知っとく.com

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方が良いのか、教えます!

      2017/09/20

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方が良いのか、教えます!

プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたいと思ってもなかなか上手くいかないですよね。

とくに左腕をカッコよく伸ばすことができずに悩んでいませんか?

正しいゴルフスイングと左腕の使い方について解説していきます。

伸ばさなくてはいけないと思っている方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

石鹸洗濯したいけど、臭いが気になるアナタへの解決策はこれ!


環境やエコに関心の高い人が増えてきました。 <...

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!


「勉強嫌い!」とわが子に言われてしまった…そんな...

子どもが小学校高学年になって、友達との関わり方が気になるママへの対処法!

子どもがどんな友達を遊んでいるのか、親としては気になるところ...

小学校の教師に『苦情じゃないけど言いたい事がある』場合の対処法

子どもから小学校での話を聞いて納得できない!教師に言いたい事...

教えます!子供の予防接種を受けないという選択についての考え方

子供が生まれて数ヶ月経つと、いくつもの予防接種を受けなければ...

迷惑な子供の友達が遊びに来るときの対処法


子供が大きくなるにつれて、友達同士で遊ぶようにな...

『子供が保育園で寂しい思いをしているかも』感じているママへの解決法はこれ!


保育園に子供をあずけて働くママが増えてきましたね...

中学生の子どもが反抗期でゲーム三昧・・解決策はこれ!

小さい頃はあんなに「お母さん、お母さん」とくっついてきていた...

子どもが勉強できないのは親として心配な時の、対処法はこれ!

学校の宿題をする子どもを見ていて、

「子供の足が大きいと背が伸びる説」を実証しよう


「足が大きいと背が伸びる」ということは昔から言わ...

大好き切干し大根!栄養豊富だけど糖質が気になる方への解決法はこれ!

小さい頃は苦手だったけれど、大人になるのつれて切干し大根の美...

子供の将来が不安で仕方がない!そんなご両親への解決策はこれ!

子供の事を心配するのは親にとって当たり前だと思います。 <...

子供の言葉が遅いから障害が心配になるご両親への解決策はこれ!

子供が生まれると親は心配が多くなります。
...

子供が言葉を話すのはいつから?遅い場合はどうすべきか不安な時の対処法はこれ!


わが子が初めて言葉を話した日は、親として一生忘れ...

子供の喧嘩!親はまず見守ることから!対処法はこれ!


子供の喧嘩に親が口を出すのはいかがなものか。 ...

子供の2人目問題!経済的に諦めてしまう夫婦の事情についての考え方はこれ!


最近の夫婦は「子供は1人だけ」と決めてしまうこと...

no image
子供の教育に、DVDを見せすぎてはいけないのか、解決策はこれ!


子供が喜ぶテレビやDVDをついつい見せてしまう人...

高校女子は友達との付き合い方が難しい。解決策はこれ!

小学校から中学校へ上がるときは知っている友達も多いですが ...

捨てないで!紅茶の茶葉のすごい使い道、教えます!


飲み終わった紅茶の茶葉や余ってしまったティーバッ...

公立保育園のメリットとは?私立保育園との違いはこれ!


働くお母さんにとって欠かせない存在なのが保育園で...

スポンサーリンク


ゴルフの正しいスイングとは?左腕の使い方がわからない

なかなかゴルフスコアが伸びない人は自分なりにスイングの見直しを行うと思います。

プロのスイングと自分のスイングを見比べると気付くのが左腕の伸び方が違うということではないでしょうか。

とくにプロのスイングは左腕がぴんと伸びていますよね。

このスイングを真似しようとしてもなかなか上手くいかないんですよね。

左腕に重点を置き、右手を伸ばして引っ張り上げるようにするとそのような形にはなるけれど、それが正しいのかわからず。

もしかしてこの方法ではいけないのではないか、などこのようにスイングの正しいフォームがわからなくなった人へ。

左腕の使い方をいま一度確認し、飛距離アップを目指しましょう。

ゴルフスイングでの左腕の使い方

プロゴルファーのスイングを見るとトップで左腕がピンと伸びていますよね。

やはりそのように伸ばす必要があるのかと真似しようとしてもなかなか上手くはいきません。

理想としてはやはりトップで腕は真っ直ぐに伸びていた方がいいです。

スイングは左肩を中心に左腕の描く円弧が基本です。

ですので腕は曲げず真っ直ぐ伸ばしておいた方がシンプルで分かりやすいでしょう。

ただ上手くいかない場合は多少曲がっていても構いません。

プロゴルファーでも曲がっている人はたくさんいます。

どうしてもトップの腕の伸びは気になると思いますが意識をして作らなくても大丈夫です。

ただしっかりとテイクバックを行えていればいいのですが、肩が回らない状態で抱えるようにしている場合は注意が必要です。

これはダウンスイングに下半身が入っても腕がスムーズに下りてこないからです。

肩をしっかり回すことでテイクバックが上手くいきます。

さらに下半身を左に踏み込めば腕は自然に降りていき、そこから腕をリリースして左に腰を回す。

これでスイングが完成します。

ゴルフスイングを上達させるコツ!左腕を無理に伸ばさない

左腕は無理に伸ばす必要はなく、自分なりのスイングができた方がいいです。

ここでは左肘を曲げた状態でのスイングについて解説してみます。

・左肘を軽く曲げたスイング

左腕を伸ばすのが無理であれば肘を曲げて打ちましょう。

無理に伸ばすことで腕が先導してしまい手が体から離れるようなスイングになってしまいます。

かえって方向性が悪くなるので無理に伸ばすことはしない方がいいですね。

・左肘を曲げることのメリット

左腕を伸ばすことに意識を集中してしまうとフェーススクエアエリアが狭くなってしまいます。

フェーススクエアエリアを広く取るためには左肘は曲げた方がいいんです。

曲げる…というよりも力を抜くことを意識してみましょう。

ここで気を付けるべきことは左肘を後ろに引くのではなく回転方向へ「逃す」ということです。

後ろへ引いてしまうと右肘が伸びなくなってしまいます。

よって左肘は軽く曲げることでフェーススクエアエリアを広く取るメリットが生まれます。

ゴルフスイングの重大ポイント「腰と肩の動き」

プロゴルファーのような左腕を伸ばしたスイングにしたいと思っていてもなかなか上手くいかないもの。

無理に伸ばさない方がいいとは言えスイング全体の見直しをしないと改善しないままです。

その原因をまとめてみます。

・腰がしっかり回っていない

左腕が不自然な感じになるほとんどの場合が腰が回っていないことが多いです。

これによりクラブが思うように上がらず、無理に左腕を上げるようになってしまいます。

・肩が正確に回っていない

腰と同様に肩の回り方も見直してみましょう。

肩が回っていないと腕の力だけでクラブを上げてしまう癖が付いてしまいます。

腰と肩はアドレスからトップまでは連動をさせ、トップからインパクトまでは別の動作となります。

スイングを上達させる「片手打ち」の練習方法

左腕の使い方がいまいちわからない人は「片手打ち」をやってみましょう。

これはゴルフ初心者の人からプロの人まで広く取り入れられる練習方法です。

左手だけでフルスイングをすることでイメージと腕や肘の使い方が分かります。

ただ、右利きの人にとって左手だけでスイングさせるのは少々きつい練習です。

行う場合はポイントを絞って練習を行いましょう。

・手先だけでスイングさせない

・全身を使ってスイングをする

・中指、薬指、小指の3本でしっかりと握る

・親指、人差し指には力を入れない

・インパクト後に手の甲を折らないようにする

・最後まで振り切る

このようなポイントを抑えながら実際に行ってみましょう。

最初はボールを打たずにスイングのみを行います。

慣れてきたら実際にボールを打ってみましょう。

最初から飛ばす必要はなく軽く打てればOKです。

スムーズなスイングができるようになったら子のチェックを行います。

フォロースルーの時に右手がグリップに届くかどうか見ましょう。

もし届かなければ改善をしてください。

 - ライフハック

ページ
上部へ