知っとく.com

高校の部活で「帰宅部」を選択しても不利にならない過ごし方

   

高校の部活で「帰宅部」を選択しても不利にならない過ごし方

高校に入ったらどの部活に入ろうか悩んだ挙句、結局「帰宅部」を選んだ人へ。

部活に入らないことで今後の進学や就職をする時に不利になるのではないか…?と不安になっているかと思います。

そう思うのであればどうすべきか、高校生活を送る上で大切なことをご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の反抗期の捉え方と、男子を持つ親の『5つの心得』


子供は小学校高学年から中高生にかけて、思春期に入...

インターネット回線が切れる時の原因と、快適に使う方法はこれ!


無線LANを使って自宅でパソコンやスマホを使って...

30代以上の一日の摂取カロリーと、食事の取り方はこれ!


女性にとってダイエットに成功をすることは永遠のテ...

石鹸洗濯したいけど、臭いが気になるアナタへの解決策はこれ!


環境やエコに関心の高い人が増えてきました。 <...

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!


「勉強嫌い!」とわが子に言われてしまった…そんな...

『小学校での勉強が早い』と不安になった時の対処法!勉強が出来る子どもも注意が必要です。

小学校に入ると、幼稚園や保育園と違い勉強が始まります。 <...

子どもが小学校高学年になって、友達との関わり方が気になるママへの対処法!

子どもがどんな友達を遊んでいるのか、親としては気になるところ...

小学校の教師に『苦情じゃないけど言いたい事がある』場合の対処法

子どもから小学校での話を聞いて納得できない!教師に言いたい事...

教えます!子供の予防接種を受けないという選択についての考え方

子供が生まれて数ヶ月経つと、いくつもの予防接種を受けなければ...

子供の友達が遊びに来る…迷惑なときの対処法


子供が大きくなるにつれて、友達同士で遊ぶようにな...

『子供が保育園で寂しい思いをしているかも』感じているママへの解決法はこれ!


保育園に子供をあずけて働くママが増えてきましたね...

中学生の子どもが反抗期でゲーム三昧・・解決策はこれ!

小さい頃はあんなに「お母さん、お母さん」とくっついてきていた...

子どもが勉強できないのは親として心配な時の、対処法はこれ!

学校の宿題をする子どもを見ていて、

「子供の足が大きいと背が伸びる説」を実証しよう


「足が大きいと背が伸びる」ということは昔から言わ...

大好き切干し大根!栄養豊富だけど糖質が気になる方への解決法はこれ!

小さい頃は苦手だったけれど、大人になるのつれて切干し大根の美...

子供の将来が不安で仕方がない!そんなご両親への解決策はこれ!

子供の事を心配するのは親にとって当たり前だと思います。 <...

子供の言葉が遅いから障害が心配になるご両親への解決策はこれ!

子供が生まれると親は心配が多くなります。
...

子供が言葉を話すのはいつから?遅い場合はどうすべきか不安な時の対処法はこれ!


わが子が初めて言葉を話した日は、親として一生忘れ...

子供の喧嘩!親はまず見守ることから!対処法はこれ!


子供の喧嘩に親が口を出すのはいかがなものか。 ...

子供の2人目問題!経済的に諦めてしまう夫婦の事情についての考え方はこれ!


最近の夫婦は「子供は1人だけ」と決めてしまうこと...

スポンサーリンク


高校の部活は入らないと不利になるって本当?

高校に入学をしたらどの部活に入ろうかと迷うものですが、中には「帰宅部」を選択する人もいます。

部活というものは必ずしも入らなくてはいけないものではなく、入らない道を選んでもいいのです。

ただ、部活に入らないとこれから進学や就職をする時に不利になるのではないか気になるようですね。

部活に入れば先輩後輩の付き合いを体験できるし違う仲間ができるでしょう。

だいたいの人が「部活は入った方がいいよ」とアドバイスをしますが、どうしても入りたい部活がなくても無理矢理入った方がいいのかどうか…。

部活に入らずにアルバイトをしたい場合はますます不利になるものなのか?ということも気になってきます。

今回は、高校の部活は入らないと将来的に不利になるのかどうなのか、ということについて一緒に考えていきましょう。

「高校の部活に所属しないと不利だ」と言われない過ごし方をする

・高校の部活は貴重な体験となる

高校に入ったら部活に入るか迷う人へ。

まず高校生活でしかできないこと、やってみたいことが何かを考えてみましょう。

何かに打ち込みたいと思うのであれば部活に入って活動をすることをおすすめします。

部活に入ると先輩と後輩という上下関係を体験することができます。

これは楽しいばかりではなく嫌なことやつらいこともあるでしょう。

これを乗り越えるために仲間と共に頑張ったりするものです。

集団生活というものを学ぶことで社会に出た時に最低限のルールが活用されます。

基本的な挨拶や気遣いを部活を通して学ぶことができるからです。

・部活に入らない場合の過ごし方

部活に入らない選択をする場合はその理由をしっかりと持つべきです。

帰宅部になって何となく過ごすことでもそれなりに楽しい思い出は作れるでしょう。

ただ、高校を卒業した後についてもよく考え、そのために勉強に打ち込むのか資金を貯めるためにアルバイトをするのか、目的意識を持つべきです。

部活ではなく別のスポーツクラブに所属する人もいるでしょう。

部活に入らなくでも毎日を充実させるための目標を持った方がいいですね。

貴重な3年間を後悔することなく過ごすことで、部活に入らないと不利だという意見を払拭することができます。

高校の部活に入らなくても将来不利にならない過ごし方

部活に入らないと進学や就職に不利になるのかどうかは自分次第だと言えます。

部活に入らずにアルバイトをすることで、働くという貴重な体験をすることができます。

この体験をどう生かすかが重要でしょう。

将来のビジョンをしっかり持つことで将来へと繋げることができるのではないでしょうか。

部活に入っていない生活で将来が不安になるのならば、途中からでもいいので部活に所属すべきでしょう。

部活と勉強の両立について

・部活に入ると受験に失敗する?

高校の部活に入ると大学受験に失敗するのではないか、と考える保護者がいますが本当でしょうか。

部活に入ると帰宅時間が遅くなるので勉強時間が減ってしまうことから心配をするのだと思いますが、実は3年の夏まで部活を続けた生徒の方が受験に成功しているということがわかっています。

確かに勉強時間は限られますが、その時間を無駄にしないという気持ちが生まれます。

時間の管理が自然と身に付くようになれば部活と勉強の両立をすることができます。

・中にはデメリットとなる部活もある

部活や高校によっては入部したことで貴重な時間を潰してしまうこともあります。

顧問によっても大きく変わることもわかっており、ダラダラと過ごすような内容の部活であれば入部するメリットはないでしょう。

勉強する時間が極端になくなる場合も考え直した方がいいですね。

本当に「帰宅部」が存在する高校がある!

「帰宅部」というものは実際には存在せず、放課後すぐに帰る生徒のことを指します。

しかし!実際に「帰宅部」が存在する高校を見つけました。

この帰宅部は本当に帰宅するだけの部かと言えばそうではなく、「帰宅部=企画部」として活動をしているといいます。

企画をする趣旨としては「学校を盛り上げる」ということとなっており、アイデアが浮かんだら実際にやってみるという一風変わった部活なのです。

2014年に発足して以来部員数はどんどん増え続け、今では260人を超える大きな部活となっています。

兼部をする生徒も多く、この学校の4人に1人は「帰宅部所属」という面白い学校となっているようです。

 - ライフハック, 学校生活

ページ
上部へ