知っとく.com

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由、教えます!

      2017/09/28

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由、教えます!

お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝なくなるって本当でしょうか。

赤ちゃんの睡眠とカフェインの関係性についてまとめてみました。

また、お母さんにおすすめの摂取方法もご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないって本当?

授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝なくなるというのは本当でしょうか。

妊娠中や授乳中のお母さんはカフェイン摂取を控えなくてはいけませんが、1日3杯ほどなら大丈夫とも言われています。

それなら…と授乳中に飲んでしまうことはいけないことなのでしょうか。

もし寝なくなるのならその理由は何でしょうか?

赤ちゃんとカフェインの関係性についてまとめていきたいと思います。

コーヒーが原因で赤ちゃんは寝ない理由

授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ない、それは本当です。

お母さんがカフェインを取ると母乳の中にカフェインが移行します。

この「カフェイン入り母乳」は、赤ちゃんにカフェインを与えることになってしまいます。

この母乳を飲んだ赤ちゃんはどうなるのか?と言えば、興奮したり寝なくなったりします。

しかしこれについては個人差があります。

授乳中にコーヒーを飲んだら「普段と違って、赤ちゃんの寝つきが悪くなった」「機嫌が悪くなった」と言うお母さんもいれば、「普段通り」「とくに変わりはない」と言う人もいます。

この違いについてはカフェインの摂取量の差も考えられます。

授乳中にひと口飲んだ場合と1杯飲んだ場合では違いが出るでしょう。

また体が敏感な赤ちゃんの場合はほんのひと口だけでも興奮してしまう子もいます。

コーヒーで赤ちゃんが寝ない理由やSIDSの危険性

不機嫌になりやすい

カフェインを摂取すると脳を刺激が与えられて眠気や疲労を感じにくくなります。

その一方で摂取する量が多いと刺激が強すぎて、興奮状態から不安感やイライラを引き起こす作用もあります。

赤ちゃんがカフェインの影響を受けると情緒不安定になって機嫌が悪くなったり、感情の起伏が激しくなってしまいます。

「いつもよりぐずぐず泣いている」と感じた時はコーヒーなどを控えたほうがいいですね。

寝つきが悪くなる

目覚ましにコーヒーを飲む人がいると思いますがこれはカフェインによる覚醒作用が働くからです。

授乳中にコーヒーを飲むとやはり赤ちゃんも寝つきが悪くなるでしょう。

赤ちゃんが寝ない上に夜泣きを起こしてしまうとお母さんも大変です。

カフェインの影響だと感じたら気をつけてください。

興奮する

赤ちゃんがカフェインの影響を受けると寝ないだけではなく、なんだか落ち着かない状態になります。

これが続くと赤ちゃんへの体の負担が大きくなるので注意が必要です。

乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクが高くなる

赤ちゃんが眠っている間に突然亡くなってしまう乳幼児突然死症候群(SIDS)は、はっきりとした原因はわかりません。

ただ両親の喫煙やカフェインの摂取によって発症率が高くなることが分かっています。

このような危険性があるので赤ちゃんが過ごす環境やカフェインに対する心がけを見直しましょう。

授乳中でも安心して飲めるコーヒー

授乳中のお母さんでもコーヒーや紅茶を飲んでリラックスしたいですよね。

それなら授乳直後に飲まれるのが良いでしょう。

カフェインを摂取すると母乳には15~30分でピークとなり、1~2時間後にはその大半が母乳に移行すると言われています。

その量が半分になるのはおよそ5時間後なので、授乳の間隔や時間を考えて飲むといいですね。

・どうしても飲みたい場合

時間の間隔を空けても赤ちゃんがぐずってしまう場合は、カフェイン摂取量を減らさなくてはなりません。

しかし我慢をするとお母さんのストレスが溜まってしまいます。

それならノンカフェインの紅茶やコーヒーに切り替えましょう。

最近では「デカフェ」などという名前でもお母さんでも安心して飲めるものが増えています。

あとはハーブティーもおすすめです。

赤ちゃんが夜泣きをする原因と対策

「赤ちゃんが寝ない」という悩みはお母さんにとって大きな悩みですね。

なぜ寝ないのか、その理由を探ってみるのも解決策のひとつです。

・昼寝し過ぎた

いつもより長くお昼寝をした場合は夜眠れなくなりがちです。

静かで楽だからと起こさずにいると夜つらくなってしまいます。

・運動不足

昼間はお日様の光を浴びて元気に遊ばせましょう。

そうすると心地よい疲れが出て夜寝つきがよくなります。

・嫌なことがあった時

赤ちゃんなりにストレスを抱えていると夜泣きとして訴えることがあります。

「お友達に叩かれた」「お兄ちゃんがいじめた」など、何らかのイライラがあるのかも知れません。

1人の人として赤ちゃんの言うことを聞いてあげてみましょう。

自分の気持ちが伝わったと感じると安心して寝ることもあります。

・寝る前にテレビを見た

テレビは強い光を与えるので寝る前に見てしまうと脳を覚醒させます。

眠る前の30分~1時間はテレビを消して薄暗い環境で静かに子守唄や本読みなどの儀式を行うと入眠リズムが刻まれます。

 - 子育て

ページ
上部へ