知っとく.com

国立大学の気になる学費 医学部を目指す!

      2017/09/28

国立大学の気になる学費 医学部を目指す!

自分が医師になりたいと思ったり、子供が医師になりたいと言い出したら、まずは大学の医学部を目指すでしょう。

でもここで気になるのが・・・そう、学費です。

医学部の学費ってどれくらいかかるのでしょうか。

医学部に入るなら国立大学を目指しましょう!

その理由などをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

娘の結婚が寂しいのは父親だけじゃない!母親にも要注意!

娘の結婚を寂しがるのは父親というイメージがありませんか。 ...

野草を食べる!春の味覚の美味しい効果のヒミツ


寒い冬が終わり、春を迎えた時の楽しみと言えば山菜...

どうにかしたい!幼稚園でトイレに行かない子供の理由や対処法

子供が幼稚園に行き出すと、親にとって様々な悩みが出てきます。...

【仕事したくないから】専業主婦から抜け出す4つのポイント


妊娠を機に仕事を辞める人は多く、子供がいる女性は...

【女子必見!】~男友達に彼女ができたときの付き合い方~

ある日仲のいい男友達から「彼女ができた」と言われたらどうしま...

インフルエンザかも!?日曜日に発熱した時の適切な対応


インフルエンザの流行時期に発熱した場合は感染を疑...

no image
学童の指導員の悩みとは【やりがいのある仕事内容教えます!】

共働きの家庭が増え、学校が終わってから学童保育を利用する人が...

【会計報告】PTAや町内会での話し方はこれ!


「会計報告」と聞くととても堅苦しいものですが、大...

【悩める女子必見】部活を人間関係のトラブルで辞めたい時の対処法

好きで入った部活なのに「もう辞めたい・・・」と悩んでいません...

【待ち合わせに遅刻】何分まで待てるのか 教えます!


時間にルーズな相手との待ち合わせはとても憂うつで...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋で必ずトイレに行きたくなる】それって、症候群かも知れません!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理

x
結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと...

モルモットがゲージを噛む3つの理由と上手な対策


モルモットをペットとして飼っている中、ゲージをガ...

幼稚園に入園したのに体調崩して休みが多いと不安になるママへ

幼稚園に入園するのは子供にとってもママにとってもドキドキです...

【旦那と別居中で連絡なし】の場合の妻としての対応


夫婦として上手くいかずに喧嘩をすることはあります...

相撲のまわしを洗わないのは本当?力士の都市伝説


日本が誇る国技と言えば相撲ですね。大きな体の力士...

舌の筋肉は【人体最強】は本当?3分で変わる小顔トレーニング


人間の体の筋肉の中で最も強い部位はどこなのか。 ...

【小学校の同窓会】ない理由と出席したくない理由


成人式を迎えたと思ったら、気が付けば25歳、30...

お肉の栄養素と食べない人に起こる体の不調について知っとく!


かつては「お肉は太る」として避けられる対象でした...

スポンサーリンク


知ってた?国立大学の学費は医学部も文学部も同じ

医師になりたいと言う気持ちはとても素晴らしいことです。

でも医学部って学費が高いイメージがあって、金銭的に余裕のある人じゃないといけないと思っている人も多いのではないでしょうか。

学費が払えそうにないから医師になることを諦めてしまうのはもったいないことです。

国立大学であれば学部によって学費が違うということはありません。

半期で約27万円、年間だと55万円程度なのです。

これであればバイト代で学費を支払うことができますよね。

入学費が別に30万程かかりますが、医学部で6年間通ったとしても350万程度なのです。

医学部の学費は私立大学は高いが国立大学は安い!

医学部の学費は高い!というイメージが国立大学の学費が約350万円だと聞けばそのイメージも変わりますよね。

しかし、私立大学の医学部はやはりイメージ通り高いんです。

大学によって学費は変わってきますが、安くても6年間で約2000万円かかり高くて約5000万もかかります。

この学費をみるとやはり一般のサラリーマン家庭では行きにくいという感じるのではないでしょうか。

2000万と350万では差が大きすぎますよね。そのため、医学部を目指すほとんどの人が国立大学を第一志望にしているのです。

では全国にはどれくらいの医学部があるのでしょうか?

実は81校もあって、国立が43校、公立が8校、私立が30校となります。

公立大学も国立大学と学費は同じです。

どの医学部も生徒数100人から120人ほどなので、毎年約8000人が医学部に入学すると考えられます。

国立大学が43校あるので、半分以上の人が安い学費で医学部に入れるということになるんです。

私立大学の学費が高いのに対して国立大学の学費がこんなに安いのはなぜなのでしょうか。

それは国の税金でまかなわれているからなんです。

医師を養成するのにかかるお金は一人あたり5000万から6000万円と言われていてそれを税金で支払っているということは、社会的に期待されているということが分かりますよね。

私たちが病気になった時のために医師は絶対的に必要です。医師を育てる為に税金を使う事には個人的には大賛成です。

そう思いませんか?

国立大学の医学部を卒業したら学費は何年で取り戻せる?

大学を卒業してから支払った学費を取り戻すには何年かかるのでしょうか。

私立大学ですと、3年から8年かかってきます。それに対して国立・公立大学は1年から2年で取り戻す事ができます。

もちろん奨学金を利用していて利子がついた場合はもう少し年数は増えてしまいます。

でも医師になれば生涯その仕事で働き続けることになると思うので、8年でも短いと考える人もいるのではないでしょうか。

これだけ学費の面で違いが出てくるので、国立大学の医学部はかなり倍率が高くなってしまいます。

国立大学は他の学部も人気なのですが、医学部に関しては群を抜いています。

そのため出来るだけ早い段階から準備をしておく必要があるのです。

準備不足で浪人してしまうと金銭的負担も大きくなってきますし、そのストレスから学力も下がってしまう可能性があります。

早い段階で準備、計画を立てて現役で合格するようにしましょう。

医学部を卒業して医師になる!メリットは?

医師になると安定した地位と収入が手に入ります。

しかし、日本の医師不足は深刻化しているんです。

高齢化社会になっている今、医師不足は解決しなければならない問題であり対策もとられています。

医学部への入学は狭き門ですが、医師不足によって医学部の定員を増加させる大学が増えてきているので、以前よりは入学のチャンスも広がっているでしょう。

では医師になるメリットとは何なのでしょうか。

先ほども言ったように医師という職業は社会的地位が高い職業です。

将来独立することだって出来ますし、現役を退いたとしても講演会や執筆活動などを行う事もできます。

そして多くの人が医師=高収入というイメージがあると思います。

医師の平均年収は1000万以上となるので高収入ということは間違いありませんね。

しかし医師になる一番のメリットはやりがいが感じられるということではないでしょうか。

医師は命を扱う職業であり、自分の治療によって患者さんが元気になる、命が助かるということが、何よりの喜びではないでしょうか。

地位が高いから、高収入だからという理由で医師を目指すよりも命を救いたい、病気を治したいという理由で、医師を目指す方が頑張れる事は間違いありません。

医師になりたい!医学部に入るための準備とは?

子供が「お医者さんになりたい」と言ったらどうしますか?

「じゃあ勉強頑張らないとね~」で終わってしまいますよね。

小学生であれば準備はまだ先だと思うでしょう。

しかし本当に医師を目指すのであれば小学生のうちから準備しておくことも大事です。

小学校3年生位には進学塾に通って中学受験の準備を始めていくといいでしょう。

早すぎると思うかもしれませんが、この時期に学力の基礎をしっかりと身につけておく必要があるのです。

高校生になって医学部を目指すという人ももちろんいますが、医学部は狭き門なので簡単に受かることはできません。

子供が医師になりたい、子供を医師にしたいというのであれば小学生のうちから準備しておくということを覚えておきましょう。

 - ライフハック, 仕事, 勉強, 経済 法律

ページ
上部へ