうし、周りからも言われることでしょう。

ただしその場合は「復縁=結婚」と結びつけるべきではないでしょうか。

何となく復縁してしまってはまた別れがやってきます。

結婚を意識していた相手との復縁はそう難しいことではありません。

ただし、復縁のタイミングを逃してしまうことだけは避けましょう。

 - 恋愛

ページ
上部へ