知っとく.com

結婚式とお葬式が重なった場合の優先順位

      2017/09/28

結婚式とお葬式が重なった場合の優先順位

出席を予定している結婚式当日にお葬式が重なった!

こんな事態は早々ないかも知れませんが、友人や仕事関係の付き合いが多い人ならあり得ることです。

この場合は結婚式とお葬式のどちらを優先すべきでしょうか。

今回は一般的な冠婚葬祭マナーの視点から優先すべき順位についてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

【夫が出張で不在】こんな時みんなが食べているご飯を調査!


結婚している主婦にとって、夫が出張で不在の時はち...

友達関係がめんどくさい!遊ぶ約束したのに憂うつになる人の特徴


友達と遊ぶというとても単純な行動に憂うつさを感じ...

警視庁へ潜入!見学ツアーに個人で参加する方法


刑事ドラマなどでお馴染みの場所と言えばそう、警視...

【テスト前日】徹夜で一夜漬けするならこの方法で勉強する!


学生の皆さんの多くはテスト前日になると焦ってしま...

読書レポートの書き方!本読みのコツとポイント


高校や大学などで読書レポートの課題が出された時の...

【彼女と俺】真剣な話し合いをするのに適した4つの場所


彼女と険悪なムードになってしまった時は、1度真剣...

喧嘩から仲直りするコツは3つ!親子の場合教えます


親に向かってついつい反抗的な態度を取ってしまった...

【超多忙】医者の彼氏から連絡こない4つの理由


女性にとって結婚したい憧れの職業の男性TOP3に...

【バツイチ彼氏】元妻に嫉妬してしまう時の3つの心がけ


今の時代、バツイチなんて珍しくもなく身近な人でも...

顧問に「部活を辞めたい」と伝える前に考えたい5つのこと

「中学に入ったら部活を頑張りたい!」

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

スポンサーリンク


結婚式とお葬式が重なった!まさかの事態…

人生においてこんな日が来るなんて…そんな経験はあるでしょうか。

それは「お葬式と結婚式が同じ日に重なってしまった」ということ。

結婚式に呼ばれている場合なら前もって予定は分かっていると思いますが、お葬式というものは突然やって来るものです。

それが重なってしまうことは避けられない事態ではあるのですが、この場合一体どちらを優先すべきでしょうか。

たとえば、友人の結婚式の日に祖父のお葬式が重なったらどちらへ行きますか?

また、優先順位やマナーなども知っておきたいものです。

こんな日が来たときのために覚えておくべき知識をご紹介していきます。

結婚式とお葬式が重なった場合の優先順位

結婚式に出席する予定の当日にお葬式が重なった場合はどちらを優先すべきでしょうか。

冠婚葬祭マナーからすると、お葬式を優先すべきです。

その理由とは、お葬式というものは最期のお別れをする日です。

その日を逃すともう会えなくなってしまいます。

結婚式を挙げる2人には日を改めて会うことができるのです。

ビジネスマンの場合でもこのように重なってしまう事態は意外と多いようです。

その場合にはお葬式を優先し、新郎新婦にその旨を電話で伝えるべきでしょう。

日取りが重なった結婚式とお葬式をはしごする方法

先ほどは冠婚葬祭からの視点から、優先すべきはお葬式の方だとお伝えしました。

しかし、このような場合でなら結婚式とお葬式をはしごをしてもいいのでは、という意見もあります。

「身内以外のお葬式の場合」

結婚式の当日に身内の不幸があった場合なら、結婚式は欠席をするのが常識です。

仕事や友人関係のお葬式が重なった場合で披露宴との時間も都合がよい場合なら、はしごをしてどちらも出席することも大丈夫でしょう。

ただ、この場合は相手との関係の深さによって違います。

失礼のないように判断をすべきでしょう。

では、結婚式とお葬式をはしごする際の注意点をあげてみます。

・お葬式から結婚式へ行く場合

男性の場合、ブラックスーツのネクタイを黒から白へ交換します。

女性の場合は、結婚式会場へ向かう前に着替えをしましょう。

もしお葬式と同じスーツで出席せざるを得ない状況ならば、ダークスースで着回すことが可能です。

お葬式が終わったらアクセサリーをたくさん付けて結婚式にふさわしい装いにすべきです。

お葬式で受け取った荷物は結婚式場へ持ち込まないように、近くのコインロッカーを利用しましょう。

・結婚式からお葬式へ行く場合

服装は先ほどと同じように行えばいいのですが、できるだけ飲酒をしないようにしましょう。

結婚式を優先することができる場合

結婚式とお葬式の優先すべき重要ポイントは関係性です。

やはり身内の場合ならそちらを優先すべきです。

冠婚葬祭マナーではお葬式を優先すべきですが、この場合なら結婚式を優先することもあるでしょう。

「身内が結婚式を挙げるなら」

この場合、その当日にお葬式があっても場合によっては結婚式の出席を優先することができます。

このとき、弔事を行う相手とさほど親しくはなかった場合のみ有効です。

これから長い付き合いがある方を優先することも、時にはあると思います。

あくまでも重要なのは相手との関係の深さです。

お葬式を欠席する場合には弔電でお悔みを伝え、お香典は郵便書留で送ったり後日ご家族へお渡ししましょう。

失礼のないように十分な配慮をすることが大切です。

喪中の結婚式は避けましょう

出席を予定していた結婚式に行けなくなってしまった場合は、その旨を本人に直接伝えましょう。

場合によっては代理人に出席をお願いするということも可能です。

この場合でも本人への確認を行ってからにしましょう。

もしやむを得ず欠席をする場合はお祝い金をこのような方法で渡しましょう。

現金書留で郵送をするか。後日本人に直接渡すのがマナーです。

親しい相手なら直接会って渡した方がいいですね。

結婚式とお葬式が重なってしまった場合のマナーについてご紹介してきました。

もし自分が喪中の場合についてもお祝いごとのイベントは避けましょう。

喪中の期間とは一般的には1年とされていますが、その地域や身内との関係性によって違います。

あくまでも喪中の間には結婚式や結婚の報告は避けるべきです。

結婚報告のはがきを郵送したい場合でも、喪中はがきをまずは優先をしましょう。

喪中期間中の入籍については手続き上の問題として、行っても問題はないとされています。

親族の人と相談をしてマナー違反にならないよう進めていくべきでしょう。

 - ライフハック

ページ
上部へ