知っとく.com

クレジットカード番号を知られる危険性とフィッシング詐欺

   

クレジットカード番号を知られる危険性とフィッシング詐欺

ネットショッピングを頻繫に行う人はいま一度クレジットカードの情報漏えい対策について確認をしましょう。

最近では巧妙に作られた「フィッシング詐欺サイト」での被害者が続出しています。

クレジットカード番号を知られる危険性や万が一の場合の対策をまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

大学に進学!進路の決め方はどうするべきか

高校から大学に進学しようと決めたけれど、どの大学へ行きどの学...

洗濯機への洗剤の入れ方をもう一度見直そう

主婦であれば洗濯は毎日の事でしょう。
日に二度...

小学5年生が社会のテストで成績アップする勉強法


小学5年生にもなると社会の内容が難しくなってきま...

鼻が低いか確かめる基準とチェック方法


メガネをかけてもすぐに落ちてしまうのは鼻が低いの...

新築物件の登記手続きと住所変更にまつわる費用など


住宅ローンを組み家を新築で建てると、引っ越しをす...

金魚の病気のひとつ目が飛び出す「ポップアイ」について


飼っている金魚の目がなんだか飛び出して見えるのは...

顔から黄色い汁が出るその原因は「ステロイド」かも


皮膚から黄色い汁が出るような症状が出ると、想像を...

外国人が日本語を話すだけでなごむ!エピソード


「コンニチワ」「アリガトゴザイマース」などと外国...

11月にキャンプに行く!テントで寝るのは寒そうだよね!

キャンプに行きたい!と思うのはどんな季節ですか?

「家を新築にすると不幸になる」って本当?その理由とは


「家を建てると不幸になる」という言葉を聞いたこと...

胃カメラの検査を受ける適正な期間とは


健康を保つためには定期的な健康診断を行うことが大...

マネージャーは部活でどんな役割なの?これから高校進学する人へ


高校へ行ったらマネージャーになりたい!と考える人...

バイクのマフラーをピカピカに磨きたい!おすすめの道具とコツ


焼け付いたバイクのマフラーをピカピカな新品のよう...

ニューヨーク観光をするための費用と安く行く方法


ニューヨークにはマンハッタンや自由の女神、摩天楼...

スポンサーリンク


紛失や盗難によりクレジットカード番号を知られるのは危険!

クレジットカードが紛失していることに気付いたらすぐにコールセンターへ電話をします。

そのまま放置してしまうと不正利用されてしまう恐れがあります。

カード番号を知られることで勝手に使われてしまうので気付いたらすぐに手続きを行ってください。

クレジットカード会社のコールセンターは年中無休、24時間体制で営業を行っています。

盗まれた可能性がある場合もここへ電話をしなくてはいけません。

この電話はクレジットカード名義の本人が行うことになっています。

コールセンターに電話をするとオペレーターから本人確認のために住所と生年月日を聞かれます。

カード番号が分からない場合はカード会社からの請求書を用意しておくといいです。

ここに記載されているお客様番号やコードなどを伝えることができれば手続きがスムーズに行えます。

外出先で紛失した場合はそのように伝えれば大丈夫です。

まず、紛失や盗難あった場合は次の内容を伝えなくてはなりません。

・カードを紛失または盗難に遭った日時や場所

・カードと一緒に盗まれたもの

・カードの最終利用日

・カード裏面のサインの有無

これについて質問されるので覚えている範囲で答えます。

これによりカードの利用停止手続きが行われます。

それによってカードは使えなくなるので不正利用ができなくなります。

この手続きが済んだらカードの再発行を行うことになります。

そのまま電話で手続きができる場合と郵送じゃないと対応できない場合があるので、予め確認をしておきましょう。

新しいクレジットカードが届くまではおよそ1~3週間かかります。

また再発行手数料が必要な場合もあります。

手数料の相場は1,000円程度でしょう。

情報漏えいしたら!クレジットカード番号を知られる

最近では個人情報漏えいのニュースが続いています。

個人情報の中には住所や勤務先や家族の情報など知られると困る内容ばかりです。

ネットショップを利用する際にクレジットカード番号を記入する時は、情報管理がどのように行われているのかを確認をしましょう。

信用ができないと感じた場合はクレジットカードではなく違う方法で買い物をするようにしましょう。

クレジットカードには使用期限やセキュリティコードなどが書かれていますが、これら全てが流出してしまった場合は簡単に不正利用されてしまいます。

またカード番号だけでも使われてしまう恐れがあるので、万が一情報漏れをした可能性があった場合はクレジットカード会社へ電話をしましょう。

早期にカード番号を変更することで不正利用から防ぐことができます。

「フィッシング詐欺」の手口と個人情報を知られる危険性

・フィッシング詐欺の手口とは?

近年問題になっているのが「フィッシング詐欺」です。

ネット上で使われる詐欺の手口ですが、どのような手法で行われているのかいま一度確認をしましょう。

ある手法は、有名ショッピングサイトとほぼ同じようなサイトを作成して個人情報を盗み取っています。

詐欺に遭った人は「見分けが付かないので気付かなかった」と言うほど巧妙なサイトとなっており、つい油断をしてしまうほどの仕上がり。

いつものように買い物をするためクレジットカード番号や氏名や電話番号を記入してしまい、さらに暗証番号まで入力させるものまであります。

また偽装メールで誘導を行うこともあり、詐欺かどうかを判断をしなくてはいけません。

よくあるショッピングサイトだと信じてしまうことは大変危険です。

・フィッシング詐欺の意味

「sophisticated(洗練されているという意味)」が語源であり、ある時から「phishing」(フィッシング)とつづられるようになりました。

洗練されていると言われるほど巧妙にできているという意味なので、利用する人の判断力が問われています。

・詐欺メールにご注意を

このようなフィッシング詐欺の多くは偽装メールが入り口となっていることが多いです。

大手ショッピングサイトを名乗ったメールを受け取った人がうっかり利用してしまうことで詐欺が成立してしまいます。

・詐欺サイトと判断をする基準

大手ショッピングサイトでは「SSL」と呼ばれるセキュリティ対策を行っています。

また2重パスワードを使うこともあり、このようなシステムが備われていないサイトは疑うべきでしょう。

あとは自己判断で利用するしかありません。

SNSやアプリで個人情報が知られる危険性がある

スマホの普及によって個人情報が流出する機会が増えてしまいました。

アプリやSNSを利用する際にメールアドレスや電話番号の入力を求められることがありますが、不正利用されないかいま一度確認をすべきです。

本当に必要な場合以外はむやみやたらと個人情報を載せるべきではありません。

とくにSNSは不特定多数の人が利用をしており、何気なくアップした写真1枚で個人が特定されてしまう危険があります。

利用をする場合はそういった危険に遭わないためにも、特定できる何かが写っていないかどうかを確認すべきです。

 - クレジットカード

ページ
上部へ