知っとく.com

シュリンプの水槽をリセットする方法や手順

      2017/09/28

シュリンプの水槽をリセットする方法や手順

最近では水槽で飼える「シュリンプ」がちょっとしたブームになっています。

これはその名の通りエビのことですが、小さくて可愛い姿にハマる人が続出中。

水槽の掃除をすることをリセットと呼びますが、これにはいくつか注意をしなくてはなりません。

シュリンプの水槽をリセットするポイントや手順をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

no image
怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!


結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと思って...

【隣の大学生】アパートでの騒音トラブルの対策と注意点


アパートの住人にとって最もイライラするのが「隣人...

高校の入学願書は誰が書く?注意すべき5つのポイントと正しい手続き


これから高校受験を控えている人は、受験勉強はもち...

私って間違ってる?正しい洋服の洗濯頻度 教えます!

自分のやり方が周りの人と違っているのか、気になることってあり...

スポンサーリンク


シュリンプの水槽をリセットする目的とは?

シュリンプを飼い始めた人で気になるのがリセット方法について。

水槽を綺麗に掃除することがリセットという意味ではありません。

リセットを行うタイミングはいつがいいのでしょうか。

そもそもリセットは何のために行うものなのか、この目的がはっきりわからないままやってしまうとシュリンプの健康に響いてしまう恐れがあります。

シュリンプを元気に育てるにはいかに水槽をいい状態で保つかが問題です。

もしリセットをしたい時はどうすべきなのか。

気を付けるべき点や覚えておきたいことをご紹介します。

シュリンプの水槽をリセットする手順

シュリンプの調子が悪いときに行うのが水槽のリセットです。

とくに問題がない時は何も行わない方がいいでしょう。

リセット方法の手順とポイントをご紹介します。

1.できるだけ大きなバケツを用意してシュリンプをエアレーションと一緒に避難させる。

2.水槽内の器具を全て取り外す。

3.残った水を捨ててとソイル(土壌)を取り出す。

4.水槽を洗う。

5.新しいソイルを入れる。

6.優しく水道水を水槽の半分程度まで注水をする。できればカルキを抜いておく。

7.ソイルに溜まった空気をピンセットや竹串などでつついて抜く。

8.ここで一旦水を排出する。

9.飼育水を注水する。水が足りない場合はカルキ抜きをした水道水を足す。

10.フィルターを稼働させて1時間程度置く。

11.シュリンプを水槽へ戻す。

この方法で行ってみてください。

この時のポイントとしては、フィルターは洗わないというところ。

フィルターについたバクテリアが健康を保つポイントとなります。

また、飼育水はたくさん用意しておきましょう。

シュリンプの水槽は調子がいいならリセットすべきではない

シュリンプだけではなく水槽というものは調子が良ければリセットはしない方がいいです。

それが1年や2年、3年使い続けた場合でもそうなんです。

水槽の中で抱卵→孵化→成長がちゃんと行われている場合はリセットはする必要がありません。

なんだか元気がないな…と感じた場合はリセットを行いますが、基本的にはソイル(土壌)を交換するだけで大丈夫です。

調子が悪い時の理由のほとんどがソイルなんです。

リセットをする前にはできるだけバケツに水を汲んでおいてカルキ抜きをしておきましょう。

ソイル以外の原因でリセットを行うタイミングは次の場合です。

・濾過が詰まった

この場合はスポンジだけを飼育水で汚れを落とす程度洗いましょう。

もみ洗うだけでいいのです。

水槽の汚れが気になるのなら洗えばいいですが、フィルターまで全て洗い切ってしまうと水槽の立ち上げに失敗することがあります。

できるだけ環境をガラっと変えないことが継続して育てるコツです。

稚魚がいる場合の水槽リセット

稚魚や稚エビがいる水槽をリセットをするなら次のポイントに注意して行いましょう。

別のバケツに稚魚や稚エビを一緒に移すのではなく、小さな魚はヨーグルトやプリンなどのカップを使うと便利です。

大きな魚と小さな魚は分けておきましょう。

ちなみに大きな魚はタライを用意してその中に入れておくと扱いやすいです。

ただ、元気のいいシュリンプはうっかり飛び出してしまいます。

その恐れがある場合はふたをしておきましょう。

底の深いバケツだと捕まえにくいという場合にもやはりタライが便利です。

水槽の中の魚を全て移したら水草などを取り出してヒーターとフィルターの電源を切ります。

そして飼育水を排出してソイルを取り出して行きます。

室温が低い場合はヒーターを付けて温度が下がらないようにしておきましょう。

シュリンプの飼育数に合う水槽の大きさ

シュリンプを飼う場合、飼育する数によって水槽の大きさを決めます。

大きな水槽の方が見栄えが良さそうですがこの場合はたくさんのシュリンプを入れないと全て隠れてしまい鑑賞ができない状態になります。

飼育する数と水槽の目安を参考にしてみてください。

・30㎝水槽なら10匹

・60㎝水槽なら20匹

これは目安に過ぎませんが、シュリンプを楽しく観察するには水槽の大きさも関係してきます。

シュリンプというものは隠れて暮らす生き物です。

大き過ぎる水槽ではなく適した広さのものを選びましょう。

また、水槽は2つ以上あると便利です。

非常時に避難させることができます。

水槽ではなく大きなバケツやタライでも対応ができます。

 - ペット, ライフハック

ページ
上部へ