知っとく.com

脳梗塞の後遺症として便秘になるその理由

      2017/11/08

脳梗塞の後遺症として便秘になるその理由

脳梗塞になってしまうとさまざまな後遺症が見られます。

便秘になることも多くその原因についてお伝えします。

反対に便秘が原因で脳梗塞になることもあり、便秘を改善する方法や便秘をしないことの大切さをご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

夢を思い出す「よくない内容」を見た時の対処法


何かに追いかけられたような…寝ている間にそんな夢...

no image
夜になると体重が1㎏増加!ダイエット成功のカギは「むくみ」対策はこれだ!


朝起きた時の体重と、夜寝る前の体重はおよそ1㎏増...

【夜勤労働】寿命が縮むリスクとDNAを修復する食べ物


社会問題にもなっていますが、今の世の中には夜中も...

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応


子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です...

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

スポンサーリンク


なぜ脳梗塞の後遺症として便秘になってしまうのか

脳梗塞の後遺症として「便意を感じない」という症状が見られます。

これによって便秘になってしまうことがあり、排便障害を起こすこともあります。

なぜ脳梗塞になるとこのような症状が起きてしまうのかを考える前に、排便のメカニズムをおさらいをします。

まず便が直腸にたまると直腸の壁が押されて伸びます。

この刺激が排便中枢を介して大脳に伝わることで便意を感じます。

この便意を感じたら排便を行うというのが通常ですが、脳梗塞になると大脳に刺激が伝われなくなってしまいます。

これにより便意を感じなくなり、便秘を起こしやすくなります。

さらに麻痺の後遺症がある場合はいきむことも難しくなるので排便をすること自体も大変になります。

後遺症ではなく便秘が原因で脳梗塞になることもある

脳梗塞の後遺症が原因で便秘を起こしやすいということをお話しましたが、便秘が原因で脳梗塞になってしまうこともあります。

この原因としては「高血圧」があげられます。

そもそも高血圧の人は脳梗塞や動脈硬化を起こしやすいですが、便秘の人も脳出血や脳梗塞になりやすいです。

便秘の人がなぜこのようなことになるのかと言えば、排便時の「いきみ」が深く関係しています。

通常の排便よりも便秘の人は強くいきみます。

そして高血圧の人は血管壁が弱い傾向にあります。

急ないきみによって血管壁が耐えられなくなってしまい脳梗塞や脳出血を起こしてしまうのです。

一般的な人でも思い切りいきんでしまうと頭に血が上りやすいと思いますが、高血圧の人は十分注意をする必要があるという事です。

たかが便秘と思いがちですが、このような病気の可能性が潜んでいるので食生活を見直しましょう。

とくに便秘の人は水分不足の場合が多いです。

1日2リットルの水分補給を心がけて体内の血液の流れを改善させることを意識しましょう。

そして排便をする際には無理ないきみをせず、ゆっくりと呼吸を続けることで脳梗塞の発症を減らします。

高血圧の人で便秘の人はこのような病気になる可能性があると自覚をし、便秘改善を目指しましょう。

便秘以外のさまざまな脳梗塞の後遺症

脳梗塞になるとさまざまな後遺症が出てしまいます。

先ほどあげた便秘についてもそうですが、重度によってはさまざまな後遺症が出てきます。

脳梗塞という病気は身体の神経や機能を司る脳の細胞がやられてしまうものです。

梗塞状態によっては手遅れとなることもあるのでいち早く対処をしなくてはいけません。

血栓によって血液の流れが止まってしまい、その箇所によって起こる障害が違います。

運動機能に関係する細胞に血栓ができてしまった場合は手足の麻痺が起きてしまいます。

視覚中枢であれば失明や視力低下などの障害が起きます。

知的中枢なら痴呆を起こすこともあります。

これだけではなく箇所によっては上手く話せなくなる言語障害や、文字の読み書きに障害が起きたり記憶障害などが現れてしまうこともあります。

一見何ら変わりないように見えても一部分だけに障害が残ることもあり、さまざまな種類の後遺症があることがわかります。

脳梗塞になってから情緒不安定になったり、今まで好きだった趣味が苦手になることもあります。

今まで出来たことが出来なくなることはつらいことですね。

脳梗塞になってしまうとこのような後遺症に悩まされることになります。

いかにいち早く対処を行うかということも重要ですが、日頃から体調を改善させることも大切です。

ひどい状態にならないためにも兆候を見逃さないようにしましょう。

便秘を改善させるマッサージや温熱方法

・便秘解消マッサージ

便秘に悩む人は次のようなマッサージを行ってみましょう。

便秘解消マッサージを行うと腸に刺激を与えて便秘改善が期待できます。

マッサージ方法はまず、下腹部の左下部分にある直腸に向けて軽く押すようにマッサージをします。

これにより腸に溜まった便に刺激を与えて便意を促します。

便意を感じているけどなかなか出ない場合やスムーズに排便できない場合は、左下から肛門に向けて強めに押してみましょう。

できるだけいきみのタイミングに合わせて押すことで排便を促すことができます。

・お腹を温める

便秘になりやすい人は下腹部が冷たくなりやすいです。

お腹を温めることで排便を促すことができるので試してみてください。

手軽に温める方法として「蒸しタオル」をおすすめします。

絞ったタオルをレンジで1分ほど温めてお腹や腰に当てます。

この方法は「温罨法(おんあんぽう)」とも呼び、温熱刺激によって血行の流れを促して便秘を改善させます。

アボカドを食べて便秘と脳梗塞の予防をしよう

便秘に悩む人におすすめの食べ物は「アボカド」です。

食物繊維が豊富なので便秘予防に最適であることだけではなく、がんや高血圧や脳梗塞の予防も期待ができます。

アボカドにはビタミンや鉄やリンなどのミネラルを豊富に含み、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムも多いです。

ぜひアボカドを食べて便秘と脳梗塞の予防をしましょう。

 - ライフハック, 健康

ページ
上部へ