知っとく.com

二重手術の「切開法」をやったら痒い!この原因について迫ります

      2017/09/28

パッチリ二重にするためには「埋没法」と「切開法」などという美容整形手術の方法があります。

今回は「切開法」に着目をしてその実態を検証してみます。

切開法で二重まぶたの手術を行うと「痒い」「腫れた」という口コミが多いです。

これについての原因や自分で行えるセルフケアをご紹介します。

また、信頼のできる病院選びについても考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
友達に誘われた映画を見たくないと思ったときの対処法

友達からあまり見たくない映画に誘われたらどうしますか? <...

no image
これでスッキリ!メールを無視する友人の気持ちや対処法

友人にメールを送っても全く返信がなくて心配になったことってあ...

no image
大学院生なら結婚時期が遅れる?メリット・デメリットを考える!

大学だけでなく、大学院に進んで勉強をしたい!
...

no image
夫はスマホばかり・・ストレスが溜まる前の対処法はこれ!

夫にストレスを感じている妻は決して少なくありません。

no image
【抱負の例文】作文の課題のポイントを抑えて大学に合格する!


大学入試の際に「抱負を作文に書け」という課題が出...

no image
喧嘩したら無視されてしまった!友達と仲直りする方法

友達と喧嘩してしまうことってありますよね。
...

no image
【ママ必見!】魚が好きじゃない子どもに食べさせるコツ教えます!

魚を食べることが体に良いということは分かっているけれど、子ど...

no image
【学校の友達が合わない】と悩んでいるあなたに伝えたいポイントと対策

学校を楽しいと感じることもあれば、楽しくないと感じることだっ...

no image
【不安解消!】教授からメールの返信こない時の対処法

大学生になれば教授とメールのやりとりをすることが出てきます。...

no image
【働くママ必見!】仕事と家庭のストレスを解消しよう!

働くママが増えましたよね。

仕...

no image
夏休みの終わりになると子供は憂鬱に・・親としてできること

夏休みが始まると子供は喜び、親は落ち込みますよね。

no image
たくさんはいらない!ご飯と味噌汁に漬け物さえあれば良し!

毎日しなければならないこと、それは「食事」です。

no image
長電話なんてしたくない!迷惑な女友達への対処法教えます!

電話で話すのは好きですか?

電...

犬が怖い・・・だけど克服したい!おすすめの方法教えます!

ここ数年で犬を飼う人が本当に増えたと思います。

no image
子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

no image
【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

no image
家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

no image
空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

no image
【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

no image
【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

スポンサーリンク


二重切開手術後にまぶたが痒い!その原因は?

目を二重にする手術を行うと目元がパッチリ可愛くなれることもあり、美容整形の中でもとくに関心が集まるものとなっています。。

二重にする方法はとても簡単だと言われることからプチ整形とも呼ばれるように、費用や時間の面からもお手軽に行うことができます。

ただ、その人の目の形やまぶたによってはメスを入れて行う「切開法」を行うことがあります。

この方法で二重手術をした場合、手術後の目が痒くなるという症状がたびたび見られるようです。

とくに抜糸をしたあとに腫れや痒みが出やすいとのことですが、この理由は何でしょうか?

美しい顔にしたいという願いを叶える方法として美容整形を利用する人は増えていますが、このような実態があるという内容をお伝えしていきます。

ただ、それには理由があったりその人やその時の状況によって違うということをご留意ください。

切開法の二重手術をしたらまぶたが痒い原因と治るまでの期間

切開法で二重手術を行うと必ず抗生剤が処方されます。

これは感染予防を防ぐためのものなので必ず服用をしましょう。

万が一飲み忘れてしまった場合にまぶたの腫れが目立つようになることがあります。

また、授乳中の方であればそれに対応をした処方がされるはずです。

患部が痒くなる症状はよくあることで、治る過程の通過点として考えてみてください。

あまり心配をすることはありません。

そして抜糸をすることで少し腫れてしまうことがあります。

しかし徐々に落ち着いていくと思うので様子を見ましょう。

ただ、痛みが増してしまったり痒みや腫れがひどい場合にはすぐに手術を受けた病院へ相談してください。

通常ならば、3カ月程度で症状が落ち着きます。

一般的な病院では手術後も1ヶ月後・3カ月後・半年後と経過診察を行っています。

手術後もしっかりと受診をして相談ができる美容整形外科を選ぶということも病院選びの基準となります。

痒い…二重まぶたを切開法で行ったあとのトラブルに注意

美しくなりたいと思い美容整形で手術を行ったことで予想外のトラブルが起きることがあります。

皮膚が腫れてしまったり傷痕が残ってしまったり…症状によっては「手術をしないほうがよかった」ということも起きています。

このような被害に遭わないためには病院選びには慎重になるべきです。

切開法にチャレンジしたいと考える人は、自分の目について深刻に悩み、その上で決断をされたと思います。

糸で縫い合わせるだけの埋没法もありますが、切開をしてしっかりとラインを作った方がベストな場合もあります。

ただ、手術後にトラブルにならないためには信頼のできる医師を探しましょう。

切開法を行った女性の中で抜糸後にとても痒みがあり、さらに膿が出てしまった人がいます。

これについて手術を行った医師に相談をしたところ「リンパ液だと思う」「血流が良すぎるから」という返答をもらったとか。

この内容が間違いではないにしても、納得のできる説明をしてくれる医師の方が不安も軽減されます。

二重まぶた手術後のセルフケア

二重まぶたの手術を行ったあとは次の点に気を付けて生活をしましょう。

これは埋没法と切開法のどちらの場合でも当てはまります。

プチ整形とは言え皮膚を傷つけてしまっているのでしっかりとケアを行う必要があります。

早期回復を目指すためにぜひ行ってください。

・腫れたら冷やす

手術後はまぶたが腫れてしまいます。

このときにアイスノンなどを使って冷やすとよいのですが、冷やし過ぎてしまっても血流が悪くなります。

血流が悪くなると傷の回復が遅れてしまうので、腫れが気になったら冷やすということを繰り返してみましょう。

・運動や長風呂は避ける

手術を行いまぶたが腫れているうちはもちろん、しばらくの間は血流が促進されることは避けましょう。

運動や長風呂をしてしまうと炎症がひどくなる場合があります。

お風呂はぬるめのシャワーで済ませるようにしましょう。

・発汗作用のある食べ物などは避ける

辛い物や熱い食べ物はしばらく避けましょう。

発汗を促すようなものを食べてしまうと回復が遅れます。

また、塩分の高いものも控えるべきです。

むくみの原因ともなるのでこちらも注意をしましょう。

・枕は高い方がいい

まぶたが炎症をしているうちは水分が溜まりやすくなっています。

腫れやむくみを軽減させるためには枕を高めにして寝た方がいいでしょう。

二重手術に失敗をしたらすぐに修正手術を行う

もし手術をした後の様子が説明されたものや自分の思い描いていたものと異なっている場合には「再手術」を行うことができます。

明らかに失敗だと判断された場合や、保証がついている病院なら無料で修正手術を行ってもらえます。

しかし、医師の技術レベルに不安がある場合なら別の病院を探したほうがいいでしょう。

同じ医師に再手術を行ってもらい、同じ結果に終わるということも考えられます。

できるだけ修正手術経験が豊富な医師のいる病院を選ぶべきです。

・再手術はできるだけ早く行う

埋没法と切開法の再手術を行いたいと思ったらできるだけ早い段階で行うことが大切です。

手術を行い、さらに再手術をするということは回復までの期間がさらに伸びてしまうことになります。

そのためにも修正手術をする決断は早く行い、心の傷も長引かせないことも重要です。

美容整形手術の失敗は患者にとっては人生を左右するできごとです。

このような失敗は許されるものではありませんが、このようなトラブルに巻き込まれないためにも病院や医師をしっかりと選ぶべきです。

きれいになるために行うわけですが、切開を行って回復するまでには腫れや痒みが伴うということを忘れてはいけません。

プチ整形とお手軽に考えるばかりに実態に目をそらすことは大変危険です。

これから手術を考えている人はこのようなことも含めて決断を行いましょう。

 - 健康, 美容・エステ

ページ
上部へ