知っとく.com

脳梗塞の後遺症として便秘になるその理由

      2017/11/08

脳梗塞の後遺症として便秘になるその理由

脳梗塞になってしまうとさまざまな後遺症が見られます。

便秘になることも多くその原因についてお伝えします。

反対に便秘が原因で脳梗塞になることもあり、便秘を改善する方法や便秘をしないことの大切さをご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


なぜ脳梗塞の後遺症として便秘になってしまうのか

脳梗塞の後遺症として「便意を感じない」という症状が見られます。

これによって便秘になってしまうことがあり、排便障害を起こすこともあります。

なぜ脳梗塞になるとこのような症状が起きてしまうのかを考える前に、排便のメカニズムをおさらいをします。

まず便が直腸にたまると直腸の壁が押されて伸びます。

この刺激が排便中枢を介して大脳に伝わることで便意を感じます。

この便意を感じたら排便を行うというのが通常ですが、脳梗塞になると大脳に刺激が伝われなくなってしまいます。

これにより便意を感じなくなり、便秘を起こしやすくなります。

さらに麻痺の後遺症がある場合はいきむことも難しくなるので排便をすること自体も大変になります。

後遺症ではなく便秘が原因で脳梗塞になることもある

脳梗塞の後遺症が原因で便秘を起こしやすいということをお話しましたが、便秘が原因で脳梗塞になってしまうこともあります。

この原因としては「高血圧」があげられます。

そもそも高血圧の人は脳梗塞や動脈硬化を起こしやすいですが、便秘の人も脳出血や脳梗塞になりやすいです。

便秘の人がなぜこのようなことになるのかと言えば、排便時の「いきみ」が深く関係しています。

通常の排便よりも便秘の人は強くいきみます。

そして高血圧の人は血管壁が弱い傾向にあります。

急ないきみによって血管壁が耐えられなくなってしまい脳梗塞や脳出血を起こしてしまうのです。

一般的な人でも思い切りいきんでしまうと頭に血が上りやすいと思いますが、高血圧の人は十分注意をする必要があるという事です。

たかが便秘と思いがちですが、このような病気の可能性が潜んでいるので食生活を見直しましょう。

とくに便秘の人は水分不足の場合が多いです。

1日2リットルの水分補給を心がけて体内の血液の流れを改善させることを意識しましょう。

そして排便をする際には無理ないきみをせず、ゆっくりと呼吸を続けることで脳梗塞の発症を減らします。

高血圧の人で便秘の人はこのような病気になる可能性があると自覚をし、便秘改善を目指しましょう。

便秘以外のさまざまな脳梗塞の後遺症

脳梗塞になるとさまざまな後遺症が出てしまいます。

先ほどあげた便秘についてもそうですが、重度によってはさまざまな後遺症が出てきます。

脳梗塞という病気は身体の神経や機能を司る脳の細胞がやられてしまうものです。

梗塞状態によっては手遅れとなることもあるのでいち早く対処をしなくてはいけません。

血栓によって血液の流れが止まってしまい、その箇所によって起こる障害が違います。

運動機能に関係する細胞に血栓ができてしまった場合は手足の麻痺が起きてしまいます。

視覚中枢であれば失明や視力低下などの障害が起きます。

知的中枢なら痴呆を起こすこともあります。

これだけではなく箇所によっては上手く話せなくなる言語障害や、文字の読み書きに障害が起きたり記憶障害などが現れてしまうこともあります。

一見何ら変わりないように見えても一部分だけに障害が残ることもあり、さまざまな種類の後遺症があることがわかります。

脳梗塞になってから情緒不安定になったり、今まで好きだった趣味が苦手になることもあります。

今まで出来たことが出来なくなることはつらいことですね。

脳梗塞になってしまうとこのような後遺症に悩まされることになります。

いかにいち早く対処を行うかということも重要ですが、日頃から体調を改善させることも大切です。

ひどい状態にならないためにも兆候を見逃さないようにしましょう。

便秘を改善させるマッサージや温熱方法

・便秘解消マッサージ

便秘に悩む人は次のようなマッサージを行ってみましょう。

便秘解消マッサージを行うと腸に刺激を与えて便秘改善が期待できます。

マッサージ方法はまず、下腹部の左下部分にある直腸に向けて軽く押すようにマッサージをします。

これにより腸に溜まった便に刺激を与えて便意を促します。

便意を感じているけどなかなか出ない場合やスムーズに排便できない場合は、左下から肛門に向けて強めに押してみましょう。

できるだけいきみのタイミングに合わせて押すことで排便を促すことができます。

・お腹を温める

便秘になりやすい人は下腹部が冷たくなりやすいです。

お腹を温めることで排便を促すことができるので試してみてください。

手軽に温める方法として「蒸しタオル」をおすすめします。

絞ったタオルをレンジで1分ほど温めてお腹や腰に当てます。

この方法は「温罨法(おんあんぽう)」とも呼び、温熱刺激によって血行の流れを促して便秘を改善させます。

アボカドを食べて便秘と脳梗塞の予防をしよう

便秘に悩む人におすすめの食べ物は「アボカド」です。

食物繊維が豊富なので便秘予防に最適であることだけではなく、がんや高血圧や脳梗塞の予防も期待ができます。

アボカドにはビタミンや鉄やリンなどのミネラルを豊富に含み、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムも多いです。

ぜひアボカドを食べて便秘と脳梗塞の予防をしましょう。

 - ライフハック, 健康

ページ
上部へ