知っとく.com

30代以上の一日の摂取カロリーと、食事の取り方はこれ!

      2017/09/28

30代以上の一日の摂取カロリーと、食事の取り方はこれ!

女性にとってダイエットに成功をすることは永遠のテーマのようですが、正しい食事の取り方についての認識が薄い人が多いです。

20代よりも30代の一日の摂取カロリーは少なくなり、仕事内容によっても変化します。

まずは、自分に必要な摂取カロリーを知り、健康的に痩せるための食事内容を見直しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お寺の住職の仕事とは?神社との違いを解説します


お寺にいるお坊さんのことを「住職」と呼びますが、...

給食の牛乳を飲ませたくない理由と手続き方法


給食には牛乳が出るのが当たり前のようになっていま...

PTA役員の選出でトラブル続出!とその対策


子供が小学校へ進学するとともに保護者として参加す...

【働くママ必見!】遅刻の言い訳が子供の時には注意して!

ヤバい!会社に遅刻しそう!何かいい言い訳はないかな?

モラハラ行為をする人の特徴と母親への対策


近年「モラハラ」という言葉が使われる場面が非常に...

知りたい!犬がカットを嫌がる理由と対処法

愛犬の毛がモジャモジャになってしまったらカットへ行きますよね...

猫のゴロゴロ音がおかしい原因と考えられる病気


猫が喉をゴロゴロ鳴らすのは甘えたりリラックスして...

耳に髪の毛をかけると余計に癖がつく!スッキリさせるヘアアレンジ


女性の方がよくやりがちな、垂れてきた髪の毛を耳に...

お母さんは好き?嫌い?苦しい気持ちから解放される考え方


あなたは自分のお母さんのことは好きですか?嫌いで...

ストレスで嘔吐?子供に起こる自家中毒を知っておこう!

子供が嘔吐するというのは珍しいことではありません。

冬のパンプスは寒い!オシャレを楽しむ4つの冷え対策


冬でもオシャレな人はパンプスを履いてファッション...

TPOとはどういう意味?わかりやすく教えます!


よく「TPOをわきまえて」という風にファッション...

【深夜のラーメン 飯テロ】太る理由と太らない人の謎


ダメだとわかっていても深夜に食べるラーメンはなぜ...

【新婚で離婚】子供なしで別れる理由とメリット


結婚式から半年、まだ新婚ほやほやの時期に離婚を決...

【心臓がバクバク】緊張した時・そうでない時の原因や症状


プレゼンテーションや発表会などで人前に出ると緊張...

食後すぐに寝ると腹痛が起きる原因とは?症状別の病気


「食後すぐに寝ると牛になる」と言われた事があるよ...

【小学生の悩み】自転車に乗れない子が克服するコツとポイントはコレ


最近では小学校に上がっても自転車に乗れない子供が...

「ありがとう」の返事に「いえいえ」は適切?意味や使い方を教えます


あなたは「ありがとう」と言われた時は何て返事をし...

「長所は?」と面接で質問されたら?高校受験対策


「あなたの長所は何ですか?」と質問された時、すぐ...

【子供が受験に失敗】親のNG行動と与える影響


子供が受験に失敗をしたら親としてどう声をかけるべ...

スポンサーリンク


20代・30代・40代の一日の摂取カロリー

ダイエットをする時の重要ポイントとなるのが、食事と運動の見直しです。

食事量だけを減らして痩せようと考える人が多いですが、やみくもに減らしてしまうと体調が不安定になってしまい、かえってリバウンドをする結果にもなり兼ねません。

バランスのよい食事を目指してダイエットを行いましょう。

では、年代別の一日の食事摂取カロリーをおさらいしていきます。

年齢を重ねるごとに、摂取カロリーは変化していきます。

20代・30代・40代はどのくらいの食事量を目指すべきなのかを見ていきましょう。

表示しているカロリーは標準的な体型の女性での場合です。

・20代女性の一日の摂取カロリー

普段の摂取カロリーは1950kcalですが、ダイエットをするなら1600kcalを目安にします。

運動量が少ない少ない人は普段の摂取カロリーを1650kcal程度、ダイエット中は1350kcal程度です。

・30代女性の一日の摂取カロリー

普段の摂取カロリーは1950kcalですが、ダイエットをするなら1550kcalを目安にします。

身長が高い方や運動量が激しい人はこの基準よりも増やします。

・40代女性の一日の摂取カロリー

普段の摂取カロリーは1900kcalですが、ダイエットをするなら1500kcalを目安にします。

運動量が少ない人はもう少し摂取カロリーを控えた方がいいでしょう。

ダイエットをしたい30代女性の一日の摂取カロリー

・一日の摂取カロリーを考えて食事をする

人間の体が太ってしまう理由は摂取カロリーが総消費カロリーを超えてしまうことが原因です。

カロリーオーバーをするとあまったエネルギーが脂肪として蓄えられてしまいます。

この蓄積によって結果的に太ってしまうのです。

痩せたいのであれば総消費カロリーよりも少ない摂取カロリーを持続します。

足りないカロリーを体内の脂肪を分解してエネルギーに変えることで痩せることができます。

ただ、基礎代謝量が少ないと食事量を減らしてもなかなか痩せることはできません。

基礎代謝<一日の摂取カロリー<総消費カロリー

これを守ることでダイエットを成功させることができます。

摂取カロリーを抑えて基礎代謝をアップさせることが最も重要なことです。

とくに30代以上の女性は基礎代謝量が下がりやすいので、適切な運動を心がけて行いましょう。

仕事内容に合わせた20代・30代の一日の必要摂取カロリー

・デスクワーク中心の人

仕事がデスクワークの人は消費カロリー量は少ないため、一日の摂取カロリーは20代で1800キロカロリー、30代で1750キロカロリーです。

ダイエットを行う場合はこれよりも300〜400キロカロリー下げて摂取するようにしましょう。

デスクワークで疲れたとしてもカロリー消費量は少ないので運動をプラスすると痩せやすくなります。

・立ち仕事や営業などの人

仕事中もずっと動いている人は必要摂取カロリーが上がります。

運動量の多い職業の場合は摂取カロリーを減らし過ぎるとふらふらしてしまうのでご注意を。

一日の必要摂取カロリーから200キロカロリー程減らした食事を目指してください。

一日の摂取カロリーを簡単に計算する方法

必要摂取カロリーは身長やその人の運動量、基礎代謝量によって変化をします。

自分の必要摂取カロリーがよく分からない場合は次のような計算を行ってみましょう。

『自分の体重×25〜30=必要摂取カロリー』

これに自分の体重を当てはめるだけでおよその目安を知ることができます。

たとえば体重52㎏の人の場合なら

52㎏×25=1300キロカロリー

52㎏×30=1560キロカロリー

となります。

体重にかける数値は自分の一日の運動量を目安にしてみましょう。

ハードワークの方は30で計算してください。

また、体重を目標体重で計算をするとダイエットのための摂取カロリーがわかります。

ダイエットにおすすめの一日の食事内容

一日の摂取カロリー量にこだわってしまいカロリーを抑えてばかりいるとつい栄養バランスを崩しがちです。

ダイエット中はとくにビタミン、ミネラル、カルシウムのほかにたんぱく質の摂取が大切です。

おすすめの食べ物をご紹介していきます。

・朝食

朝はフルーツヨーグルトや温野菜がおすすめ。

食パンを食べる人は1枚程度に抑えましょう。

お昼ご飯はたくさん食べたい人なら朝食のカロリー量を控えましょう。

・昼食

ご飯を中心に食べましょう。

魚や肉を中心に温野菜やひじきなどのお惣菜を合わせます。

できるだけ手作りのお弁当がいいですね。

・夕食

ダイエットをしたい人は夕食の主食は抜きましょう。

野菜と肉・魚を中心にタンパク質が取れるメニューを目指しましょう。

タンパク質を中心に摂取をし、夜は主食を控えるというメニューが理想的です。

バランスの良い食事を目指すことで美しくダイエットに成功することができます。

栄養が偏ってしまうと肌荒れやホルモンバランスを崩してしまいます。

30代以上の女性はとくに体調を崩しやすくなるので、バランスの良い食事と適度な運動を心がけてください。

 - 健康

ページ
上部へ