知っとく.com

金魚の飼育 夏の対策はどうする?

   

金魚の飼育 夏の対策はどうする?

梅雨が明けると本格的に夏がやってきます。

夏祭りで「金魚すくいがしたい!」とお子さんに言われ、そのまま金魚を飼育することになったのはいいけれど、ここ数年の夏の暑さは異常です。

この夏の暑さで水槽の水温は上昇します。

その時注意しなければならない問題とは何なのでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の反抗期の捉え方と、男子を持つ親の『5つの心得』


子供は小学校高学年から中高生にかけて、思春期に入...

インターネット回線が切れる時の原因と、快適に使う方法はこれ!


無線LANを使って自宅でパソコンやスマホを使って...

30代以上の一日の摂取カロリーと、食事の取り方はこれ!


女性にとってダイエットに成功をすることは永遠のテ...

石鹸洗濯したいけど、臭いが気になるアナタへの解決策はこれ!


環境やエコに関心の高い人が増えてきました。 <...

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!


「勉強嫌い!」とわが子に言われてしまった…そんな...

『小学校での勉強が早い』と不安になった時の対処法!勉強が出来る子どもも注意が必要です。

小学校に入ると、幼稚園や保育園と違い勉強が始まります。 <...

子どもが小学校高学年になって、友達との関わり方が気になるママへの対処法!

子どもがどんな友達を遊んでいるのか、親としては気になるところ...

小学校の教師に『苦情じゃないけど言いたい事がある』場合の対処法

子どもから小学校での話を聞いて納得できない!教師に言いたい事...

教えます!子供の予防接種を受けないという選択についての考え方

子供が生まれて数ヶ月経つと、いくつもの予防接種を受けなければ...

子供の友達が遊びに来る…迷惑なときの対処法


子供が大きくなるにつれて、友達同士で遊ぶようにな...

『子供が保育園で寂しい思いをしているかも』感じているママへの解決法はこれ!


保育園に子供をあずけて働くママが増えてきましたね...

中学生の子どもが反抗期でゲーム三昧・・解決策はこれ!

小さい頃はあんなに「お母さん、お母さん」とくっついてきていた...

子どもが勉強できないのは親として心配な時の、対処法はこれ!

学校の宿題をする子どもを見ていて、

「子供の足が大きいと背が伸びる説」を実証しよう


「足が大きいと背が伸びる」ということは昔から言わ...

大好き切干し大根!栄養豊富だけど糖質が気になる方への解決法はこれ!

小さい頃は苦手だったけれど、大人になるのつれて切干し大根の美...

子供の将来が不安で仕方がない!そんなご両親への解決策はこれ!

子供の事を心配するのは親にとって当たり前だと思います。 <...

子供の言葉が遅いから障害が心配になるご両親への解決策はこれ!

子供が生まれると親は心配が多くなります。
...

子供が言葉を話すのはいつから?遅い場合はどうすべきか不安な時の対処法はこれ!


わが子が初めて言葉を話した日は、親として一生忘れ...

子供の喧嘩!親はまず見守ることから!対処法はこれ!


子供の喧嘩に親が口を出すのはいかがなものか。 ...

子供の2人目問題!経済的に諦めてしまう夫婦の事情についての考え方はこれ!


最近の夫婦は「子供は1人だけ」と決めてしまうこと...

スポンサーリンク


金魚が真夏を乗り越えるための飼育ポイント

真夏を迎えると金魚は急成長をします。

たくさんエサを食べさせて水替えの回数を増やすようにしましょう。

ただし2つのことに注意をしないと真夏を乗り越えることが厳しくなります。

・水温上昇

・コケの大繁殖

暑い夏は水槽の水温が高くなってしまうので日光が当たらない場所に移動をさせ、しっかりと遮光をします。

激しい温度変化が起こらないように気を付けましょう。

明るい時間が長いのでライトの点灯時間も減らします。

水流をや換気通路もしっかりと確保すべきです。

このように注意をするだけでコケが大繁殖するのを防ぐことができます。

コケが繁殖する原因は日光が入り過ぎることと水中の栄養が多すぎること、ライトの点灯時間が長すぎることの3つがあげられます。

繁殖してしまったら水替えを行い、ろ過装置のチェックを確認してみましょう。

夏場の金魚の飼育が上手くいかない場合の対処

金魚を飼育する上で気を付ける点は「エサの与えすぎに注意する」ということです。

エサに含まれるタンパク質が水槽の中に増えてしまうとコケや雑菌の繁殖につながってしまいます。

とくに太陽光が当たりやすい真夏ではコケが大繁殖する恐れがあります。

水槽の中のコケが増えだしたらすぐに対応をしましょう。

そのまま放置してしまうとろ過装置の故障につながり、金魚が病気になってしまいます。

・コケが増えた時の対処法

水槽の中のコケが増えてしまいろ過装置が上手く作動しなくなった場合はまず吸い込み口をストッキングなどでカバーをします。

一時的にろ過装置内に入り込むのを防ぎ、上手くいけばコケを金魚が食べてくれるでしょう。

それでも上手くいかない場合は水替えを行います。

いつもよりも水は多めに入れるようにしておきましょう。

また、金魚の数と水槽の大きさのバランスも考えましょう。

すぐに問題が起きる水槽は大きくした方がいいというサインかも知れません。

真夏に金魚を飼育する時の注意

真夏を迎えて気温が30度を超えてしまうと人間でもぐったりするのに金魚は果たして大丈夫なの?と不安になるでしょう。

この時にポイントとなるのが水槽の大きさです。

30㎝程度の小さな水槽で複数の飼育をしている場合、真夏になると水槽の酸素量が少なくなってしまいます。

また水質も悪くなりやすいので金魚の数を増やしたい場合は大きめの水槽が必要です。

反対にゆとりのある水槽で飼育している場合は気温が上昇したとしてもさほど心配はないものです。

もともと金魚は夏に強い魚なので、夏になるとエサをよく食べるようになります。

水質やコケをこまめにチェックをし、直射日光が当たらないように観察を行いましょう。

お祭りですくってきた金魚の飼育法

夏の風物詩のひとつである「金魚すくい」をしたら金魚を飼育するための準備をしましょう。

いきなり水道水を溜めた水の中に移すのは危険なのでこのような方法を行いましょう。

・水道水のカルキ抜きをする

やかんで水道水を沸騰させて冷まします。

この方法で安全な水を作ることができます。

お湯が冷めるのを待てない場合は、大きめのバケツや洗面器を2個用意し、片方に水道水を溜めます。

これを高い位置からもう一つの容器に移し、これを繰り返すことでカルキを抜くことができます。

時間があるようならバケツに水道水を溜めて1日日光を当てておけばOKです。

・水の用意ができたら

秋・冬の金魚の水槽管理

秋の水槽管理

秋と言っても最近では9月、10月になっても気温が高く夏日が続く事がありますがそのような時は当然夏場の水槽管理と同じように高水温と酸欠に注意しなければなりません。

冬に近づき気温が徐々に下がってくると水温も下がりはじめ金魚の活性も低くなってきます。

この時期は朝晩の冷え込みなどで1日の気温差が激しくなり水温の変化も大きくなりますので金魚も体調を崩しやすくなります。

急に冷え込んだ日などは特に注意して観察するようにしてください。

冬の水槽管理

冬になると金魚の活性もかなり落ちてきて水槽の底の方でじっとしている事が多くなるはずです。

あまり動かない時には無理に餌を与える必要もありませんので暖かい日などに泳ぎだしたら餌を与えるようにしましょう。

金魚の活性が低くなると水もあまり汚れなくなりますので水換えのペースも落としても問題ありませんので水槽の底の方に溜まった食べ残しや糞などを吸い出して不足した分の水を足す程度でも大丈夫でしょう。

 - ペット, ライフハック

ページ
上部へ