知っとく.com

なぜ?突然メールが途絶える理由を考えてみる

      2017/02/27

なぜ?突然メールが途絶える理由を考えてみる

気になる異性とのメールのやりとりは、楽しいものです。

なのに、昨日まで普通にやりとりしていたのに、突然途絶えてしまった!なんて事ありませんか?

自分で考えてみても、なぜなのか分からない・・・

しかし、メールが途絶えるにはきっと理由があるはずです。

ここでは男性・女性それぞれの視点から理由を考えていきます。

また、連絡を途絶えたあとにどうすべきかなども合わせてご紹介します。

何より途絶えることなくやりとりできるのが、一番なんですけどね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


女性とデートの約束をしたのに突然メールが途絶える理由とは

メールのやりとりをしていたのに突然途絶えてしまった。
ショックですよね。

しかし、デートの約束までしていたのに、その後返信がなくなってしまったらどうですか?

これ、かなりキツイです。

女性は、頼りなさそうに見えていた男性の男らしい姿をみるとキュンとしてしまったり、ギャップに弱いところがあります。

でも、逆にギャップがありすぎて引いてしまうという事もあるので要注意です。

少し前に、男性からこんな相談をされました。

仕事や私生活にも真面目な40代の男性が、数回しか会ったことのない20代の女性とメールをしていたそうで、勇気を出しダメもとで彼女をデートに誘ったところなんとOKをもらえました。

ここでテンションの上がってしまった男性は、普段なら送らない顔文字やハートなどの絵文字を入れて喜びの返信をしたところ、彼女からのメールが途絶えてしまったというのです。

なぜだか分かりますか?
女性なら分かりますよね?

彼女はこの男性のギャップに完全に引いてしまったんです。

何度か会って親しい関係だったならば、真面目だった男性のカワイイ一面が見れてキュンとしてしまうこともあるかもしれませんが、数回しか会ったことのない男性で、しかも20歳近く年上だったなら、彼女は真面目で大人な男性に惹かれていたんでしょう。

その男性から急にテンション高くハートやら顔文字やらのメールには、引いてしまってもおかしくはありません。

ギャップは大切ですが、見せるタイミングはもっと大切ですね。

女性からのメールが突然途絶えるがもう一度メールを送りたい

メールが途絶えてしまったけれど、やっぱりあの人の事が気になる。

もう一度メールを送りたいけれど、何と送っていいのか分からない時ってありますよね。

久しぶりにメールを送る時には、相手の近況を聞くのが必要となってきますが、文章の順番も大切なんです。

A「お久しぶりです。私は仕事で忙しくしています。仕事ばかりの人生は楽しくないですね。最近どうですか?」

B「お久しぶりです。最近どうですか?私は仕事で忙しくしています。仕事ばかりの人生は楽しくないですね。」

AとBは内容は同じですが“最近どうですか?”の順番が違いますよね。
これだけでかなり印象が変わってくると思いませんか?

女性からの返信がくる可能性は、Aの方が高いと思います。
しかし、Bを送って相手から近況などの返信があればAよりも脈アリの可能性があります。

どちらを送っても返信がない場合は、残念ですが脈ナシの可能性が高いですね。

男性からのメールが突然途絶える理由と対処法

次は、男性からのメールが突然途絶えてしまった場合の理由や、対処法を考えていきましょう。

いい感じでメールのやりとりをしていたのに・・・どうして・・・

まず考えられる事は

他に気になる人ができた

という事です。

彼女ができたという可能性もありますが、あなたといい感じでやりとりをしていたのなら彼女ではなく気になる人ができたという程度かもしれません。

この場合は男性に「相談したい事がある」などと言って会う約束をしましょう。

そして会った時に素直に自分の気持ちを伝えるのです。
伝えた後は少し距離をおいてみましょう。

気になった男性から連絡がくるかもしれません。

次に考えられるのは

友達と思われている

男性といい感じかも~と思っていても、男性からは友達だと思われていたという場合があります。

仲のいい友達なら、メールのやりとりも気兼ねなく、自由にできますよね。

男性もあなたの事を、気を使わない仲のいい友達だと思っているのかもしれません。

メールが途絶えたのではなく、「用事がないだけ」ではないでしょうか。

こんな時は時間がかかるかもしれませんが、自分自身の魅力を高めましょう。

男性は意外と単純なので、彼好みの服装やメイクにしたら友達から彼女候補になる可能性もありますよ。

もう一つ考えられることは

かけひきをしている

女性でも気になる男性に一度はした事があるのではないでしょうか。
押して押して引いてみる。

その男性もあなたに気があってあなたの気持ちが知りたいから、恋のかけひきをしているという可能性があります。

そうであれば、男性への好意をそれとなく伝えてみましょう。
あなたの気持ちが伝われば告白してくるかもしれません。

男性は突然連絡を途絶えるクセがある

女性からすると理解できないことかもしれませんが、男性には悪気やたいした理由もなく連絡を途絶えるクセがあるようです。

ちょっとめんどくさいな~程度で全く連絡を取らなくなったりすることもあるんだとか。

彼から連絡が途絶えたら、数日後、あなたからメールを送ってみて下さい。

ここで注意する事は「どうして連絡をくれなかったの?」などと怒らずに「最近どう?元気?」という風に何もなかったようにメールを送るんです。

そうすれば悪びれる様子もなく返信がくるでしょう。

もちろん、女性としては色々心配したり不安になったりで腹立たしいですよね。
しかし、男性とはそんなもんなんだと大きな心で受け止めてあげましょう。

連絡が途絶える➔放置➔何もなかったように連絡をする

こうして上手く男性をコントロールしていきましょう。

メールを途絶えさせるのは効果的?

恋のかけひきについてお話ししましたが、メールの返信がなかなかこないと相手の事が気になってしまったり、その人の事を考える時間も増えてしまいます。

ようやくきた返信に、いつも以上に喜んでしまったりしますよね。

好きな人の気を惹くには、この方法もアリだと思います。

しかし、メールは文字だけで表情が見えないので、思っているように伝わらず相手に誤解されてしまう事もあります。

付き合い始めたカップルなどは、ケンカの原因になる可能性もあるのであまりおすすめできません。

 - 恋愛

ページ
上部へ