知っとく.com

教えます!赤ちゃんの最初の言葉はママであって欲しい。

      2017/09/28

教えます!赤ちゃんの最初の言葉はママであって欲しい。

赤ちゃんの成長はママにとって嬉しいものです。もちろんパパにとっても!

ハイハイするのはいつだろう?歩くのはいつだろう?

一番気になるのは、最初に話す言葉は何なのかということではないでしょうか。

毎日お世話しているママにとっては最初の言葉が「ママ」であって欲しいですよね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

夢を思い出す「よくない内容」を見た時の対処法


何かに追いかけられたような…寝ている間にそんな夢...

no image
夜になると体重が1㎏増加!ダイエット成功のカギは「むくみ」対策はこれだ!


朝起きた時の体重と、夜寝る前の体重はおよそ1㎏増...

【夜勤労働】寿命が縮むリスクとDNAを修復する食べ物


社会問題にもなっていますが、今の世の中には夜中も...

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応


子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です...

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

スポンサーリンク


赤ちゃんはいつになれば「ママ」という言葉を話す?

先日友人と7ヶ月の息子くんと一緒にランチをしたときのことです。

友人が「うちの子、もうママって呼ぶようになったんだよね~嬉しくて嬉しくて~」、ととろけるような顔で話してくれました。

え?まだ7ヶ月なのにもう言葉が出ているの?と私はビックリ!

確かに息子くんは「ママママ、ババババ~、まんまんま~」とは言っていたんですが、どう聞いても「ママ」と言っているようには聞えなくて、数回に一度は「ママ」で終わることもありましたが友人を呼んでいる感じではなかったんです。

それでも友人は息子くんが自分をママと呼んでいるようで嬉しくてたまらないようでした。

赤ちゃんの発達には個人差がありますが、それでも7ヶ月で話し出すのは早いといった印象です。

ただ、一般的に言葉を話し始めるのはどれくらいなのでしょうか。

赤ちゃんの最初の言葉は「ママ」「まんま」が多い?

よく、

「赤ちゃんが最初に話した言葉はママだった」
「ご飯の時にまんまといったのが最初だった」
「毎日私がお世話してるのに最初に話した言葉がパパだったのよ!悲しい!」

という話を聞きます。

ただ、6ヶ月を過ぎたあたりから赤ちゃんは「マママ」「パパパ」「ダダダ」といった音を出すようになります。

これがたまたまママやパパに向かってだったり、ご飯を見てだったりすると「あ!言葉を話した!」と思ってしまうんですよね。

また親が話して欲しいと思うばっかりにそんな風に思い込んでしまったという事もあります。

友人は完全にこのタイプだったと思います。

赤ちゃんが言葉を話すのは個人差がありますが、1歳を過ぎた頃からきちんと意味のある言葉を出すようになってきて、どんどんと単語が出てくるようになります。

赤ちゃんがちゃんとそのものを理解して言葉を発したかというのがポイントとなるのですが、そう考えると、何が最初の言葉だったのかと決めるのは難しいかもしれませんね。

ただ、言葉を話さないからといって何も理解していないのではなく、きちんと理解して行動するようになってきます。

ママやパパがしっかりと赤ちゃんに言葉をかけてあげよう

赤ちゃんは周りの言葉を聞いて真似をするので、毎日赤ちゃんのお世話をしているママやパパが、たくさんの言葉をかけてあげることが大切です。

赤ちゃんに言葉を書けるときに注意しなければならない事がいくつかあります。

まず最初はゆっくり分かりやすくという事です。

普段から早口であれば赤ちゃんにもついつい早口で話してしまうかもしれませんが、それだと赤ちゃんが聞き取れない事があるんですね。

大人には伝わっても赤ちゃんに伝わりづらいので、話す時はゆっくりを心がけ

単語と単語を少し離して言ってあげると分かりやすくなるでしょう。

例えば「絵本読もうね」と言うよりも「絵本・読もう・ね」と区切ってあげるといいですね。

次に注意する点は単語よりも2語3語ということです。

赤ちゃんに話しかけるときってついつい単語になってしまうんですよね。

赤ちゃんがリンゴを食べているときに、「リンゴ」という単語を覚えて欲しくても「リンゴ」だけを言うのではなく

「リンゴおいしいね」というように2語くらいで話しかけてあげます。

ただ、長くても分からなくなってしまうので2語、3語くらいがいいでしょう。

その他に注意することはものの名前を言うということです。

赤ちゃんが何か指さして声を出しているときに「これ?こっち?」なんて聞いてしまいがちですが具体的にものの名前を言って聞いてあげましょう。

単語をたくさん聞くことで自分でも話すようになります。

言葉を話せなくてもコミュニケーションは取れる!

赤ちゃんがどうして泣いているのか分からない・・・早く言葉を話せるようになって欲しい。

そう思うママもいるのではないでしょうか。

確かに言葉を話すようになれば赤ちゃんの要求が分かりやすくなりますが、言葉を話せなくてもコミュニケーションをとる方法があります。

それがベビーサインです。

ベビーサインは手や指を使ってジェスチャーのように会話をするので、言葉を話せない生後6ヶ月くらいから始める事ができます。

赤ちゃんにとっても自分の要求がパパやママに伝わるし、パパママにとっても赤ちゃんの要求が分かるのでストレスもへるでしょう。

またベビーサインを使っていると物と名前が結びつきやすくなるので言葉を覚えるのも早いようです。

ただ、注意しなければならないことはベビーサインをするときは言葉も一緒に付けなければならないということです。

そのベビーサインを覚えてしまえば、何も言わなくても動作だけで伝わってしまうので、言葉を発するのが遅くなってしまう可能性もあります。

そのため、ベビーサインをするときは毎回言葉も一緒に言うようにしましょう。

最近ではベビーサインを教えてくれる教室もたくさんありますし、本やDVDなどもたくさん出ているので一度試してみる事をおすすめします。

言葉が遅くて心配になる

自分の子と同じくらいの子はもうおしゃべりが上手なのに、うちの子はまだ全然言葉が出ない・・・

そんな風に不安になるママも多いと思います。

個人差が大きいとは分かっていても、心配で仕方がないという気持ちも分かります。

でも、周りと比べるのはやめましょう。

1歳で話す子もいれば2歳半で話す子もいるんです。

ゆっくり言葉を覚える子もいれば、あふれるように次々と言葉が出てくる子もいます。

ゆっくり、たくさん子供に声かけをしてあげましょう。

ただ、言葉が出ない原因として難聴や発達障害なども考えられるので3歳まで待って言葉がでないようであれば、専門機関に一度相談してみるのもいいと思います。

何よりも大事なのは周りと比べて心配・悩みすぎないということです。

周りよりも『その子自身の今と前』を比べるようにして下さい。

 - 子育て

ページ
上部へ