知っとく.com

アメリカで入国拒否されないための準備

      2017/09/28

アメリカで入国拒否されないための準備

アメリカへ家族や友人、恋人に会いに行くだけなのに入国拒否をされてしまうことがあるようです。

また、今まで何も問題なく渡米していてもある日突然入国審査に引っかかるというケースが増えているってご存知でしょうか。

入国審査をスムーズに通過させるにはある条件や証明を準備する必要があります。

不安な要素がある方はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


アメリカに入国拒否される理由とは?

これからアメリカへ渡米したいと考える人にとっての不安要素が「入国審査」だと言います。

数日間程度の短期間の旅行であればさほど心配はないようですが、ある要素を含んでいる場合で「入国拒否」となるケースがあるとか。

悪いことをした経験がなくてもなぜ入国拒否されるのか?という背景には、記憶に新しいテロ事件なども大きく関わっているようです。

そして近年にも起きる事件からより審査が厳しくなっているため、入国審査を通過させるための準備を行う必要があります。

たとえば、アメリカ人と交際をしている人がその人の家に1ヶ月程度滞在をしたいと考えます。

この場合の渡米は何も問題はなさそうですが、これについても入国審査に引っかかる要素があるんです。

女性1人で1ヶ月も滞在をするということはすんなり審査に通過しないらしいのです。

今回は、アメリカに入国拒否されてしまう要素や通過するための証明や準備についてご紹介をしていきます。

アメリカで入国拒否にされてしまうケース

アメリカが入国拒否をする理由としては「アメリカで仕事をする人」を排除したいという理由があります。

しかしビジネスで渡米する人は多数います。

この場合には「ESTA(エスタ)」というプログラムを申請をして渡米を計る人が多いです。

これは90日間以下の観光や商用目的などに利用ができるものです。

ただ、ESTAを持っていても入国審査に引っかかる例がこちらです。

・日本での仕事を持っていない

・ホテルを利用せず友人や知人の家に泊まる場合

・観光目的にしては滞在日数が長い

・帰りの帰路航空券を持っていない

この場合には入国拒否の理由に当てはまってしまいます。

たとえ事実とは違うとしても証明を見せて疑いを晴らすことができない限り入国をすることが難しくなってしまいます。

ある日突然アメリカに入国拒否をされることがある

アメリカに入国をすることは容易なことではない、と予め考えておくべきです。

入国審査に引っかかる要素があればそれを証明するものを用意しておく必要があります。

犯罪を犯していなくても審査官が「怪しい」と判断をするだけで入国できません。

・家族に会いに行く目的でも拒否されたケース

アメリカ人と国際結婚をした娘に会いに行くため母親が頻繁にアメリカへと渡っていました。

このとき「なぜこんなに頻繫に渡米をするのか?」と疑われました。

また「仕事をしているのか?」とも聞かれたそうです。

この母親は高齢者であり、外見だけでも仕事をしていないことはわかります。

それでも審査官は「仕事をするのに年齢は関係ない」と言ったそうです。

また「恋人がいるのではないか?」とも疑われたそうで、疑われた母親と審査官で揉めてしまったとか。

この時アメリカに住む娘から事情を話し、なんとか入国審査を通過したようです。

このようにある日突然入国拒否をされるケースは珍しくはなく今までは普通に行けたのになぜ?と疑問の声も多く上がっています。

アメリカに渡米をする前にはESTAを申請しておく

先ほど軽く触れた「ESTA(エスタ)」ですが、平成21年1月12日より申請の義務化がされました。

理由はテロや事件の防止という観点です。

日本をはじめ短期滞在のビザを免除している国々を対象にしています。

ESTAを申請しておくことで90日間以内の観光やビジネス目的で渡米をすることが可能となります。

これから渡米をする人は事前に申請をして認証されていることが義務づけられていますのでお忘れなく。

ESTAを持っていないと入国だけではなく飛行機に搭乗することもできません。

アメリカで飛行機を乗り継ぐだけでも必要なので要注意です。

すでに留学ビザや就労ビザを持っている人はESTAを申請する必要はありません。

入国拒否をされないためにははっきりとした目的と事前の準備が必要だということです。

入国審査で怪しまれる人の特徴

・声が小さい

英語に自信がないとついつい声が小さくなってしまうもの。

しかしその行動は怪しまれる原因となってしまいます。

事前に答える練習をしてハッキリと答えましょう。

できる限り要点を抑えて答えることも重要です。

・適当に返事をする人

英語が聞き取れないからと適当に返事をしてしまうのは危険です。

質問と答えがかみ合わない場合は入国拒否をされてしまうので、聞き取れるまで何度も質問をして正しい返事をしましょう。

・フレンドリー過ぎる人

アメリカだからと言ってフレンドリーな振る舞いを行うことはしてはいけません。

余計なことまで喋ってしまう人も要注意。

・無職の人

仕事をしていなくても渡米はできますが、不法就労を疑われます。

この場合は「必ず帰国する意思」を見せましょう。

 - ライフハック, 国際, 観光 デート

ページ
上部へ