知っとく.com

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果について、教えます!

      2017/09/28

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果について、教えます!

体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいます。

また、肥満の原因にもなるのでダイエットをしたい人は進んでストレッチ体操を行いましょう。

簡単にできるストレッチ体操をご紹介します。

健康的な体を目指して続けてくださいね!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


体がを柔らかくする方法とは?ストレッチ体操をはじめよう

体が硬くなると肩こりや腰痛、足のむくみなどの症状が出ます。

運動不足により体が硬くなってしまうことが原因となっていますが、そのまま放っておくとますます悪化してしまいます。

また肥満の原因ともなってしまうので体がを柔らかくするストレッチ体操を行いましょう。

体が柔らかくすることで血行がよくるので続けることが大切です。

簡単に行える方法をご紹介しますのでぜひ習慣にしてみましょう。

簡単!ストレッチ体操の3つの方法

☆座ったままできるストレッチ体操

1.床に膝を立てて座る。

2.膝を力いっぱい両腕で抱える。そのまま5秒キープ。

3.床の上に膝立ちをする。

4.そのまま体を後ろに反らして両手を床につける。そのままキープ

膝立ちをする時は両膝を付けたまま行い、そのまま離さずにお尻に力を入れて行います。

☆寝た状態で行うストレッチ体操

1.床にうつ伏せに寝る。

2.両足首を掴み体を反らせる。そのまま5秒キープ。

弓なりに反っている状態を保ちお尻に力をいれます。

☆立った状態で行うストレッチ体操

1.床の上に立って両手を組み、なるべく上へと伸ばす。

2.さらに右上へと伸ばしてそのまま10秒キープ。

3.反対に左上へと伸ばして10秒キープ。

これを行うことで全身をほぐすことができます。

どれも簡単に行うことができるのでぜひ試してみてください。

ストレッチ体操をより効果的に行う方法

ストレッチ体操をより効果的に行うには1日のうちどのタイミングで行った方がいいのか、そのポイントをご紹介します。

☆運動や入浴後に行う

ストレッチ体操を行うベストタイミングは運動後や入浴後です。

筋肉も温まっており、血行も良くなっているので習慣的に行ってみましょう。

☆呼吸は止めない

ストレッチ体操を行っている時は自然な呼吸を繰り返します。

☆反動をつけない

無理な動きをして筋肉を傷めていけません。

反動をつけずにゆっくりとできる範囲で行いましょう。

☆1日1回、毎日続ける

早く柔らかくなりたい気持ちはわかりますが、続けなければ効果は出ません。

硬い人でも3週間続ければ前屈ができるようになります。

毎日コツコツと続けましょう。

体が固い原因とは?柔らかすぎて起こる症状

「体が固い原因」

なぜ体が硬いのか、または硬くなったその原因についてあげてみます。

心当たりがある点は改善をしましょう。

・筋肉の緊張

・運動不足

・骨格の歪みによる影響

・加齢によるもの

1番は運動不足により筋肉が固くなってしまったことです。

ただ筋肉の緊張は心的な要素からも起こるのでストレスにも注意をすべきです。

年齢を重ねるごとに、筋力が衰える事で体が固くなります。

「柔らかすぎることで起きるデメリット」

体は柔らかい方がいいように思えますが、逆にデメリットの面もあります。

とくに日本人女性は体が柔らかい傾向があり、
手を地面につけた時に猿腕(さるひじ)と言われる肘が外側に反ってしまう状態になる人もいます。

柔らかすぎることで体が歪みやすいという点もあります。

「ストレッチ体操の注意点」

・強い痛みを伴う動きはしない

・1日1回行う

・1つの体勢は数秒でやめる。それ以上は行わない。

大きな負荷をかけるほど無理に行ってはいけません。

逆に筋肉の緊張を高めてしまう可能性があります。

ストレッチ体操を続けることで得られる効果

ストレッチ体操を行うことで得られる効果をまとめていきます。

ぜひ毎日続けて行い健康維持を目指しましょう。

・基礎代謝のアップ

体が固い人は基礎代謝の低下や血行不良の心配があります。

ストレッチ体操を行うことは筋肉を動かして代謝をアップさせるだけでなく、筋肉のもつポンプ作用を利用して血行を改善させます。

血行不良が改善されるとダイエット効果もアップします。

・疲労回復効果

疲労物質がたまると体のあらゆる部位で症状が出てしまいます。

血行が改善されると全身の巡りが早くなるので疲労が早く回復するようになります。

・肩こりや腰痛の改善

肩こりや腰痛の原因となる筋肉の緊張をほぐすことで緩和させることができます。

筋肉や腱が伸びることで関節への負担を減らし、痛みの予防にもつながります。

・ケガの予防

柔軟性を高めることで体温だけではなく筋温もアップします。

筋温が十分に上がらない状態で運動を始めてしまうと、筋肉や関節を痛める原因ともなってしまいます。

運動前にストレッチ体操を行うことはケガの予防の意味もあるのです。

・心身の老化予防

運動不足にならないために、日常的にストレッチ体操を行いましょう。

心と身体をリラックスさせることが心身の老化予防にもつながります。

 - 健康

ページ
上部へ