知っとく.com

高校のテストを寝坊で休むとこうなるので注意して!

   

高校のテストを寝坊で休むとこうなるので注意して!

「もう終わりだ…」テスト当日にうっかり寝坊をしてしまった高校生は目覚まし時計を見て愕然とするでしょう。

高校のテストを休むと一体どうなってしまうのか、挽回方法はあるのか?先生や親にどう説明すべきでしょうか。

心底落ち込んでしまった人はこれからご紹介する内容をよく読んで行動をしてみましょう。

諦めるのはまだ早いですよ!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

中学生の反抗期の捉え方と、男子を持つ親の『5つの心得』


子供は小学校高学年から中高生にかけて、思春期に入...

インターネット回線が切れる時の原因と、快適に使う方法はこれ!


無線LANを使って自宅でパソコンやスマホを使って...

30代以上の一日の摂取カロリーと、食事の取り方はこれ!


女性にとってダイエットに成功をすることは永遠のテ...

石鹸洗濯したいけど、臭いが気になるアナタへの解決策はこれ!


環境やエコに関心の高い人が増えてきました。 <...

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!


「勉強嫌い!」とわが子に言われてしまった…そんな...

『小学校での勉強が早い』と不安になった時の対処法!勉強が出来る子どもも注意が必要です。

小学校に入ると、幼稚園や保育園と違い勉強が始まります。 <...

子どもが小学校高学年になって、友達との関わり方が気になるママへの対処法!

子どもがどんな友達を遊んでいるのか、親としては気になるところ...

小学校の教師に『苦情じゃないけど言いたい事がある』場合の対処法

子どもから小学校での話を聞いて納得できない!教師に言いたい事...

教えます!子供の予防接種を受けないという選択についての考え方

子供が生まれて数ヶ月経つと、いくつもの予防接種を受けなければ...

子供の友達が遊びに来る…迷惑なときの対処法


子供が大きくなるにつれて、友達同士で遊ぶようにな...

『子供が保育園で寂しい思いをしているかも』感じているママへの解決法はこれ!


保育園に子供をあずけて働くママが増えてきましたね...

中学生の子どもが反抗期でゲーム三昧・・解決策はこれ!

小さい頃はあんなに「お母さん、お母さん」とくっついてきていた...

子どもが勉強できないのは親として心配な時の、対処法はこれ!

学校の宿題をする子どもを見ていて、

「子供の足が大きいと背が伸びる説」を実証しよう


「足が大きいと背が伸びる」ということは昔から言わ...

大好き切干し大根!栄養豊富だけど糖質が気になる方への解決法はこれ!

小さい頃は苦手だったけれど、大人になるのつれて切干し大根の美...

子供の将来が不安で仕方がない!そんなご両親への解決策はこれ!

子供の事を心配するのは親にとって当たり前だと思います。 <...

子供の言葉が遅いから障害が心配になるご両親への解決策はこれ!

子供が生まれると親は心配が多くなります。
...

子供が言葉を話すのはいつから?遅い場合はどうすべきか不安な時の対処法はこれ!


わが子が初めて言葉を話した日は、親として一生忘れ...

子供の喧嘩!親はまず見守ることから!対処法はこれ!


子供の喧嘩に親が口を出すのはいかがなものか。 ...

子供の2人目問題!経済的に諦めてしまう夫婦の事情についての考え方はこれ!


最近の夫婦は「子供は1人だけ」と決めてしまうこと...

スポンサーリンク


高校のテストを寝坊して休むと一体どうなるの?

「どうしよう!?」

ハッと起きて時計を見たら…テストが終わった時間だった…。

こんな経験なんてないかも知れないけど、人間誰しも失敗してしまうことはあるんです。

それが例え高校のテスト当日だとしても…。

高校のテストというのは中学とは違い、成績はもちろんのこと進級や卒業にも影響します。

病気でやむを得ず休んでしまうのは仕方がないかも知れません。

しかしテストを受けないとどうなってしまうのかが気になるところ。

しかもうっかりと寝坊をしてしまった場合は「サボり」と思われるでしょう。

連絡なしで休んでしまった場合のこれからはどうすべきなのか…と悩むことでしょう。

先生と親に正直に言うべきか、隠し通して何とかなるものなのか。

今回は「高校のテストを休んだ時の挽回方法」についてまとめていきます。

挽回方法もある!高校のテストを休むとこうなる

「もう終わった…」と心底落ち込んでいる人はこれから教えることを行ってみてください。

寝坊してしまったことはもう過ぎたことであり、故意にサボったわけではありません。

この場合はやはり、担任の先生に正直に話すべきです。

そしてどうしたらいいのかを相談しましょう。

先生も厳しいことは言ってくるでしょうけど、反省していることがわかれば挽回できる方法を考えてくれるはず。

学校によってはこういった場合を踏まえて対処法が決まっていたりします。

ある学校では寝坊の場合は0点になり追試もありませんが、その後の授業態度や小テスト、ノートの提出など全体を見て評価をするそうです。

評価というものは中間テストだけでなく期末テストや学年末試験などを含めて付けるものなので、今後いかに努力をして挽回するかが重要です。

寝坊をしてしまったことを先生や親にも打ち明けて、期末テストで挽回を果たすという約束をすべきでしょう。

テストを休むと高校によっては「平均点」が与えられることもある

高校のテストを計画的に休もうとする人もいます。

それは「見込み点」を獲得するために休むということ。

学校によってはテストを休むと、定期テストの平均点を付けて対応することもあるとか。

この場合、苦手な教科は休んでしまった方が平均点をもらえてお得なんじゃないか?と考える人が出てきます。

平均点よりも答えられる自信がないと誰でもこんな考えが浮かんでしまいますよね。

しかしテストを休むということは教師に悪い印象しか与えません。

場合によっては医師の診断書を提出させる学校もあるようです。

本当に病気にかかった場合は仕方ありませんが、そうでないのならやはり受けるべきです。

今後大学へ進学したいのなら目先の点数ではなく総合的によい評価を獲得しなければなりません。

テストを休むと平均点がもらえる、という学校はそもそも少ないので一般的な学校の生徒は休むなんてことは考えてはいけません。

高校3年間のうちに獲得する「単位」の取得方法

高校を卒業するためには「単位」を獲得しなければなりません。

これは大学に行っても同じです。

単位というものはテストの成績だけでもらえるものではなく授業への出席日数も重要となっています。

・卒業するための単位の獲得方法

35時間行われる教科(週1度1年間行われる場合)なら2/3または3/4以上の出席日数と定期テストの点数が一定基準を超えている場合に1単位の獲得となります。

ほかの教科についてもこのような基準が設けてあります。

そして進級をして3年間のうちに74単位を獲得することで卒業が認められます。

一般的な高校なら1年間に30単位、3年間で90単位が取得できるでしょう。

定期テストの一定基準というのはいわゆる「赤点」のことで学校によって点数の違いがあります。

赤点を取った場合は追試を行いその結果によって評価がされます。

高校を留年してしまった場合の卒業を目指す別の道

もしも高校を留年してしまったら…。

あまり考えたくないでしょうけど単位が取れずに留年をしてしまうこともあります。

留年するということはもう一度同じ内容の授業を受けることであり、ひとつ年下の人たちと生活を送ることでもあります。

これは非常につらいことであり、卒業のために我慢をするのはなかなか大変です。

それでも耐え抜ける精神力があれば頑張りましょう。

「どうしても無理」だと思うのであれば定時制や通信制などへ転校してしまうのもひとつの道です。

留年してしまった多くの高校生はこのような方法を取って卒業を目指しています。

中には退学をしてしまう人もいますがこれは非常に勿体ないことです。

今まで取ってきた単位を使って卒業を目指した方が、その後の就職や進学に有利になります。

諦めずに何とか通える方法を模索すべきだと思います。

あとから後悔してしまわぬよう、高校卒業を目指しましょう。

 - ライフハック, 勉強, 学校生活

ページ
上部へ