知っとく.com

公立保育園のメリットとは?私立保育園との違いはこれ!

      2017/09/28

公立保育園のメリットとは?私立保育園との違いはこれ!

働くお母さんにとって欠かせない存在なのが保育園ですね。

保育園と言っても公立と私立がありそれぞれ特色が違います。

どちらを選ぶべきなのか?幼稚園はどうなのか?と迷うお母さんへ。

それぞれの違いを実際に預けているお母さんの意見をもとにまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【長女と母親】性格が合わない原因と対処法


長女にとって母親は大切な存在なはずなのに、「性格...

朝に聞く音楽で快適な目覚め!脳にもたらす効果がすごい


これから仕事だと思うと、朝の目覚めはあまりよくな...

【大学院へ行きたい!】学費を親に頼らず進学する手段


現在、大学院にかかる学費の平均費用は国立で80万...

爪が内出血!病院に行く前に知っておきたいこと

ふと気が付くと「あれ!足の爪が内出血してる!いつの間に?」 ...

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

スポンサーリンク


公立保育園のメリットとデメリットとは?

働くお母さんにとって欠かせない存在なのが「保育園」です。

近年保育園不足が深刻な問題となっていますが、保育園にもさまざまな種類がありますよね。

今回は「公立保育園」について考えてみたいと思います。

保育園には公立保育園・私立保育園があります。

公立保育園は主に市町村が運営を行っており、私立保育園は社会福祉法人やNPO法人などが運営を行うことが多いです。

わが子をどの保育園に預けようかと考え始めるとそれぞれの違いに悩みますよね。

できればよい環境や条件のそろった保育園を選ぶのが当然のことです。

では、公立保育園に預けるとどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

○メリット

公立保育園で働く保育士は全て公務員として扱われます。

よって待遇がよく研修を受ける機会も多いために一定の基準を保てるようになっているようです。

優秀な保育士が多いという噂はこのようなことから言えるようです。

○デメリット

私立保育園に比べると際立つ特色はなく、職員の転勤があるということがあげられます。

園長先生も変わることがあるために同じ先生と3年間過ごすことは難しいことが多いです。

このようなメリットやデメリットがあるとのことですが、実際に通わせている人の意見も聞いてみましょう。

公立保育園を選んだ人が感じるメリット

公立保育園は私立保育園よりもわりと寛大かも知れない、そんな意見が多いです。

この理由は方針の違いから生まれているようです。

ある人の意見では、私立保育園の見学へ行ったときに「遅刻をしたら預かりません」と説明があったとか。

その代わり教育面は充実をしていたようですが、保育料のほかにも費用がかかるということです。

公立保育園では基本的に保育料のほかに請求はほとんどないということが大きなメリットですね。

その保育園によって違いはあると思いますが、暖房費を出すか出さないかという部分もあるようです。

その保育園によってはお絵かきに使う道具なども全て園から支給されるということもあるようです。

公立保育園のデメリット

私立保育園か公立保育園がいいのかを選ぶ基準として、それぞれのメリット・デメリットを考えると思います。

先ほどは公立保育園のメリットをご紹介しましたが、やはりデメリットもあります。

公立保育園はのんびりと過ごす雰囲気がありますが、やはり教育面を考えると私立保育園には劣ってしまう部分があります。

これは預ける人の考え方によっても違いがあると思いますが、できればお絵かき教室や言葉を覚える時間がある方がいいと考える人は私立保育園の方が向いています。

また、公立保育園はイベントが少ないということをデメリットに感じる人も多いです。

私立保育園で行われる「発表会」や「お泊り保育」などに魅力を感じてしまうかも知れません。

公立保育園にもちょっとしたイベントはありますが、大きなイベントがあるのは私立保育園の方です。

あとは公立保育園の保育士は異動が多いというところもデメリットです。

約3年~6年ほどで異動をしてしまうために淋しい思いをするかも知れませんね。

保育園と幼稚園の違い

ここまで私立保育園と公立保育園についてご紹介してきましたが、子供を預ける施設としては幼稚園もあります。

保育園か幼稚園かで悩む人も多いかと思いますのでこちらの違いについても考えてみましょう。

○保育園と幼稚園の費用の違い

保育園と幼稚園の費用の差が気になるところです。

これは保育園と同様に、公立幼稚園と私立幼稚園で違いがあります。

その幼稚園によってそれぞれ金額は違いますが平均額を見てみましょう。

「公立幼稚園」

平均年額:22万2264円

「私立幼稚園」

平均年額:49万8008円

月額にすると公立幼稚園は約2万円で私立幼稚園は約4万円程度となっています。

自治体によっては補助金を利用することでもう少し安くなる場合もあります。

これはあくまでも基準の額なので参考までに留めておいてください。

幼稚園に預けられる年齢は3歳以上となっているので、早くから預けたい人はやはり保育園を選ぶことになるでしょう。

そして3歳未満で保育園に預けると保育代は高くなります。

そして3歳以上になった時の費用は幼稚園とあまり差がないとも言えます。

○幼稚園と保育園の保育時間の違い

「幼稚園」

朝8時半~14時ごろまで。

「保育園」

朝7時半~18時ごろまで。

働く人にとっては気になる保育時間ですが、幼稚園にも延長保育が利用できる場合もあります。

まずはお近くの幼稚園や保育園を見比べてみて検討をしてみるといいでしょう。

保育園と幼稚園選びに迷ったら

公立か私立かで迷うほかに、そもそも保育園か幼稚園かでも迷ってしまいますね。

最近では幼稚園も保育園と同じぐらいの時間を預かってくれる園も増えています。

働くお母さんにとって選択肢が増えることはとてもありがたいことですが、その園の特色が大きく違うために選択までに時間がかかると思います。

傾向としては、保育園の方が働いているお母さんが多いです。

幼稚園は専業主婦の人も多く存在しているので、ママ友付き合いはこちらの方が多いという意見も聞こえてきます。

その辺も少し参考にして考えてみてもいいかと思います。

 - 子育て

ページ
上部へ