知っとく.com

大学のレポートの書き方!テーマに沿って書くための構成作り

      2017/09/28

大学のレポートの書き方!テーマに沿って書くための構成作り

大学生が頭を悩ますのはレポートの課題ではないでしょうか。

テーマに沿って書く場合はあらかじめ構成を考えて書くことが重要です。

下準備の流れや文章の構成作りについてご紹介します。

ぜひ高評価のレポートを仕上げてくださいね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お寺の住職の仕事とは?神社との違いを解説します


お寺にいるお坊さんのことを「住職」と呼びますが、...

給食の牛乳を飲ませたくない理由と手続き方法


給食には牛乳が出るのが当たり前のようになっていま...

PTA役員の選出でトラブル続出!とその対策


子供が小学校へ進学するとともに保護者として参加す...

【働くママ必見!】遅刻の言い訳が子供の時には注意して!

ヤバい!会社に遅刻しそう!何かいい言い訳はないかな?

モラハラ行為をする人の特徴と母親への対策


近年「モラハラ」という言葉が使われる場面が非常に...

知りたい!犬がカットを嫌がる理由と対処法

愛犬の毛がモジャモジャになってしまったらカットへ行きますよね...

猫のゴロゴロ音がおかしい原因と考えられる病気


猫が喉をゴロゴロ鳴らすのは甘えたりリラックスして...

耳に髪の毛をかけると余計に癖がつく!スッキリさせるヘアアレンジ


女性の方がよくやりがちな、垂れてきた髪の毛を耳に...

お母さんは好き?嫌い?苦しい気持ちから解放される考え方


あなたは自分のお母さんのことは好きですか?嫌いで...

ストレスで嘔吐?子供に起こる自家中毒を知っておこう!

子供が嘔吐するというのは珍しいことではありません。

冬のパンプスは寒い!オシャレを楽しむ4つの冷え対策


冬でもオシャレな人はパンプスを履いてファッション...

TPOとはどういう意味?わかりやすく教えます!


よく「TPOをわきまえて」という風にファッション...

【深夜のラーメン 飯テロ】太る理由と太らない人の謎


ダメだとわかっていても深夜に食べるラーメンはなぜ...

【新婚で離婚】子供なしで別れる理由とメリット


結婚式から半年、まだ新婚ほやほやの時期に離婚を決...

【心臓がバクバク】緊張した時・そうでない時の原因や症状


プレゼンテーションや発表会などで人前に出ると緊張...

食後すぐに寝ると腹痛が起きる原因とは?症状別の病気


「食後すぐに寝ると牛になる」と言われた事があるよ...

【小学生の悩み】自転車に乗れない子が克服するコツとポイントはコレ


最近では小学校に上がっても自転車に乗れない子供が...

「ありがとう」の返事に「いえいえ」は適切?意味や使い方を教えます


あなたは「ありがとう」と言われた時は何て返事をし...

「長所は?」と面接で質問されたら?高校受験対策


「あなたの長所は何ですか?」と質問された時、すぐ...

【子供が受験に失敗】親のNG行動と与える影響


子供が受験に失敗をしたら親としてどう声をかけるべ...

スポンサーリンク


大学のレポートは「テーマを分析」しよう

大学に提出しなくてはならないレポートを書くにはまずテーマを絞らなくてはいけません。

テーマを決めても今度はまとめ方がわからずに悩むでしょう。

レポートの書き方というものはそれほど難しいものであり、大学生にとってはつらい課題かと思います。

しかし、このレポートの書き方をマスターすることによって社会人になってもあらゆる分野で活用できます。

・テーマを絞ったら分析をする

自分の興味のあるテーマを見つけましょう。

その次にやるべきことは「テーマの分析」です。

そのテーマの知識をまず学ぶことから始めます。

あらゆる視点から情報を探し、基礎学習を行います。

その中で気になる点や検討しなくてはならないことなどを書き出していきましょう。

そしてその内容1つ1つをさらに掘り下げていけば最終的に文章としてまとめられると思います。

例)「農業生産による環境浄化について」というテーマの場合。

まず「環境浄化」の定義をまとめる必要があります。

次に「農業生産」についてわかりやすく説明をしていきます。

今の現状はどうなのか?どのような内容が環境浄化につながるのか、といった感じで掘り下げていきます。

そして最後にまとめていきます。

テーマに沿った大学のレポートを書くポイント

レポートを書くためのポイントをまとめてみます。

・丸写しはやめよう

何かを参考にしながらレポートを書こうとするとついつい丸写しになってしまいます。

さらに教科書や参考書に載っているような文章を書いてしまうと読み手は疲れてしまいます。

補足として書く場合は簡潔にまとめて書きましょう。

・事実を正確に書く

たとえ実験で何度も失敗をしてもその事実はそのまま書くべきです。

噓の内容を書いてはいけません。

この場合は「なぜ上手くいかなかったのか」を考察して今後どうするべきかを書くことで評価をしてもらえます。

・項目に分けて書く

文章の流れをあらかじめ決めて項目ごとに書きます。

実験について書く場合は、実験の目的、実験方法、結果、考察に分けます。

それ以外の場合でも、なぜそのテーマにしたのかということを最初に書き、そして内容、最後にまとめて締めます。

・過去形か現在形かに注意

結果は過去形で考察は現在形で書きます。

その内容に沿った時制をしっかりと使いましょう。

データや図、表を使う

全て文字でまとめると全体的に重くなり読み手が疲れてしまいます。

バランス良くデータや図や表を挿入していくことで視覚的にもわかりやすいものになります。

図や表には表番号とタイトルの記入を忘れずに。

レポート書きが苦手な大学生へ!テーマに沿った話題を書こう

レポートを書くのが苦手な学生で、レポートの文字数「2000文字以上」を見て思わずこんな行動を取ってしまう人がいます。

それは「色んな話題を盛り込んでしまう」ということ。

文字数を稼ごうとしてこのような行動に出てしまうと一体何が言いたいのかわからないレポートに仕上がります。

テーマに沿った内容をしっかりと書くのならここに気を付けましょう。

「1つのテーマを深く掘り下げて書く」

どんな内容のテーマでも色々な視点から調べたりしてみると、どんどん深く掘り下げることができます。

気になったことをあらかじめ書き出しておき、必要な内容を箇条書きにしてからまとめましょう。

話題が逸れないように書くことが大切です。

レポートを書くための下準備を行う流れ

レポートをまとめる時に大切なことは「結論を明確に書く」ということです。

一体何が言いたいのかわからないレポートは構成がおかしかったり途中で話が逸れてしまっていたり…。

レポートを書く前の下準備をしっかりと行ってからその構成に従うべきです。

1.テーマを決める

2.調べる

3.組み立てる

4.執筆する

5.確認する

この流れを忘れずに書いてみてください。

レポートで重要な「はじめに」の書き方

テーマを決めて下準備を行ったらその項目ごとの内容を書いていきます。

まず概要として「はじめに」を書きましょう。

実はこの「はじめに」は非常に重要な箇所であり、そのテーマのあらすじでもあり「なぜこのテーマを書こうと思ったのか」をはっきりと示すポイントでもあります。

小説のようなぼんやりとした始め方ではなく、レポートの場合は簡潔にかつわかりやすい文章が必要です。

研究内容を書く場合は「はじめに」の次に「研究目的」を書きましょう。

そして「研究の仮説」「研究の期間」「研究の対象」「材料」「実験結果」「考察」そしてまとめや参考文献を添えて終わります。

大体の流れを掴んでしまえば次回のレポートを書くときも同じよに行えばいいので楽になりますよ。

 - ライフハック, 勉強, 学校生活

ページ
上部へ