知っとく.com

子供を産むベストな時期と女性の働き方

      2017/09/28

子供を産むベストな時期と女性の働き方

子供を産むベストな時期というものは女性にとって重要なことですよね。

1年のうちいつ産むのがいいのか、仕事上ではいつがいいのか、年齢から考えるといつがいいのか…。

子供は欲しいけどキャリアを失いたくないと考える女性はどう考えていくべきなのかをぜひ一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


子供を産むのに適した時期とは?

結婚をして子供を望む女性にとって大きな節目となる妊娠と出産。

子供は授かりものなのでいつどうなるかわからないものですが、1年を通した中で「子供を産むのに適した時期」というものがあるようです。

ただ人それぞれによって体調は大きく変わるものであり、この時期に出産をするべきというものではない、ということを予めご了承ください。

たとえば「夏の時期に産むと寒くないから楽」だという意見もあると思いますが、つわりがある人にとっては暑くてクラクラしてしまうという人もいるでしょう。

こんな風にその人にとって捉え方は変わるかも知れませんが、今回は時期について絞ってまとめていきたいと思います。

また仕事をしていく上での出産をするならこんな時期がいいという意見をまとめてみました。

子供を産むのによい時期というものは存在しない

子供はどの時期に産むと楽かどうか?で考えてみるとはっきりと「いつが楽」というものは見つかりません。

春に産むには寒い冬を過ごさなくてはならず、秋に産むなら暑い夏を乗り越えます。

ただ「この時期がつらい」と感じる時期はあまりないようです。

出産を終えたらしばらくは家から出られないわけだし、家にいれば不自由なく過ごせます。

猛暑や厳寒な場合は気温の変化がつらいかも知れません。

しかしこれもずっと続くわけではないので、気にしていても仕方がないことです。

つわりの重度によっても捉え方は変わってくるかと思いますが、これもその人それぞれ違いがあるので何とも言いにくいものです。

1人目の場合はとくに時期を気にすることもない、というのが世の中のお母さんの意見です。

ただし二人目以降は上の子のイベント時期をずらして産みたいと考える人が多いようです。

入学式や卒園式などを上手く調整できればいいですが、こればかりは難しいものです。

仕事をする女性にとって子供を産むベストな時期とは

仕事をする女性にとって妊娠と出産は大きな問題となりますが、仕事を優先することで自分自身へはデメリットが生じてしまうもの。

どの時期に産むのがベストなのかと悩むと思いますが、仕事と出産どちらも後回しにすることはできません。

会社によって出産後も職場復帰が可能かどうかの違いがあり、出産を機に退職をする女性も多いです。

出産も仕事も両立させたいと考えるのであれば、自分なりのビジョンを立てておくことが大切です。

・〇歳までに出産をする

・〇歳までにこの仕事をする

ただ、予定通りにいかない方が多いことから結局出産を諦めてしまったり、仕事を辞めてしまう人も多いのが実情です。

出産に対して不安ばかり考えず、出産をしたあとも職場復帰してほしい人材を目指しましょう。

自分なりに目指す方法を決めてみることで出産をするベストなタイミングが見つかるかもしれません。

もし自分が思うタイミングではなかった場合でも落ち着いて受け止め、前向きに捉えていきましょう。

将来は子供を望むのなら婦人科を受診すべき

子供を「いつか産みたい」と思っている女性は多いとでしょうが、自分の身体について調べたことはあるでしょうか。

毎月の整理が順調に来ているだけで子供が産める準備が整っていると思いがちですが、実はそうではない場合があります。

出血があっても排卵が行われていないという場合もあるので要注意。

自分の身体がどのような状態かを婦人科で調べることは非常に大切なことです。

まだ未婚の場合でも将来への投資だと思い受診をしましょう。

いざ結婚をしてから妊娠について悩む女性は非常に多く存在しています。

自分の身体を知ることで妊娠へのベストなタイミングも考えることができるでしょう。

女性にとって出産というものは人生において大きなことですが、出産だけが人生ではないという考えもしっかりと持つべきです。

ただ、もっと早く婦人科を受診すべきだったと後悔することだけは避けましょう。

治療を行う場合はできるだけ早く取りかかるべきです。

子供を産む時期を逃さない判断を行う

晩婚化が進むにつれて出産をする女性の年齢も高齢化しています。

仕事を優先して妊娠を後回しにすることは必ずしも正しい判断とは言えません。

いつ妊娠をするべきか?と言えばそれは「欲しいと思った時」だとも言えます。

女性の身体は20代後半から妊娠力が低下していきます。

この低下率は個人差があるので中には30代後半や40代になっても良質な卵子を持つ人もいます。

しかし、キャリアを優先してしまい妊娠のタイミングを逃すことはとても残念なこと。

まだ20代だから…と考えずに自分の身体を知っておくべきです。

 - ライフハック, 妊活

ページ
上部へ