知っとく.com

アメリカで入国拒否されないための準備

   

アメリカで入国拒否されないための準備

アメリカへ家族や友人、恋人に会いに行くだけなのに入国拒否をされてしまうことがあるようです。

また、今まで何も問題なく渡米していてもある日突然入国審査に引っかかるというケースが増えているってご存知でしょうか。

入国審査をスムーズに通過させるにはある条件や証明を準備する必要があります。

不安な要素がある方はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

耳に違和感・・・音が響く原因が知りたい!

耳に違和感があると気になって気になってしょうがないですよね。...

大学に入って勉強を楽しいと思えるか

受験勉強を頑張って希望の大学に入った!
<...

ツライ・・・夫に子供は欲しくないと言われてしまった

女性ならば結婚してすぐに子供が欲しいと思う事もあれば、数年し...

車のエンジンから変な音がする原因


車のエンジンを起動させたらいつもと違う音がする…...

高校生になってから勉強ができないその理由


「家で勉強をしようとしてもなぜか集中できない!」...

効率よく筋肉を付けるトレーニング方法


バッキバキに割れた腹筋になるぞ!と気合を入れて筋...

「緊急地震速報」は携帯の電源がオフだと受信できない!


大きな地震をお知らせする「緊急地震速報」はいくつ...

筋トレで肉体改造!体重と身長に合う理想的な筋肉量


自分の理想的な体型というのは人それぞれ違います。...

ロングヘアーとショートヘアーそれぞれの人気のひみつ


男性が好きな女性のヘアスタイルと言えば「ロングヘ...

パキラの育て方のコツ!種から育てる方法


南国の木のようなかわいいパキラを種から育てる方法...

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

大学に進学!進路の決め方はどうするべきか

高校から大学に進学しようと決めたけれど、どの大学へ行きどの学...

洗濯機への洗剤の入れ方をもう一度見直そう

主婦であれば洗濯は毎日の事でしょう。
日に二度...

小学5年生が社会のテストで成績アップする勉強法


小学5年生にもなると社会の内容が難しくなってきま...

鼻が低いか確かめる基準とチェック方法


メガネをかけてもすぐに落ちてしまうのは鼻が低いの...

スポンサーリンク


アメリカに入国拒否される理由とは?

これからアメリカへ渡米したいと考える人にとっての不安要素が「入国審査」だと言います。

数日間程度の短期間の旅行であればさほど心配はないようですが、ある要素を含んでいる場合で「入国拒否」となるケースがあるとか。

悪いことをした経験がなくてもなぜ入国拒否されるのか?という背景には、記憶に新しいテロ事件なども大きく関わっているようです。

そして近年にも起きる事件からより審査が厳しくなっているため、入国審査を通過させるための準備を行う必要があります。

たとえば、アメリカ人と交際をしている人がその人の家に1ヶ月程度滞在をしたいと考えます。

この場合の渡米は何も問題はなさそうですが、これについても入国審査に引っかかる要素があるんです。

女性1人で1ヶ月も滞在をするということはすんなり審査に通過しないらしいのです。

今回は、アメリカに入国拒否されてしまう要素や通過するための証明や準備についてご紹介をしていきます。

アメリカで入国拒否にされてしまうケース

アメリカが入国拒否をする理由としては「アメリカで仕事をする人」を排除したいという理由があります。

しかしビジネスで渡米する人は多数います。

この場合には「ESTA(エスタ)」というプログラムを申請をして渡米を計る人が多いです。

これは90日間以下の観光や商用目的などに利用ができるものです。

ただ、ESTAを持っていても入国審査に引っかかる例がこちらです。

・日本での仕事を持っていない

・ホテルを利用せず友人や知人の家に泊まる場合

・観光目的にしては滞在日数が長い

・帰りの帰路航空券を持っていない

この場合には入国拒否の理由に当てはまってしまいます。

たとえ事実とは違うとしても証明を見せて疑いを晴らすことができない限り入国をすることが難しくなってしまいます。

ある日突然アメリカに入国拒否をされることがある

アメリカに入国をすることは容易なことではない、と予め考えておくべきです。

入国審査に引っかかる要素があればそれを証明するものを用意しておく必要があります。

犯罪を犯していなくても審査官が「怪しい」と判断をするだけで入国できません。

・家族に会いに行く目的でも拒否されたケース

アメリカ人と国際結婚をした娘に会いに行くため母親が頻繁にアメリカへと渡っていました。

このとき「なぜこんなに頻繫に渡米をするのか?」と疑われました。

また「仕事をしているのか?」とも聞かれたそうです。

この母親は高齢者であり、外見だけでも仕事をしていないことはわかります。

それでも審査官は「仕事をするのに年齢は関係ない」と言ったそうです。

また「恋人がいるのではないか?」とも疑われたそうで、疑われた母親と審査官で揉めてしまったとか。

この時アメリカに住む娘から事情を話し、なんとか入国審査を通過したようです。

このようにある日突然入国拒否をされるケースは珍しくはなく今までは普通に行けたのになぜ?と疑問の声も多く上がっています。

アメリカに渡米をする前にはESTAを申請しておく

先ほど軽く触れた「ESTA(エスタ)」ですが、平成21年1月12日より申請の義務化がされました。

理由はテロや事件の防止という観点です。

日本をはじめ短期滞在のビザを免除している国々を対象にしています。

ESTAを申請しておくことで90日間以内の観光やビジネス目的で渡米をすることが可能となります。

これから渡米をする人は事前に申請をして認証されていることが義務づけられていますのでお忘れなく。

ESTAを持っていないと入国だけではなく飛行機に搭乗することもできません。

アメリカで飛行機を乗り継ぐだけでも必要なので要注意です。

すでに留学ビザや就労ビザを持っている人はESTAを申請する必要はありません。

入国拒否をされないためにははっきりとした目的と事前の準備が必要だということです。

入国審査で怪しまれる人の特徴

・声が小さい

英語に自信がないとついつい声が小さくなってしまうもの。

しかしその行動は怪しまれる原因となってしまいます。

事前に答える練習をしてハッキリと答えましょう。

できる限り要点を抑えて答えることも重要です。

・適当に返事をする人

英語が聞き取れないからと適当に返事をしてしまうのは危険です。

質問と答えがかみ合わない場合は入国拒否をされてしまうので、聞き取れるまで何度も質問をして正しい返事をしましょう。

・フレンドリー過ぎる人

アメリカだからと言ってフレンドリーな振る舞いを行うことはしてはいけません。

余計なことまで喋ってしまう人も要注意。

・無職の人

仕事をしていなくても渡米はできますが、不法就労を疑われます。

この場合は「必ず帰国する意思」を見せましょう。

 - ライフハック, 国際, 観光 デート

ページ
上部へ