知っとく.com

日本で地震が起きにくい安全な地域を考える

      2017/09/28

日本で地震が起きにくい安全な地域を考える

日本の各地で大地震が起きたことで、今住んでいる場所の危険性について、敏感になっている人が増えています。

今後地震が起きにくい場所はどこなのか?安全な地域は存在するのか?

ということについて考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


日本の安全な地域とは?地震が起きない場所に住みたい

近年日本の各地で起こった大きな大地震。

これにより今まで安全だと思われていた場所もいつ何が起こるかわからないということがわかり、将来的に起こり得る災害とその場所について専門家の意見を聞く場が増えています。

日本のどの場所に住むのが安全なのだろうか…?

これについてはさまざまな意見がありますが、各分野の意見や今までのデータなどを基に、災害が起きにくい安全な場所をお伝えします。

災害の中でも地震にクローズアップをして、今後地震が起きないと予想される場所をあげていきます。

これは地震発生率が低いと予想されている場所であるので「絶対に安全」と保障されたデータではありません。

そのことを踏まえた上で参考になさってください。

安全なのは奈良県?日本で大地震が起きにくい場所

今後地震が起きる可能性が低い場所としては「奈良県」があげられています。

平成16年に発表されたデータによると、「内陸型地震」と「海溝型地震」の2つに分類されており「内陸型地震」は8つの起震断層があることがわかっています。

奈良県周辺の地震被害発生や活断層の分布から今後30年に起こり得る地震発生率をこのように発表しています。

「内陸型地震」

1.奈良盆地東縁断層帯

地震発生率:ほぼ0~5%

想定マグニチュード:7.5

2.中央構造線断層帯

地震発生率:ほぼ0~5%

想定マグニチュード:8.0

3.生駒断層帯

地震発生率:ほぼ0%

想定マグニチュード:7.5

4.木津川断層帯

地震発生率:ほぼ0%

想定マグニチュード:7.3

「海溝型地震」

東南海地震、南海地震は今後30年以内の地震発生率はそれぞれ60~70%程度と50%となっており確立の高さが気になるところ。

特に南海トラフ地震が起きた場合の想定死者数は30万人以上となっており、被害の大きさを伺えます。

このように奈良県は内陸型での確立は低いのですが海溝型では高いこと予想されています。

奈良県が震源地となる大地震は来ないという意見は多く見られますが、さまざまな意見を参考にした方がよいと思われます。

日本で地震が起きにくく比較的安全な場所

今後大地震が起きにくいと予想される場所はいくつかありますが、その中でも「秋田県」と「山形県」があげられています。

しかし雪の多さからは逃れられません。

また「岡山県」も直下型地震は今後起きにくいのでは?と予想されています。

過去にも震源地が岡山県だったことは滅多になく記憶にないという人も多いです。

ただ、福岡県や石川県で突発的地震が起こり得ることもあり安心はできないでしょう。

このように地震から逃れたとしても台風や大雪などの別の被害に遭うこともあるので、はっきりと「ここが安全」と特定することはできません。

災害の中でも地震について特化して考えてみると「ここなら安全なのかも」という場所が絞られてきます。

・九州北部

・新潟県を除いた北陸3県

・山陰と岡山県

この辺りがあげられます。

絶対に安全だと保障するものではないということを忘れないでいただきたいです。

過去の地震が少ない3県と安全な場所について

2011年に起きた東日本大震災では地震だけではなく津波が起きたことで被害が大きく拡大しました。

この後から自分が住む土地の各断層や今後起こり得る地震の確立はどのくらいなのか?ということに敏感になったと思います。

真剣に地震が起きにくい場所に住みたいと考える人は多いと思いますが、この時に参考になるデータは「気象庁の過去の地震情報」が有力だと考える人もいます。

では過去に震度4以上の地震が発生した回数が最も少ない県はどこか?と言えば「富山県」です。

富山県は過去に震度4以上の地震が起きた回数は12回であり、震度5以上の地震は1度も起きていません。

続いて過去の地震が少ないのは「佐賀県」の14回です。

記憶に新しい熊本地震により回数を更新してしまいましたが、その前までは富山県よりも回数は少なかったです。

続いては「岡山県」の16回となっています。

ここも震度5以上の地震は未だに記録されていません。

このようなデータを参考にし、さらにさまざまな情報を別の視点から見て自分が思う安全な場所を見つけるべきです。

ただ地震は防げたとしても台風や豪雨などの被害に遭うこともあるので総合的に考えると難しいものです。

地震に対して恐怖に感じるのならまずは備えを準備する

日本の中で安全な場所はどこか?と考えていくうちにさまざまな意見やデータと出会います。

自分の地域が危険だと分かったり、地震はないけど台風などの被害が多いなどという情報があるとますます不安になるでしょう。

まずは過去のデータや専門家の知識をしっかりと受け止め、自分が今できる準備や心構えを行っておくべきです。

将来的に引っ越しを考える人もさまざまな視点から考えて場所を決めるべきです。

情報に振り回されないということも大切です。

恐怖を感じるのであれば、その分の備えも準備をしておきましょう。

 - ライフハック

ページ
上部へ