知っとく.com

将来が不安だという大学生へ魔法のクスリ

      2017/09/28

将来が不安だという大学生へ魔法のクスリ

就活中の大学生のみなさん!

最近では、希望に胸をふくらませるというよりは、

将来が不安だという人も多いと聞きます。

でも遠い先のことを心配するのはナンセンスですよ。

将来は、今やっていることの積み重ねです。

「今」「ここ」で丁寧に生きることが一番大事です。

必ずそうなるという保障は誰にも何もないんです。

イレギュラーがあってこそ、面白い人生なんですから!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


将来が不安な大学生の進路の悩み

現在大学三年生で、小学校、幼稚園、保育園の免許を取得する予定です。

今後の進路について悩んでいることがあります。

小学校の先生はかなり競争率が高く、なれる可能性が低いと聞いたので、児童養護施設に就職しようかと思っています。

ただ、児童養護施設の場合は、宿直など夜勤があったり、過労だと聞いています。しかも給料は安いし、昇給もあまりよくないと聞いています。

将来、結婚した時に、家族を養っていけるような職業なのか、とても不安に思っています。

他に、もっと良い職業があるでしょうか。

約7割の大学生が将来に不安を持っている

あるアンケート調査では、大学生のほぼ七割が将来に不安を持っていると結果が出ました

その内情としては様々ありますが、大きく分けると、就職の不安、金銭的な不安、自分に自信がないという不安、漠然とした不安の4つに分けることができるようです。

就職の不安は、そもそも就職できるかどうかわからないことへの不安や、就職できたとしても、そこで長く働けるのか、或いは希望の休みなどが叶うかという、就職後の心配も多いようです。

金銭的な不安は、老後の不安や、貯蓄できるかどうかの心配が多いようです。

大学へ行くために奨学金を借りている人も多く、給与の一部を返済にあてるとしても、かなり高額となるため、貯蓄などできないのではないかという心配が出てきます。

また、自分が年金を受け取る頃には、年金制度が枯渇しているのではないかという見方もあるようです。

一方、自分に自信がないという人は、成績や能力に対してコンプレックスがあり、前向きに受け止めることができない人もいるようです。

漠然とこの先の不安を訴える人の中には、結婚できるかどうかが不安だったり、安定した生活ができるか不安だったり、景気が悪い、税金ばかりが高くなると社会情勢に対しての不安もありました。

また、卒論が終わるかどうか不安というような、学生ならではの不安も見受けられました。

将来が不安な大学生におすすめの解決策

社会を知る

将来の不安を払拭するには、まずは社会で起きていることを知って、どんな知識やスキルが将来必要になるのかをリサーチします。

最低限の社会の動向やビジネスを知ることから始めるとよいでしょう。

現状をよく理解していないと、次に起こることに備えることができません。そのためには、今起きていることをしっかりと把握して、自分がどの立場に立つのかを認識することです。

ただ漠然と不安に思っていることも、現状がわかると少しづつ不安要素が明確になってきます。そうすれば、その不安要素を取り除くために何をしたらよいのか、わかりますよ。

必要なスキル

自分に自信がないという人もいるでしょう。今は何も能力がなくて、何をしたらよいのかわからないという不安もあるでしょう。

まず、能力をつけて自信を持つという方法があります。

自ら経験し体得すること自体が、自信にも繋がります。質を高めていけば、社会でも通用するようなスキルになるでしょう。

社会では、口ばかりの根拠のない自信は通用しないので、いかに経験値を積んでいくかが重要となります。

そのため、毎日サークルの友達と楽しく飲み遊ぶのか、それともボランティア活動をするのか、実社会で役にたつスキルを学ぶのか、大学生活でどんな経験を積み重ねていくのかは、とても貴重な選択肢の一つです。

将来を不安に思うなら、社会で生きていく為に必要なスキルを身につければよいのです。そのスキルが何なのかはとことん調べて、時には学びます。不安の素をはっきりさせれば、今何をすべきなのか、見えてきますよ。

就職後の将来の不安は成長の証

不安に思うことの意味

最近の企業や業界の景気の良い話を聞くことが少なくなったことに対し、将来を不安に思ってきた人もいると思います。

しかし、これは、仕事の経験を積み重ねて、努力してきたからこそ、わかることなんだそうです。仕事にも慣れ、余裕も出てきて、自分だけでなく、自分を取り巻く環境にも目を向けることができるようになった証拠ですね。

まず、この点は認めましょう。

そして、景気の状況を把握し、自社を取り巻く内外の状況の変化に気づくことができたのは、より大きな視野で仕事ができるようになったということです。

但し、この状況で立ち止まっていては、辛くなるばかりです。まずは自分の組織の中での立ち位置を把握し、今後どのようにしていきたいのか明確な目標を持っていたほうが良いでしょう。

例えば担当する業務によっては、それに必要な能力や知識が明らかになっていきます。

今はまだ、業務の権限が少なく、責任がとれるような立場ではないのでしょうが、視野が広がるにつれ仕事の幅も増えていくでしょう。

日々の仕事をこなすことも大事ですが、それだけでなく、周りの能力の高い人がどのような姿勢で仕事に臨み、どのような取り組み方で仕事をこなしているのかを観察し、ぜひ参考にさせてもらいましょう。

大学生の皆さんへ!将来は思い思いの職業へ

世の中にはありとあらゆる職業があって、仕事がありますね。

大学の進路指導、就職の相談窓口では、おおよそ会社員になる道しか案内がないように思います。

農業や漁業、NPO法人、起業という方向性もあるのに、普通科の学校や大学では教えてくれませんね。

それもそのはずで、学校の先生は教師の経験しかない人がほとんどです。

一般企業が実際にはどんな状況なのか、専門職がどんなことをしているのか、経験を通して教えてくれる先生はいないということです。

そのために、学校で勉強していることが、実際にはどんな仕事に役立つのかを教えてられる先生もほとんどいません。

就職課の職員は、統計的に職業と就活生を数字で追っているだけす。大学にしてみれば、いわゆる優良企業と言われるような、保護者からのうけが良い企業に就職させたほうが、今後の生徒の確保に繋がります。

日本は、なりたい職業の為に大学に入る海外とは真逆で、良い大学に入ると良い企業に入れるという神話が根強く残っているため、職業よりも学歴を優先させてしまう人が多いんですね。

しかし、実社会は思っているよりも、色々な職業から成り立っているのです。

例えば、「ねじ」一つとっても、造る人に組み立てる人、売る人、壊れたら直す人、そして最終的にゴミになったら回収する人や処理する人というように、多くの職業の人が関わっているのかがわかりますね。

どの職業にも、それぞれ大変さがあり、難しさもあり、楽しさも見いだせます。種類が違うだけで、どれが一番というわけではないのです。

これからは、自分の好きなことを仕事にして成り立つような世の中になると思いますよ。

 - ライフハック, 仕事

ページ
上部へ