知っとく.com

学校に行きたくない高校3年生へ。悩んだ時の解決策はこれ!

      2017/09/28

学校に行きたくない高校3年生へ。悩んだ時の解決策はこれ!

「学校に行きたくない…」そう思ってしまった経験は誰にでもあります。

しかしそれが高校3年生であり、何日も続いてしまうと色々な不安が襲ってきます。

この状態から抜け出すにはどうすべきなのかを考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


学校へ行きたくない高校3年生へ

高校3年生という頃は、これからの進路や将来について非常に重大な悩みを抱える時期ですね。

高校を卒業したら大学や専門学校へ行く人やすぐに就職をする人もいます。

学生でいられるのがこれで最後かも知れません。

高校生活としてはこれが本当に終わりを迎えることになり、クラスメイトや友達とも離れてしまいます。

このような大切な時期を迎えてとてもナイーブな気持ちになり、色々なことに悩み過ぎてしまう学生はとても多いです。

しかしそんな中、学校へすら行けなくなってしまう人もいるのです。

学校へ行きたくないと訴える学生は一体何があったのでしょうか。

将来の不安だけという問題ではないと思いますが、高校3年生という時期を休んでしまうとこの後がやはり気になってしまいます。

出席日数が足りないと卒業への影響が出てしまいます。

おそらく周りからは「卒業するまで頑張れ」「つらくても学校へ行くべき」と言われていると思います。

それでも学校へ行きたくない理由があるのでしょう。

その理由は何ですか?

このまま休んでしまうと本当に卒業ができなくなりますが本当にそれでもいいのでしょうか?

何も考えたくないかも知れませんが今後の人生に大きく影響をすることです。

ここで1度よく考えてみるべきです。

学校へ行きたくない理由とは?高校3年生なら出席日数を計算してみよう

高校を登校拒否してしまう生徒は実はとてもたくさんいます。

それは今に始まったことではなく昔からあるものです。

しかし学校を休む理由はその人それぞれで、中には本当に具合が悪いという生徒もいます。

ただよくあるのが「何となく行きたくなかった」「面倒くさい」「つまらない」という理由です。

この場合、おそらく親御さんが辛い思いをしているでしょう。

ちゃんとした理由もないまま学校へ行かないというのは不安にさせてしまいます。

本当の理由があるのであればちゃんと伝えるべきです。

高校3年生になってますます学校へ行きたくなくなってしまった生徒に「頑張って毎日行け」と言っても難しいものでしょう。

高校というものは義務教育ではなく、卒業をするために必要な出席日数が決まっています。

今の時点での出席日数を担任の先生に聞いてみましょう。

足りない日数は何日ですか?

もしかするともう足りているのかも知れません。

どうしても学校へ行きたくない理由があるのであれば、無理をして行かなくてもいいでしょう。

こんな言い方はよくないかも知れませんが「卒業をしてしまえばいい」と気持ちを切り替えてみるのもひとつの手です。

学校は卒業さえすればいい!行きたくない高校3年生へ

高校3年生になったけど学校へ行きたくない、もう退学してしまいたいほどつらいという人もいるでしょう。

学校へ行きたくない理由の多くが「クラスメイトと馴染めない」「友達がいない」ということです。

でも学校のクラスメイトをよく見てください。

みんながみんな友達といるということではありません。

中には1人で黙々と勉強をしたり1人でお昼ご飯を食べている人もいるんです。

その人はつらくないのか?と考えたことはあるでしょうか。

おそらくその人も学校に対して面白みなどないでしょう。

しかし「卒業をするため」に淡々と日々を過ごしているのではないでしょうか。

学校は友達と過ごすためのものではなく「勉強をする場所」として考えてみてはどうでしょう。

誰も話しかけてくれない…と嘆いてばかりいてはますます敬遠されてしまいます。

卒業することだけに目を向けていれば周りの目は気にならないものです。

学校に行きたくないなら「1日1限から始める」

学校へ行きたくない人の多くは「学校が楽しい場所じゃない」からです。

「何となく行きたくない」と一度休んでしまうとついついそれが長引いてしまい、不登校となってしまうもの。

それでもやっぱり学校は行かなくてはいけないと思ったり、その生活から抜け出したいと思うのならこう考えてみてはいかがでしょうか。

・好きな授業だけ行ってみる

1日1度くらいは学校へ顔を出すくらいの気持ちで考えてみましょう。

先生としては1限から出てほしいと言うでしょうけど、全く学校へ行っていない人にとってはそれが苦痛なんですよね。

それなら1日1時間から始めてみましょう。

つらければ早退したり、保健室で休憩をさせてもらってもいいのではないでしょうか。

少しずつ学校にいる時間が長くなれば大きな成果が得られます。

そんな中話せる友達が1人でもできれば今までつらかった日々が何だったのか?と思えるでしょう。

学校を不登校になる理由は本人にもわからないもの

高校3年生なのに学校へ行けないというのは本人も家族もつらい思いをします。

不登校になってしまう本当の理由は本人でもよくわからないものです。

「何となく…」と親は言われてしまうと心配どころか怒る人もいるでしょう。

ただ、学校に行けないという状態は心が疲れているということ。

不安でいっぱいになる理由は色々あるでしょうけど、まずは心を休ませてみましょう。

高校3年生であれば将来のことも不安になると思いますが、まずは心身ともに健康になることが肝心です。

健康になれば気持ちも変わります。

そこからやり直しても何とかなるものです。

ぜひ前を向いてみてください。

 - 子育て

ページ
上部へ