知っとく.com

高校の部活で「帰宅部」を選択しても不利にならない過ごし方

      2017/09/28

高校に入ったらどの部活に入ろうか悩んだ挙句、結局「帰宅部」を選んだ人へ。

部活に入らないことで今後の進学や就職をする時に不利になるのではないか…?と不安になっているかと思います。

そう思うのであればどうすべきか、高校生活を送る上で大切なことをご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
友達に誘われた映画を見たくないと思ったときの対処法

友達からあまり見たくない映画に誘われたらどうしますか? <...

no image
これでスッキリ!メールを無視する友人の気持ちや対処法

友人にメールを送っても全く返信がなくて心配になったことってあ...

no image
大学院生なら結婚時期が遅れる?メリット・デメリットを考える!

大学だけでなく、大学院に進んで勉強をしたい!
...

no image
夫はスマホばかり・・ストレスが溜まる前の対処法はこれ!

夫にストレスを感じている妻は決して少なくありません。

no image
【抱負の例文】作文の課題のポイントを抑えて大学に合格する!


大学入試の際に「抱負を作文に書け」という課題が出...

no image
喧嘩したら無視されてしまった!友達と仲直りする方法

友達と喧嘩してしまうことってありますよね。
...

no image
【ママ必見!】魚が好きじゃない子どもに食べさせるコツ教えます!

魚を食べることが体に良いということは分かっているけれど、子ど...

no image
【学校の友達が合わない】と悩んでいるあなたに伝えたいポイントと対策

学校を楽しいと感じることもあれば、楽しくないと感じることだっ...

no image
【不安解消!】教授からメールの返信こない時の対処法

大学生になれば教授とメールのやりとりをすることが出てきます。...

no image
【働くママ必見!】仕事と家庭のストレスを解消しよう!

働くママが増えましたよね。

仕...

no image
夏休みの終わりになると子供は憂鬱に・・親としてできること

夏休みが始まると子供は喜び、親は落ち込みますよね。

no image
たくさんはいらない!ご飯と味噌汁に漬け物さえあれば良し!

毎日しなければならないこと、それは「食事」です。

no image
長電話なんてしたくない!迷惑な女友達への対処法教えます!

電話で話すのは好きですか?

電...

犬が怖い・・・だけど克服したい!おすすめの方法教えます!

ここ数年で犬を飼う人が本当に増えたと思います。

no image
子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

no image
【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

no image
家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

no image
空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

no image
【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

no image
【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

スポンサーリンク


高校の部活は入らないと不利になるって本当?

高校に入学をしたらどの部活に入ろうかと迷うものですが、中には「帰宅部」を選択する人もいます。

部活というものは必ずしも入らなくてはいけないものではなく、入らない道を選んでもいいのです。

ただ、部活に入らないとこれから進学や就職をする時に不利になるのではないか気になるようですね。

部活に入れば先輩後輩の付き合いを体験できるし違う仲間ができるでしょう。

だいたいの人が「部活は入った方がいいよ」とアドバイスをしますが、どうしても入りたい部活がなくても無理矢理入った方がいいのかどうか…。

部活に入らずにアルバイトをしたい場合はますます不利になるものなのか?ということも気になってきます。

今回は、高校の部活は入らないと将来的に不利になるのかどうなのか、ということについて一緒に考えていきましょう。

「高校の部活に所属しないと不利だ」と言われない過ごし方をする

・高校の部活は貴重な体験となる

高校に入ったら部活に入るか迷う人へ。

まず高校生活でしかできないこと、やってみたいことが何かを考えてみましょう。

何かに打ち込みたいと思うのであれば部活に入って活動をすることをおすすめします。

部活に入ると先輩と後輩という上下関係を体験することができます。

これは楽しいばかりではなく嫌なことやつらいこともあるでしょう。

これを乗り越えるために仲間と共に頑張ったりするものです。

集団生活というものを学ぶことで社会に出た時に最低限のルールが活用されます。

基本的な挨拶や気遣いを部活を通して学ぶことができるからです。

・部活に入らない場合の過ごし方

部活に入らない選択をする場合はその理由をしっかりと持つべきです。

帰宅部になって何となく過ごすことでもそれなりに楽しい思い出は作れるでしょう。

ただ、高校を卒業した後についてもよく考え、そのために勉強に打ち込むのか資金を貯めるためにアルバイトをするのか、目的意識を持つべきです。

部活ではなく別のスポーツクラブに所属する人もいるでしょう。

部活に入らなくでも毎日を充実させるための目標を持った方がいいですね。

貴重な3年間を後悔することなく過ごすことで、部活に入らないと不利だという意見を払拭することができます。

高校の部活に入らなくても将来不利にならない過ごし方

部活に入らないと進学や就職に不利になるのかどうかは自分次第だと言えます。

部活に入らずにアルバイトをすることで、働くという貴重な体験をすることができます。

この体験をどう生かすかが重要でしょう。

将来のビジョンをしっかり持つことで将来へと繋げることができるのではないでしょうか。

部活に入っていない生活で将来が不安になるのならば、途中からでもいいので部活に所属すべきでしょう。

部活と勉強の両立について

・部活に入ると受験に失敗する?

高校の部活に入ると大学受験に失敗するのではないか、と考える保護者がいますが本当でしょうか。

部活に入ると帰宅時間が遅くなるので勉強時間が減ってしまうことから心配をするのだと思いますが、実は3年の夏まで部活を続けた生徒の方が受験に成功しているということがわかっています。

確かに勉強時間は限られますが、その時間を無駄にしないという気持ちが生まれます。

時間の管理が自然と身に付くようになれば部活と勉強の両立をすることができます。

・中にはデメリットとなる部活もある

部活や高校によっては入部したことで貴重な時間を潰してしまうこともあります。

顧問によっても大きく変わることもわかっており、ダラダラと過ごすような内容の部活であれば入部するメリットはないでしょう。

勉強する時間が極端になくなる場合も考え直した方がいいですね。

本当に「帰宅部」が存在する高校がある!

「帰宅部」というものは実際には存在せず、放課後すぐに帰る生徒のことを指します。

しかし!実際に「帰宅部」が存在する高校を見つけました。

この帰宅部は本当に帰宅するだけの部かと言えばそうではなく、「帰宅部=企画部」として活動をしているといいます。

企画をする趣旨としては「学校を盛り上げる」ということとなっており、アイデアが浮かんだら実際にやってみるという一風変わった部活なのです。

2014年に発足して以来部員数はどんどん増え続け、今では260人を超える大きな部活となっています。

兼部をする生徒も多く、この学校の4人に1人は「帰宅部所属」という面白い学校となっているようです。

 - ライフハック, 学校生活

ページ
上部へ