知っとく.com

鼻で呼吸をすると変な音が鳴る原因と対処法

   

鼻で呼吸をすると変な音が鳴る原因と対処法

鼻で呼吸をすると「ピー」と変な音が出てしまったということはありませんか?

音が鳴る原因と解消をする方法をご紹介します。

普段行っている自分の呼吸は「口呼吸」か「鼻呼吸」か。

この機会に改めて考えてみましょう。

鼻呼吸にするだけでたくさんのメリットを得ることができますよ!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

石鹸洗濯したいけど、臭いが気になるアナタへの解決策はこれ!


環境やエコに関心の高い人が増えてきました。 <...

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!


「勉強嫌い!」とわが子に言われてしまった…そんな...

子どもが小学校高学年になって、友達との関わり方が気になるママへの対処法!

子どもがどんな友達を遊んでいるのか、親としては気になるところ...

小学校の教師に『苦情じゃないけど言いたい事がある』場合の対処法

子どもから小学校での話を聞いて納得できない!教師に言いたい事...

教えます!子供の予防接種を受けないという選択についての考え方

子供が生まれて数ヶ月経つと、いくつもの予防接種を受けなければ...

子供の友達が遊びに来る…迷惑なときの対処法


子供が大きくなるにつれて、友達同士で遊ぶようにな...

『子供が保育園で寂しい思いをしているかも』感じているママへの解決法はこれ!


保育園に子供をあずけて働くママが増えてきましたね...

中学生の子どもが反抗期でゲーム三昧・・解決策はこれ!

小さい頃はあんなに「お母さん、お母さん」とくっついてきていた...

子どもが勉強できないのは親として心配な時の、対処法はこれ!

学校の宿題をする子どもを見ていて、

「子供の足が大きいと背が伸びる説」を実証しよう


「足が大きいと背が伸びる」ということは昔から言わ...

大好き切干し大根!栄養豊富だけど糖質が気になる方への解決法はこれ!

小さい頃は苦手だったけれど、大人になるのつれて切干し大根の美...

子供の将来が不安で仕方がない!そんなご両親への解決策はこれ!

子供の事を心配するのは親にとって当たり前だと思います。 <...

子供の言葉が遅いから障害が心配になるご両親への解決策はこれ!

子供が生まれると親は心配が多くなります。
...

子供が言葉を話すのはいつから?遅い場合はどうすべきか不安な時の対処法はこれ!


わが子が初めて言葉を話した日は、親として一生忘れ...

子供の喧嘩!親はまず見守ることから!対処法はこれ!


子供の喧嘩に親が口を出すのはいかがなものか。 ...

子供の2人目問題!経済的に諦めてしまう夫婦の事情についての考え方はこれ!


最近の夫婦は「子供は1人だけ」と決めてしまうこと...

no image
子供の教育に、DVDを見せすぎてはいけないのか、解決策はこれ!


子供が喜ぶテレビやDVDをついつい見せてしまう人...

高校女子は友達との付き合い方が難しい。解決策はこれ!

小学校から中学校へ上がるときは知っている友達も多いですが ...

捨てないで!紅茶の茶葉のすごい使い道、教えます!


飲み終わった紅茶の茶葉や余ってしまったティーバッ...

公立保育園のメリットとは?私立保育園との違いはこれ!


働くお母さんにとって欠かせない存在なのが保育園で...

スポンサーリンク


鼻で呼吸をすると変な音が鳴るのは病気?

鼻で呼吸をすると「スースー」「ピュー」「ブッ」なんていう音が出てしまうという人は実は多いです。

こんな音がしてしまうのは何かの病気なのでしょうか?

鼻から音がして恥ずかしい…こんな悩みを持つ人へ。

音が鳴る原因と考えられる鼻の病気、音を改善させる方法などをご紹介していきます。

鼻の呼吸が荒くなったり音が鳴る場合の病気

鼻から「スースー」や「ピーピー」などと音が鳴る人は鼻が詰まってはいないでしょうか。

鼻の中の空気が通る通路が狭くなっていることで鼻から音が出てしまっている可能性があります。

鼻詰まりがひどくなると次のような病気も疑われます。

・蓄膿症(ちくのうしょう)

慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)とも言いますが、鼻の奥の副鼻腔に炎症が起きてしまっている状態のことです。

風邪を引いたあとに起きることが多いです。

症状としては、黄色い鼻水が出たり鼻息が荒くなったりします。

あとは鼻の奥から不快な臭いがすることもあり、異変を感じたら早期に医師へ相談すべきです。

ちょっとした風邪だと思っていても、粘膜が腫れてしまいこのような症状になることがあります。

鼻が詰まって呼吸をすると音が鳴るときに試してほしい方法

鼻呼吸をすると変な音が出てしまうほとんどの場合が「鼻詰まり」を起こしています。

深いな鼻詰まりを解消させる方法をご紹介します。

・鼻を温める

蒸しタオルで鼻を覆ったり鼻の根元を温めるだけで鼻の通りが楽になります。

鼻を自分の手で覆うだけでも効果があります。

なぜ鼻を温めると鼻の通りが楽になるのかは医学的根拠はありませんが、試しに行ってみると実感できるはずです。

蒸しタオルは軽く絞ったタオルをレンジで温めるだけで作れます。

つらい時はお試しください。

・鼻をつまんで息を止める

1.深呼吸をする

2.肺が空っぽになるまで息を吐き切る

3.鼻をつまむ

4.息を止めたまま約2秒のペースで天井と床を交互に見る

5.限界ぎりぎりまで続ける

この行動をすることによって、鼻詰まりの原因である鼻の奥の腫れた粘膜を落ち着かせることができます。

・わきの下の交感神経を刺激する

鼻の奥の粘膜が腫れているから鼻が詰まっているので、その腫れを引かせるために交感神経を刺激します。

効果的な方法としてはわきの下に500mlのペットボトルを挟みます。

わきの下には交感神経が集まっているため、刺激されると血管が収縮をします。

空気の通る道を作ることで腫れた粘膜を落ち着かせることができます。

鼻いびきをかく人はドライマウスに注意

寝ているときにいびきをかいてしまう人は次のような特徴があります。

・鼻が詰まっている

・口呼吸をしがち

鼻が詰まっていると口呼吸になり、下あごの位置が下がってしまい大きないびきをかいてしまいます。

軽い鼻いびきをかいている人も喉いびきをかきやすいために気を付けるべきです。

睡眠時に口呼吸を続けるとドライマウスになります。

ドライマウスになるとこのような症状も起こります。

・口内が乾燥をして粘つきを感じる

・免疫力の低下

・歯周病や虫歯になりやすくなる

・喉が痛くなる

・口臭が強くなる

寝ている間に大きないびきをかいている人は睡眠不足にもなりやすいです。

風邪を引きやすくもなるので早期改善を目指しましょう。

鼻呼吸で風邪や虫歯を予防できる

・鼻呼吸を心がけることのメリット

普段ついつい口呼吸をしてしまう人はドライマウスになってしまい風邪のウイルスが付きやすくなってしまいます。

鼻呼吸を意識するだけで風邪予防になるってご存知でしょうか。

鼻毛や鼻の粘膜によって有害物質のウイルスの侵入を防ぐことができます。

鼻が空気清浄機のフィルターのような役目をするんです。

よって、風邪を引きにくくすることにつながります。

鼻から空気を吸うことで冷たい空気が入りにくくなります。

口から直接冷たい空気を吸ってしまうと喉を痛めてしまいます。

・鼻呼吸は免疫力を高める効果がある

すぐに喉を傷めてしまう人はぜひ鼻呼吸を心がけましょう。

口呼吸をすると喉の奥の扁桃腺に直接ウイルスが触れてしまいます。

これによって炎症を起こして熱を出してしまう人も多いです。

鼻呼吸にするだけでこういった事態を避けることができるのです。

・虫歯を防ぐことができる

口呼吸ばかりするとドライマウスになり、口内の殺菌効果が弱まります。

このことで虫歯や歯周病になってしまいます。

鼻呼吸をすることで唾液の分泌を邪魔せずに歯を守ることができるのです。

 - 健康

ページ
上部へ