知っとく.com

親を扶養にする手続きをする方法と節税効果

      2017/09/28

親を扶養にする手続きをする方法と節税効果

単身で働いている場合、多くの所得税や住民税を支払っているかと思います。

この場合、親を扶養にするととても大きな節税対策を行うことが可能ってご存知でしょうか。

親を扶養にする手続き方法や扶養にできる家族の条件などをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


親を扶養にする手続きとそれに関する不安

子供は社会に出て「社会保険」に入るまでは親の扶養になっていると思います。

ここでは逆に、親が子供の扶養に入るということについてお話したいと思います。

最近では晩婚化により、出産年齢が上がっています。

つまり、子供が独り立ちをする頃には親も高齢となる場合が増えており、子供が親を扶養に入れるケースが増えて来ています。

子供が親を扶養にするにはどのような手続きを行い、税金などもどのように変わるのかはよくわからないかと思います。

そもそも親を扶養にすることは可能なのでしょうか。

会社で手続きを申し入れて嫌な顔をされる、なんてことはないのでしょうか。

また、親を扶養にすることで給料が減ったりするのでしょうか。

色々と不安があるかと思いますが、少しでも参考になるようにまとめてみます。

親を扶養にする手続きをするとお得になる!

親を扶養にするには、会社の担当者にお願いをするだけで簡単に行うことができます。

一般的な事務手続きと同じように行うことができるので、嫌な顔をされるような面倒な手続きではありません。

先ほど挙げた不安要素についてお答えします。

・給料が下がることはない

・会社が負担をすることもない

・税金の支払いは通常通り天引きで行われる

このような感じで扶養にしても負担になることはありません。

「親を扶養にするとお得」

実は親を扶養にすることで、年末調整での還付金が増えます。

とくに独身の人は収入に対して多く税金が加算されてしまいますが、扶養者がいることで減税をすることができます。

さらに70歳を超えた親を扶養にすると「特別老人扶養家族控除」を受けることができます。

そうすることでさらに還付金は増えます。

会社で「扶養手当」を受けられる場合は月々の給料も増えるかと思います。

よって、親を扶養にすることで負担になるどころかちょっとお得になるということがわかります。

親を扶養にする手続きをすると減税額がすごい!

親を扶養にする手続きを行うことで、どのようにお得なのかを具体的にご紹介します。

ここでは「年収300万円」の場合についてでお話していきます。

・69歳までの両親を扶養にした場合

給与所得控除:120万円

基礎控除:38万円

※一般扶養控除:38万円x2人=76万円

所得税:7万1,000円→3万3,000円

住民税:12万5,000円→5万9,000円

となります。

基礎控除のほかに、一般扶養控除の76万円付き、所得税・住民税それぞれ3万8,000円、6万6,000と半額以下となります。

先ほどお伝えした70歳以上の場合は「特別老人扶養控除」を受けることができます。

両親が70歳を超えた場合は次のようになります。

給与所得控除:120万円

基礎控除:38万円

老人扶養控除:58万円x2人=116万円

所得税:7万1,000円→1万3,000円

住民税:12万5,000円→3万5,000円

老人扶養控除だけで116万円の控除を受けられるようになり、所得税・住民税それぞれ5万8,000円、9万円とかなりの減額が望めます。

家族を扶養にする条件

「扶養にできる家族の条件」

・収入について

扶養にできる家族の条件は、年間合計所得が38万円以下であれば扶養にすることができます。

これは収入が103万円以下という計算になります。

年齢については、23歳未満までは特定扶養親族となりますが23歳以上でも所得条件を満たせば加入することができます。

・同居について

収入面での条件を満たしている場合、同居をしていなくても扶養にすることは可能です。

離れて暮らす両親を扶養にすることで、両親は負担料がなく健康保険への加入をすることができます。

・証明書について

家族を扶養にする場合、所得証明書が必要です。

扶養にしたい人の市役所で所得証明書を発行してもらいましょう。

それでも資料が足りない場合は、養っているという具体的な証拠を提出しましょう。

例えば、被扶養者の家賃や光熱費などの引き落とし履歴などが有効かと思います。

年金をもらっている親も扶養にできる!

親を扶養にすると扶養控除を受けることができるので、実はメリット面が大きいということが分かりました。

親が高齢の場合は検討してみる価値があると思います。

親が高齢の場合の多くは年金をもらっているのではないかと思います。

年金をもらっている場合、扶養控除にできないのでは?と疑問に思われるかと思います。

公的年金は非課税枠があり、65歳以下は70万円まで、65歳以上は120万円まで税金がかかりません。

よって、ほとんどのケースの場合でも扶養に入れることが可能かと思います。

離れた親でも扶養にすることもできるので、単身で多くの税金を支払う人は節税対策効果があるでしょう。

ぜひ親を扶養にするという手段を考えてみてはいかがでしょうか。

 - ライフハック, 経済

ページ
上部へ