知っとく.com

公立保育園のメリットとは?私立保育園との違いはこれ!

      2017/09/20

公立保育園のメリットとは?私立保育園との違いはこれ!

働くお母さんにとって欠かせない存在なのが保育園ですね。

保育園と言っても公立と私立がありそれぞれ特色が違います。

どちらを選ぶべきなのか?幼稚園はどうなのか?と迷うお母さんへ。

それぞれの違いを実際に預けているお母さんの意見をもとにまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

石鹸洗濯したいけど、臭いが気になるアナタへの解決策はこれ!


環境やエコに関心の高い人が増えてきました。 <...

小学校の勉強が難しい!親が子供に出来る事は何かを悩んだら、この方法!!


「勉強嫌い!」とわが子に言われてしまった…そんな...

子どもが小学校高学年になって、友達との関わり方が気になるママへの対処法!

子どもがどんな友達を遊んでいるのか、親としては気になるところ...

小学校の教師に『苦情じゃないけど言いたい事がある』場合の対処法

子どもから小学校での話を聞いて納得できない!教師に言いたい事...

教えます!子供の予防接種を受けないという選択についての考え方

子供が生まれて数ヶ月経つと、いくつもの予防接種を受けなければ...

迷惑な子供の友達が遊びに来るときの対処法


子供が大きくなるにつれて、友達同士で遊ぶようにな...

『子供が保育園で寂しい思いをしているかも』感じているママへの解決法はこれ!


保育園に子供をあずけて働くママが増えてきましたね...

中学生の子どもが反抗期でゲーム三昧・・解決策はこれ!

小さい頃はあんなに「お母さん、お母さん」とくっついてきていた...

子どもが勉強できないのは親として心配な時の、対処法はこれ!

学校の宿題をする子どもを見ていて、

「子供の足が大きいと背が伸びる説」を実証しよう


「足が大きいと背が伸びる」ということは昔から言わ...

大好き切干し大根!栄養豊富だけど糖質が気になる方への解決法はこれ!

小さい頃は苦手だったけれど、大人になるのつれて切干し大根の美...

子供の将来が不安で仕方がない!そんなご両親への解決策はこれ!

子供の事を心配するのは親にとって当たり前だと思います。 <...

子供の言葉が遅いから障害が心配になるご両親への解決策はこれ!

子供が生まれると親は心配が多くなります。
...

子供が言葉を話すのはいつから?遅い場合はどうすべきか不安な時の対処法はこれ!


わが子が初めて言葉を話した日は、親として一生忘れ...

子供の喧嘩!親はまず見守ることから!対処法はこれ!


子供の喧嘩に親が口を出すのはいかがなものか。 ...

子供の2人目問題!経済的に諦めてしまう夫婦の事情についての考え方はこれ!


最近の夫婦は「子供は1人だけ」と決めてしまうこと...

no image
子供の教育に、DVDを見せすぎてはいけないのか、解決策はこれ!


子供が喜ぶテレビやDVDをついつい見せてしまう人...

高校女子は友達との付き合い方が難しい。解決策はこれ!

小学校から中学校へ上がるときは知っている友達も多いですが ...

捨てないで!紅茶の茶葉のすごい使い道、教えます!


飲み終わった紅茶の茶葉や余ってしまったティーバッ...

公立保育園のメリットとは?私立保育園との違いはこれ!


働くお母さんにとって欠かせない存在なのが保育園で...

スポンサーリンク


公立保育園のメリットとデメリットとは?

働くお母さんにとって欠かせない存在なのが「保育園」です。

近年保育園不足が深刻な問題となっていますが、保育園にもさまざまな種類がありますよね。

今回は「公立保育園」について考えてみたいと思います。

保育園には公立保育園・私立保育園があります。

公立保育園は主に市町村が運営を行っており、私立保育園は社会福祉法人やNPO法人などが運営を行うことが多いです。

わが子をどの保育園に預けようかと考え始めるとそれぞれの違いに悩みますよね。

できればよい環境や条件のそろった保育園を選ぶのが当然のことです。

では、公立保育園に預けるとどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

○メリット

公立保育園で働く保育士は全て公務員として扱われます。

よって待遇がよく研修を受ける機会も多いために一定の基準を保てるようになっているようです。

優秀な保育士が多いという噂はこのようなことから言えるようです。

○デメリット

私立保育園に比べると際立つ特色はなく、職員の転勤があるということがあげられます。

園長先生も変わることがあるために同じ先生と3年間過ごすことは難しいことが多いです。

このようなメリットやデメリットがあるとのことですが、実際に通わせている人の意見も聞いてみましょう。

公立保育園を選んだ人が感じるメリット

公立保育園は私立保育園よりもわりと寛大かも知れない、そんな意見が多いです。

この理由は方針の違いから生まれているようです。

ある人の意見では、私立保育園の見学へ行ったときに「遅刻をしたら預かりません」と説明があったとか。

その代わり教育面は充実をしていたようですが、保育料のほかにも費用がかかるということです。

公立保育園では基本的に保育料のほかに請求はほとんどないということが大きなメリットですね。

その保育園によって違いはあると思いますが、暖房費を出すか出さないかという部分もあるようです。

その保育園によってはお絵かきに使う道具なども全て園から支給されるということもあるようです。

公立保育園のデメリット

私立保育園か公立保育園がいいのかを選ぶ基準として、それぞれのメリット・デメリットを考えると思います。

先ほどは公立保育園のメリットをご紹介しましたが、やはりデメリットもあります。

公立保育園はのんびりと過ごす雰囲気がありますが、やはり教育面を考えると私立保育園には劣ってしまう部分があります。

これは預ける人の考え方によっても違いがあると思いますが、できればお絵かき教室や言葉を覚える時間がある方がいいと考える人は私立保育園の方が向いています。

また、公立保育園はイベントが少ないということをデメリットに感じる人も多いです。

私立保育園で行われる「発表会」や「お泊り保育」などに魅力を感じてしまうかも知れません。

公立保育園にもちょっとしたイベントはありますが、大きなイベントがあるのは私立保育園の方です。

あとは公立保育園の保育士は異動が多いというところもデメリットです。

約3年~6年ほどで異動をしてしまうために淋しい思いをするかも知れませんね。

保育園と幼稚園の違い

ここまで私立保育園と公立保育園についてご紹介してきましたが、子供を預ける施設としては幼稚園もあります。

保育園か幼稚園かで悩む人も多いかと思いますのでこちらの違いについても考えてみましょう。

○保育園と幼稚園の費用の違い

保育園と幼稚園の費用の差が気になるところです。

これは保育園と同様に、公立幼稚園と私立幼稚園で違いがあります。

その幼稚園によってそれぞれ金額は違いますが平均額を見てみましょう。

「公立幼稚園」

平均年額:22万2264円

「私立幼稚園」

平均年額:49万8008円

月額にすると公立幼稚園は約2万円で私立幼稚園は約4万円程度となっています。

自治体によっては補助金を利用することでもう少し安くなる場合もあります。

これはあくまでも基準の額なので参考までに留めておいてください。

幼稚園に預けられる年齢は3歳以上となっているので、早くから預けたい人はやはり保育園を選ぶことになるでしょう。

そして3歳未満で保育園に預けると保育代は高くなります。

そして3歳以上になった時の費用は幼稚園とあまり差がないとも言えます。

○幼稚園と保育園の保育時間の違い

「幼稚園」

朝8時半~14時ごろまで。

「保育園」

朝7時半~18時ごろまで。

働く人にとっては気になる保育時間ですが、幼稚園にも延長保育が利用できる場合もあります。

まずはお近くの幼稚園や保育園を見比べてみて検討をしてみるといいでしょう。

保育園と幼稚園選びに迷ったら

公立か私立かで迷うほかに、そもそも保育園か幼稚園かでも迷ってしまいますね。

最近では幼稚園も保育園と同じぐらいの時間を預かってくれる園も増えています。

働くお母さんにとって選択肢が増えることはとてもありがたいことですが、その園の特色が大きく違うために選択までに時間がかかると思います。

傾向としては、保育園の方が働いているお母さんが多いです。

幼稚園は専業主婦の人も多く存在しているので、ママ友付き合いはこちらの方が多いという意見も聞こえてきます。

その辺も少し参考にして考えてみてもいいかと思います。

 - 子育て

ページ
上部へ