知っとく.com

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方が良いのか、教えます!

      2017/09/28

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方が良いのか、教えます!

プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたいと思ってもなかなか上手くいかないですよね。

とくに左腕をカッコよく伸ばすことができずに悩んでいませんか?

正しいゴルフスイングと左腕の使い方について解説していきます。

伸ばさなくてはいけないと思っている方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

夢を思い出す「よくない内容」を見た時の対処法


何かに追いかけられたような…寝ている間にそんな夢...

no image
夜になると体重が1㎏増加!ダイエット成功のカギは「むくみ」対策はこれだ!


朝起きた時の体重と、夜寝る前の体重はおよそ1㎏増...

【夜勤労働】寿命が縮むリスクとDNAを修復する食べ物


社会問題にもなっていますが、今の世の中には夜中も...

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応


子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です...

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

スポンサーリンク


ゴルフの正しいスイングとは?左腕の使い方がわからない

なかなかゴルフスコアが伸びない人は自分なりにスイングの見直しを行うと思います。

プロのスイングと自分のスイングを見比べると気付くのが左腕の伸び方が違うということではないでしょうか。

とくにプロのスイングは左腕がぴんと伸びていますよね。

このスイングを真似しようとしてもなかなか上手くいかないんですよね。

左腕に重点を置き、右手を伸ばして引っ張り上げるようにするとそのような形にはなるけれど、それが正しいのかわからず。

もしかしてこの方法ではいけないのではないか、などこのようにスイングの正しいフォームがわからなくなった人へ。

左腕の使い方をいま一度確認し、飛距離アップを目指しましょう。

ゴルフスイングでの左腕の使い方

プロゴルファーのスイングを見るとトップで左腕がピンと伸びていますよね。

やはりそのように伸ばす必要があるのかと真似しようとしてもなかなか上手くはいきません。

理想としてはやはりトップで腕は真っ直ぐに伸びていた方がいいです。

スイングは左肩を中心に左腕の描く円弧が基本です。

ですので腕は曲げず真っ直ぐ伸ばしておいた方がシンプルで分かりやすいでしょう。

ただ上手くいかない場合は多少曲がっていても構いません。

プロゴルファーでも曲がっている人はたくさんいます。

どうしてもトップの腕の伸びは気になると思いますが意識をして作らなくても大丈夫です。

ただしっかりとテイクバックを行えていればいいのですが、肩が回らない状態で抱えるようにしている場合は注意が必要です。

これはダウンスイングに下半身が入っても腕がスムーズに下りてこないからです。

肩をしっかり回すことでテイクバックが上手くいきます。

さらに下半身を左に踏み込めば腕は自然に降りていき、そこから腕をリリースして左に腰を回す。

これでスイングが完成します。

ゴルフスイングを上達させるコツ!左腕を無理に伸ばさない

左腕は無理に伸ばす必要はなく、自分なりのスイングができた方がいいです。

ここでは左肘を曲げた状態でのスイングについて解説してみます。

・左肘を軽く曲げたスイング

左腕を伸ばすのが無理であれば肘を曲げて打ちましょう。

無理に伸ばすことで腕が先導してしまい手が体から離れるようなスイングになってしまいます。

かえって方向性が悪くなるので無理に伸ばすことはしない方がいいですね。

・左肘を曲げることのメリット

左腕を伸ばすことに意識を集中してしまうとフェーススクエアエリアが狭くなってしまいます。

フェーススクエアエリアを広く取るためには左肘は曲げた方がいいんです。

曲げる…というよりも力を抜くことを意識してみましょう。

ここで気を付けるべきことは左肘を後ろに引くのではなく回転方向へ「逃す」ということです。

後ろへ引いてしまうと右肘が伸びなくなってしまいます。

よって左肘は軽く曲げることでフェーススクエアエリアを広く取るメリットが生まれます。

ゴルフスイングの重大ポイント「腰と肩の動き」

プロゴルファーのような左腕を伸ばしたスイングにしたいと思っていてもなかなか上手くいかないもの。

無理に伸ばさない方がいいとは言えスイング全体の見直しをしないと改善しないままです。

その原因をまとめてみます。

・腰がしっかり回っていない

左腕が不自然な感じになるほとんどの場合が腰が回っていないことが多いです。

これによりクラブが思うように上がらず、無理に左腕を上げるようになってしまいます。

・肩が正確に回っていない

腰と同様に肩の回り方も見直してみましょう。

肩が回っていないと腕の力だけでクラブを上げてしまう癖が付いてしまいます。

腰と肩はアドレスからトップまでは連動をさせ、トップからインパクトまでは別の動作となります。

スイングを上達させる「片手打ち」の練習方法

左腕の使い方がいまいちわからない人は「片手打ち」をやってみましょう。

これはゴルフ初心者の人からプロの人まで広く取り入れられる練習方法です。

左手だけでフルスイングをすることでイメージと腕や肘の使い方が分かります。

ただ、右利きの人にとって左手だけでスイングさせるのは少々きつい練習です。

行う場合はポイントを絞って練習を行いましょう。

・手先だけでスイングさせない

・全身を使ってスイングをする

・中指、薬指、小指の3本でしっかりと握る

・親指、人差し指には力を入れない

・インパクト後に手の甲を折らないようにする

・最後まで振り切る

このようなポイントを抑えながら実際に行ってみましょう。

最初はボールを打たずにスイングのみを行います。

慣れてきたら実際にボールを打ってみましょう。

最初から飛ばす必要はなく軽く打てればOKです。

スムーズなスイングができるようになったら子のチェックを行います。

フォロースルーの時に右手がグリップに届くかどうか見ましょう。

もし届かなければ改善をしてください。

 - ライフハック

ページ
上部へ