知っとく.com

アメリカの病院ボランティアの活動内容や体験談

   

アメリカの病院ボランティアの活動内容や体験談

アメリカの病院では多くのボランティアが活動をしています。

病院ボランティアが行う活動内容や応募方法や体験談をご紹介します。

さらに、アメリカが考えるボランティア精神についてもまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


アメリカで募集する病院ボランティアとは?

アメリカの病院ではボランティアを募集しており、高校生からの学生から高齢者など幅広い人が活動をしています。

その仕事内容は主に看護師さんの補助的なことが多く、思うように動けない患者さんの食事を手伝ったりします。

このようなボランティア活動に興味のある方は、実際の様子が知りたいかと思います。

アメリカにお住まいの方やこれから滞在をする予定の方へ、今後のために役立つ情報をご紹介します。

「高校の夏休みを利用して参加した人の体験談」

アメリカに住む高校生がボランティアに参加した時の活動の内容はこんな感じだったようです。

  • 売店の売り子
  • 電話番
  • 簡単な事務作業
  • 患者さんへのお届けもの
  • 入院案内
  • 食事補助

このような仕事を任されたようです。多種多様な内容ですが、どれも簡単な作業内容だったとか。

最初はプロの看護師さんについて教わったようです。

なぜ?アメリカで広がる病院ボランティアの理由

アメリカでの病院ボランティアはおもに「オグジョアリー(auxiliary)」と呼ばれる補助団体を通じて派遣をされます。

ボランティアはいつでも募集が行われ、高校生から参加できることが多いようです。

赤と白のシマのユニフォームを着ていることから「キャンディストらいぱー」と呼ばれることもあるとか。

なぜ病院ボランティアが行われるのか

アメリカの病院には、至る所にボランティアとして活動する人の姿が見られます。

日本でボランティア活動と言えば地域のため、人のためという考えで行われると思いますがアメリカは少し違います。

それは「ボランティア活動を自分の利益になるように」という精神があります。

ボランティア活動自体をひとつの経験とし、それを就職に活かしたりたりします。

弁護士が無料相談というボランティアを行い、顧客獲得につなげることもよくあります。

無給ですがこうした経験が自分の利益になると考えて行っているという訳です。

アメリカの病院ボランティアに申し込んでからの流れ

実際にアメリカの病院でボランティア活動をするまでの流れをご紹介します。

申込から面接まで

まずボランティア団体へと申込書を送ります。

ボランティア団体を検索する場合は「VolunteerMatch.org」のような検索サイトを利用することをおすすめします。

団体から連絡がきたらボランティアオフィスへ出向きます。

そしてディレクターと面接をします。

ここで希望の部署や仕事内容、一時滞在なのか永住なのか?などの質問が行われます。

さらにドラッグテスト、インフルエンザ接種(無料)を受けてオリエンテーションを受けます。

このあとボランティアとして活動を始めます。

英語ができないのは問題にならない

英会話が不得意でも最低限の日常会話が、できればさほど問題にはならないようです。

ただ、会話がわからないと困ることもあるので、ある程度の単語は覚えておいた方がよさそうです。

アメリカはボランティアをすることで評価される

病院のボランティアとして活動する人の中には、医療系の学生も多く参加しています。

アメリカの病院の人出不足が深刻している中、ボランティアの存在はとても貴重なようです。

学生ボランティアの場合、このような活動は直接評価を受けることができます。

就職活動を行う学生にとっては切り離せない活動のようです。

人の役に立ち、自分の有利になる評価が受けられるのならメリットが大きいですね。

ボランティアは無給である

ボランティアは仕事ではないのでもちろんお給料はもらえません。

なので、いくら時間があったとしてもなかなか踏み切れないのが人間というもの。

日本の中でもボランティアに携わる人は数多くいますが、アメリカのように直接評価を受けることはありません。

ここが大きく違う点ですね。

メリットがなければやりたくないと思わずに活動が行われればいいのですが、アメリカのような考え方もこれからは必要なのかも知れません。

就活のためにもボランティア活動はおすすめ!

アメリカで行われているボランティア活動は病院以外にも色々なものがあります。

  • トレイルの修復
  • ホームレスのシェルターで食事提供
  • 不法滞在者のビザ翻訳や通訳
  • イベントの手伝い
  • 動物シェルターの手伝い
  • 動物園での手伝い
  • スリフトストアでの手伝い

このように、さまざまなボランティア活動が行われています。

活動内容によってはスキルが必要ですが、多くの場合はどなたでも応募ができ、面接とトレーニングを受けて活動をするようになります。

スリフトストアというものは基地の中なるお店のことです。

ちょっと変わった経験ができるのもボランティアならでは。

人の役に立ち、自分の経験を積むボランティア。

興味のある方は応募をしてみましょう。

 - ライフハック

ページ
上部へ