知っとく.com

子供を産むベストな時期と女性の働き方

      2017/09/28

子供を産むベストな時期と女性の働き方

子供を産むベストな時期というものは女性にとって重要なことですよね。

1年のうちいつ産むのがいいのか、仕事上ではいつがいいのか、年齢から考えるといつがいいのか…。

子供は欲しいけどキャリアを失いたくないと考える女性はどう考えていくべきなのかをぜひ一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

夢を思い出す「よくない内容」を見た時の対処法


何かに追いかけられたような…寝ている間にそんな夢...

no image
夜になると体重が1㎏増加!ダイエット成功のカギは「むくみ」対策はこれだ!


朝起きた時の体重と、夜寝る前の体重はおよそ1㎏増...

【夜勤労働】寿命が縮むリスクとDNAを修復する食べ物


社会問題にもなっていますが、今の世の中には夜中も...

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応


子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です...

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

スポンサーリンク


子供を産むのに適した時期とは?

結婚をして子供を望む女性にとって大きな節目となる妊娠と出産。

子供は授かりものなのでいつどうなるかわからないものですが、1年を通した中で「子供を産むのに適した時期」というものがあるようです。

ただ人それぞれによって体調は大きく変わるものであり、この時期に出産をするべきというものではない、ということを予めご了承ください。

たとえば「夏の時期に産むと寒くないから楽」だという意見もあると思いますが、つわりがある人にとっては暑くてクラクラしてしまうという人もいるでしょう。

こんな風にその人にとって捉え方は変わるかも知れませんが、今回は時期について絞ってまとめていきたいと思います。

また仕事をしていく上での出産をするならこんな時期がいいという意見をまとめてみました。

子供を産むのによい時期というものは存在しない

子供はどの時期に産むと楽かどうか?で考えてみるとはっきりと「いつが楽」というものは見つかりません。

春に産むには寒い冬を過ごさなくてはならず、秋に産むなら暑い夏を乗り越えます。

ただ「この時期がつらい」と感じる時期はあまりないようです。

出産を終えたらしばらくは家から出られないわけだし、家にいれば不自由なく過ごせます。

猛暑や厳寒な場合は気温の変化がつらいかも知れません。

しかしこれもずっと続くわけではないので、気にしていても仕方がないことです。

つわりの重度によっても捉え方は変わってくるかと思いますが、これもその人それぞれ違いがあるので何とも言いにくいものです。

1人目の場合はとくに時期を気にすることもない、というのが世の中のお母さんの意見です。

ただし二人目以降は上の子のイベント時期をずらして産みたいと考える人が多いようです。

入学式や卒園式などを上手く調整できればいいですが、こればかりは難しいものです。

仕事をする女性にとって子供を産むベストな時期とは

仕事をする女性にとって妊娠と出産は大きな問題となりますが、仕事を優先することで自分自身へはデメリットが生じてしまうもの。

どの時期に産むのがベストなのかと悩むと思いますが、仕事と出産どちらも後回しにすることはできません。

会社によって出産後も職場復帰が可能かどうかの違いがあり、出産を機に退職をする女性も多いです。

出産も仕事も両立させたいと考えるのであれば、自分なりのビジョンを立てておくことが大切です。

・〇歳までに出産をする

・〇歳までにこの仕事をする

ただ、予定通りにいかない方が多いことから結局出産を諦めてしまったり、仕事を辞めてしまう人も多いのが実情です。

出産に対して不安ばかり考えず、出産をしたあとも職場復帰してほしい人材を目指しましょう。

自分なりに目指す方法を決めてみることで出産をするベストなタイミングが見つかるかもしれません。

もし自分が思うタイミングではなかった場合でも落ち着いて受け止め、前向きに捉えていきましょう。

将来は子供を望むのなら婦人科を受診すべき

子供を「いつか産みたい」と思っている女性は多いとでしょうが、自分の身体について調べたことはあるでしょうか。

毎月の整理が順調に来ているだけで子供が産める準備が整っていると思いがちですが、実はそうではない場合があります。

出血があっても排卵が行われていないという場合もあるので要注意。

自分の身体がどのような状態かを婦人科で調べることは非常に大切なことです。

まだ未婚の場合でも将来への投資だと思い受診をしましょう。

いざ結婚をしてから妊娠について悩む女性は非常に多く存在しています。

自分の身体を知ることで妊娠へのベストなタイミングも考えることができるでしょう。

女性にとって出産というものは人生において大きなことですが、出産だけが人生ではないという考えもしっかりと持つべきです。

ただ、もっと早く婦人科を受診すべきだったと後悔することだけは避けましょう。

治療を行う場合はできるだけ早く取りかかるべきです。

子供を産む時期を逃さない判断を行う

晩婚化が進むにつれて出産をする女性の年齢も高齢化しています。

仕事を優先して妊娠を後回しにすることは必ずしも正しい判断とは言えません。

いつ妊娠をするべきか?と言えばそれは「欲しいと思った時」だとも言えます。

女性の身体は20代後半から妊娠力が低下していきます。

この低下率は個人差があるので中には30代後半や40代になっても良質な卵子を持つ人もいます。

しかし、キャリアを優先してしまい妊娠のタイミングを逃すことはとても残念なこと。

まだ20代だから…と考えずに自分の身体を知っておくべきです。

 - ライフハック, 妊活

ページ
上部へ