知っとく.com

膀胱炎だと思ってたら腰痛や熱が・・・症状についてはこれ!

      2017/11/08

膀胱炎だと思ってたら腰痛や熱が・・・症状についてはこれ!

トイレに行きたいと思った時にすぐに行くことができればいいのですが、

仕事中だったり面倒だったりして我慢しちゃうってことありませんか?

トイレを我慢しすぎると膀胱炎になると言われますが、膀胱炎の症状とはどんなものがあるのでしょう。

腰痛や熱がひどいようであれば別の病気の可能性もあるので注意しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


膀胱炎だけど熱と腰痛がひどい!これって大丈夫?

数日前、何度もトイレに行きたくなっていたのでおかしいなと思っていたら、尿に血が混じっていてビックリ!!!

慌てて病院に行きました。

その時は膀胱炎と診断されて薬を処方してもらい帰ってきたら熱が38度を超え、腰痛も出てきたので本当に膀胱炎なのかと不安になってきたんです。

翌日も熱が下がらず腰痛も治まらなかったので怖くなって再度病院を受診しました。

すると膀胱炎が悪化していたことが分かったんです。

高熱や腰痛!膀胱炎が悪化しているサインだった!

膀胱炎と診断されてから高熱や腰痛が気になり再度病院へ行ったところ膀胱炎が悪化し腎盂腎炎になっていました。

細菌が腎臓に入ってしまったために起こってしまうんだそうです。

気づくのが早くてすぐに病院へ行ったので症状も数日で落ち着きましたが、膀胱炎だからとそのままにしておくと、慢性になったり命に関わることもあるそうです。

では、どんな症状があれば腎盂腎炎の可能性があるのでしょうか。

・頻尿や排尿の時に痛みなどがある

・悪寒があり震える

・高熱

・腰や背中、脇腹が痛む

・吐き気

・体のだるさ

・むくみ

これらの症状があります。

高熱や腰痛があれば腎盂腎炎を疑ってもいいでしょう。
しかし、膀胱炎の症状があまり出ない場合や高熱ではない場合もあって風邪と間違ってしまう事もあるんです。

膀胱炎が治ったのに風邪がなかなか治らないな~と思っていたら悪化して腎盂腎炎になっていたなんてこともあるので、膀胱炎を甘く見ずにしっかりと治療しておきましょう。

腎盂腎炎は早く治療すれば自宅で療養できますが、発見が遅れると入院して治療しなければならなくなってしまいます。

膀胱炎の治療をきちんとしないと高熱・腰痛の症状も

膀胱炎は女性がかかりやすいのですが、なんとなく恥ずかしいというイメージないですか?

実際、私も血が混じっていたので怖くなって病院へ行きましたが膀胱炎だと分かっていたら恥ずかしくてなかなか受診できなかったかもしれません。

同じように感じている女性は多くて、膀胱炎症状が出ていても我慢したり病院へいったとしても治療の途中でいくのをやめてしまったりという人もいるようです。

そうなると膀胱炎が悪化し腎盂腎炎に進んでしまう可能性があります。

膀胱炎の症状があり、高熱や腰痛の症状が出てくれば腎盂腎炎が発症したのかもしれません。

また、腰が痛くなるものとして尿管結石という可能性もあります。

尿管結石は腎臓にできた石が尿管をふさいでしまい、腎臓が腫れるため腰から背中に激痛が走ります。

突然に腰から背中に激痛が出たならば尿管結石の可能性もあるので注意が必要です。

こんな症状があれば膀胱炎かも?早めに病院へ

ついついトイレを我慢してしまうことは誰にでもあることです。

しかしこんな症状があれば膀胱炎になっている可能性があるので早めに病院へ行って治療しましょう。

・頻尿
・残尿感
・用を足している時やあとに痛みがある
・白くモヤモヤしたものが混ざっている
・血が混ざっている

膀胱炎にはこういった症状があります。

膀胱炎には急性膀胱炎、出血性膀胱炎、慢性膀胱炎がありますが急性膀胱炎は頻尿にはり、昼夜問わずに10回以上トイレに行きたくなってしまいます。
トイレに行ったにも関わらず、出てすぐにまたトイレに行きたくなってしまう事もありトイレに入りっぱなしということもあるのです。
用を足している時には痛みがあったり、尿に白いモヤモヤが浮くこともあります。

この急性膀胱炎を最後まで治療しないと慢性膀胱炎にかかってしまいます。

痛みがなくなり勝手に抗生物質をやめてしまうと細菌が膀胱に残ったままになってしまうのです。

出血性膀胱炎は血尿が出るのですが、子どもがかかることが多く残尿感や微熱を伴うこともあります。

では膀胱炎を予防することはできるのでしょうか。

もちろんトイレを我慢しすぎないということが大切です。
それ以外にも水分を十分にとる必要があります。
また下半身を冷やさないようにしたり、陰部を清潔に保つなど少し気を付ければすむことなので、是非気を付けるようにして頂きたいです。

また膀胱炎の症状があればすぐに病院で治療し、完全に治しましょう。

腰痛がどんどんひどくなるのは要注意

年齢を重ねてきたせいか、運動不足のせいか腰が痛くなってきたな~と感じる人もいるでしょう。

私の周りにも腰痛持ちの人はたくさんいます。

腰が痛くなる時、ただの腰痛の場合と病気からくる腰痛の場合があると言うことを覚えておかなければなりません。

ただの腰痛と思って市販薬を飲んで痛みを和らげたりしても、病気が治るわけではないのでどんどん発見が遅れて行ってしまい、気がついた時には大変な事になっていた・・・なんて事もありえるのです。

では、ただの腰痛と病気からくる腰痛にはどんな違いがあるのでしょうか。

ただの腰痛の場合は体を動かすと痛かったり、起き上がる時に痛くなりますが、病気からくる腰痛の場合はジンジンとした痛みがあり、足がしびれたり熱が出たりします。

また病気であるためにこの痛みはどんどんと強くなっていきます。

ひどい時には体重が減って痩せてしまうということもあるようです。

ジンジンしていつもと違う腰の痛みだなと感じた時は市販薬で痛みを痛みを誤魔化すことなく病院を受診しましょう。

 - ライフハック, 健康

ページ
上部へ