知っとく.com

膀胱炎だと思ってたら腰痛や熱が・・・症状についてはこれ!

      2017/11/08

膀胱炎だと思ってたら腰痛や熱が・・・症状についてはこれ!

トイレに行きたいと思った時にすぐに行くことができればいいのですが、

仕事中だったり面倒だったりして我慢しちゃうってことありませんか?

トイレを我慢しすぎると膀胱炎になると言われますが、膀胱炎の症状とはどんなものがあるのでしょう。

腰痛や熱がひどいようであれば別の病気の可能性もあるので注意しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

夢を思い出す「よくない内容」を見た時の対処法


何かに追いかけられたような…寝ている間にそんな夢...

no image
夜になると体重が1㎏増加!ダイエット成功のカギは「むくみ」対策はこれだ!


朝起きた時の体重と、夜寝る前の体重はおよそ1㎏増...

【夜勤労働】寿命が縮むリスクとDNAを修復する食べ物


社会問題にもなっていますが、今の世の中には夜中も...

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応


子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です...

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

スポンサーリンク


膀胱炎だけど熱と腰痛がひどい!これって大丈夫?

数日前、何度もトイレに行きたくなっていたのでおかしいなと思っていたら、尿に血が混じっていてビックリ!!!

慌てて病院に行きました。

その時は膀胱炎と診断されて薬を処方してもらい帰ってきたら熱が38度を超え、腰痛も出てきたので本当に膀胱炎なのかと不安になってきたんです。

翌日も熱が下がらず腰痛も治まらなかったので怖くなって再度病院を受診しました。

すると膀胱炎が悪化していたことが分かったんです。

高熱や腰痛!膀胱炎が悪化しているサインだった!

膀胱炎と診断されてから高熱や腰痛が気になり再度病院へ行ったところ膀胱炎が悪化し腎盂腎炎になっていました。

細菌が腎臓に入ってしまったために起こってしまうんだそうです。

気づくのが早くてすぐに病院へ行ったので症状も数日で落ち着きましたが、膀胱炎だからとそのままにしておくと、慢性になったり命に関わることもあるそうです。

では、どんな症状があれば腎盂腎炎の可能性があるのでしょうか。

・頻尿や排尿の時に痛みなどがある

・悪寒があり震える

・高熱

・腰や背中、脇腹が痛む

・吐き気

・体のだるさ

・むくみ

これらの症状があります。

高熱や腰痛があれば腎盂腎炎を疑ってもいいでしょう。
しかし、膀胱炎の症状があまり出ない場合や高熱ではない場合もあって風邪と間違ってしまう事もあるんです。

膀胱炎が治ったのに風邪がなかなか治らないな~と思っていたら悪化して腎盂腎炎になっていたなんてこともあるので、膀胱炎を甘く見ずにしっかりと治療しておきましょう。

腎盂腎炎は早く治療すれば自宅で療養できますが、発見が遅れると入院して治療しなければならなくなってしまいます。

膀胱炎の治療をきちんとしないと高熱・腰痛の症状も

膀胱炎は女性がかかりやすいのですが、なんとなく恥ずかしいというイメージないですか?

実際、私も血が混じっていたので怖くなって病院へ行きましたが膀胱炎だと分かっていたら恥ずかしくてなかなか受診できなかったかもしれません。

同じように感じている女性は多くて、膀胱炎症状が出ていても我慢したり病院へいったとしても治療の途中でいくのをやめてしまったりという人もいるようです。

そうなると膀胱炎が悪化し腎盂腎炎に進んでしまう可能性があります。

膀胱炎の症状があり、高熱や腰痛の症状が出てくれば腎盂腎炎が発症したのかもしれません。

また、腰が痛くなるものとして尿管結石という可能性もあります。

尿管結石は腎臓にできた石が尿管をふさいでしまい、腎臓が腫れるため腰から背中に激痛が走ります。

突然に腰から背中に激痛が出たならば尿管結石の可能性もあるので注意が必要です。

こんな症状があれば膀胱炎かも?早めに病院へ

ついついトイレを我慢してしまうことは誰にでもあることです。

しかしこんな症状があれば膀胱炎になっている可能性があるので早めに病院へ行って治療しましょう。

・頻尿
・残尿感
・用を足している時やあとに痛みがある
・白くモヤモヤしたものが混ざっている
・血が混ざっている

膀胱炎にはこういった症状があります。

膀胱炎には急性膀胱炎、出血性膀胱炎、慢性膀胱炎がありますが急性膀胱炎は頻尿にはり、昼夜問わずに10回以上トイレに行きたくなってしまいます。
トイレに行ったにも関わらず、出てすぐにまたトイレに行きたくなってしまう事もありトイレに入りっぱなしということもあるのです。
用を足している時には痛みがあったり、尿に白いモヤモヤが浮くこともあります。

この急性膀胱炎を最後まで治療しないと慢性膀胱炎にかかってしまいます。

痛みがなくなり勝手に抗生物質をやめてしまうと細菌が膀胱に残ったままになってしまうのです。

出血性膀胱炎は血尿が出るのですが、子どもがかかることが多く残尿感や微熱を伴うこともあります。

では膀胱炎を予防することはできるのでしょうか。

もちろんトイレを我慢しすぎないということが大切です。
それ以外にも水分を十分にとる必要があります。
また下半身を冷やさないようにしたり、陰部を清潔に保つなど少し気を付ければすむことなので、是非気を付けるようにして頂きたいです。

また膀胱炎の症状があればすぐに病院で治療し、完全に治しましょう。

腰痛がどんどんひどくなるのは要注意

年齢を重ねてきたせいか、運動不足のせいか腰が痛くなってきたな~と感じる人もいるでしょう。

私の周りにも腰痛持ちの人はたくさんいます。

腰が痛くなる時、ただの腰痛の場合と病気からくる腰痛の場合があると言うことを覚えておかなければなりません。

ただの腰痛と思って市販薬を飲んで痛みを和らげたりしても、病気が治るわけではないのでどんどん発見が遅れて行ってしまい、気がついた時には大変な事になっていた・・・なんて事もありえるのです。

では、ただの腰痛と病気からくる腰痛にはどんな違いがあるのでしょうか。

ただの腰痛の場合は体を動かすと痛かったり、起き上がる時に痛くなりますが、病気からくる腰痛の場合はジンジンとした痛みがあり、足がしびれたり熱が出たりします。

また病気であるためにこの痛みはどんどんと強くなっていきます。

ひどい時には体重が減って痩せてしまうということもあるようです。

ジンジンしていつもと違う腰の痛みだなと感じた時は市販薬で痛みを痛みを誤魔化すことなく病院を受診しましょう。

 - ライフハック, 健康

ページ
上部へ