知っとく.com

小学5年生が社会のテストで成績アップする勉強法は、これだ!

      2017/09/28

小学5年生が社会のテストで成績アップする勉強法は、これだ!

小学5年生にもなると社会の内容が難しくなってきます。

お子さまがテストで良い点数が取れずに悩んでいる方は勉強法を見直しましょう。

地理が苦手な子も楽しく覚えられコツをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


小学5年生の社会のテストでミスが多い場合の対策

小学校5年生になると社会のテスト内容が難しくなってきます。

これから中学生になるための準備段階として基本的な内容ばかりですが小学生にとっては難しいものばかり。

少々大変な勉強となってきます。

そのため社会のテストの点数が著しく低くなってしまうという子供が少なくはありません。

テスト勉強のために問題集を使う子供もいますがなかなか成果が出ない場合はどうするべきでしょうか。

点数が低い場合はまず次の確認をしてみましょう。

・資料の読み取りの問題を間違えているか?

・用語が覚えられないのか?

・漢字や答え方のミスなのか?

このようにテストを分析を行うことで次のテストへの対策を練ることができます。

小学生時代のテストの点数は落ち込むほど気にすることはありませんが、改善を行わないと中学生になってからも同じようなミスをしてしまうでしょう。

今のうちからテストに対する勉強方法を覚えていくことが大切です。

5年生の社会のテスト勉強方法!地理の覚え方

社会というものは正確な暗記が必要であり、覚えられればテストの点数も低くはならないでしょう。

しかし社会の中でも地理の場合は難しさが増してしまいます。

地理の場合は二次元の地理情報に対して山・川・平地などの情報にさらに農業・二次産業・三次産業の情報を覚えていくことになります。

授業の進め方はまず、基本となる北は北海道南は沖縄まで順に覚えていきます。

それから農業についての特徴や産地などの情報を地域ごとに覚えていきます。

二次産業も同様に自動車や鉄鋼などの立地条件や統計情報を学んだうえで地域毎に工業地帯を確認していくという流れになっています。

とにかく覚えていくことが肝心ですが、地域ごとの農産物と二次産業をまとめていくことで覚えやすくなります。

一度覚えてしまえばテスト勉強では再確認をするために行いましょう。

何度も反復を行うことが大切です。

小学5年から使える社会などのテストに役立つ参考書

中学受験を目指すお子さまにおすすめの参考書をご紹介していきます。

どれも小学5年生ごろから使える内容のものです。

社会以外の教科のものもご一緒におすすめします。

・理科・社会:「くわしいシリーズ」(中学生用)

中学生用ですが高校受験を見据えて勉強したい方へおすすめです。

先取り学習をすれば受験の時に有利になります。

・算数:「小学算数事典」

「小学生用」ですが本書と同様の問題が某私立高校で出題されました。

大人でも唸る内容なので持っておきたい1冊です。

・国語:「例解小学国語辞典」「青い鳥文庫」

「例解小学国語辞典」は全ての漢字にふり仮名がふってあるため小学1年生から使うことができます。

国語辞典は百科事典としても使えるので、理科と社会の勉強にもなります。

国語力を上げることは勉強の質全体の向上につながります。

・英語も勉強をしてみよう

先を見越して英語も勉強しておくといいでしょう。

最近では「リスニング」や「ライティング」が重視されているようです。

公立入試の英語の出題内容が難しくなっています。

高校受験はまだまだ先ですが、勉強をするのであれば内容の充実した参考書を用意しましょう。

5年生の勉強の悩み!質問と答え

子供の勉強についての悩みは親として絶えないものです。

こんな時はどうしたらいい?という疑問について答えてみました。

Q.「宿題をしない子に対して親はなんと言うべき?」

A.『教えてあげようか』と言う。

これは小学高学年くらいの子供に有効的で、子供はちょっと上から目線で言われると反発をして勉強を始めるものです。

「勉強しなさい」と命令するよりはこちらのほうがいいですね。

Q.「理科や社会が苦手な子のやる気を上げるには? 」

A.『地域のイベントに参加させる』

理科や社会が苦手な子供の多くは家で遊ぶことがすきな子です。

できるだけ外で遊ばせることや地域のイベントやお祭りに参加させることで興味を持つようになります。

Q.「国語が苦手な子のやる気を上げるには?」

A.『算数の文章題をやらせる』

国語力を上げようとして国語の文章問題を与えてしまうとますます嫌になるでしょう。

それよりも算数の文章問題を解かせると「なんでこのような式になったのか?」「なんで答えがこうなったの?」などと考えたり話すことで国語力アップにつながります。

Q.「読書嫌いな子を読書するようにするには?」

A.『親のおすすめの漫画を家に置く』

文字を読むことが苦手なら漫画でもいいんです。

活字に触れさせることで文章にも慣れていきます。

親子でやってみよう!社会の地理を楽しく覚える方法

社会の中でも地理が苦手な子はたくさんいます。

この場合はまず子供に日本地図への興味を持たせることが重要です。

それから地図を見ながら覚えていきましょう。

ただ順番に覚えようとしても難しいので親子でクイズを出し合うと楽しく覚えられます。

「お風呂でどっちがたくさん県を言えるか競争しよう。」

「しりとりみたいに知っている県を交互に言っていって、答えられなくなったら負け。」

などと提案してみてはいかがでしょうか。

 - 子育て

ページ
上部へ