知っとく.com

【自宅でカラーリング】カラーリングやシャンプーのポイント教えます!

      2017/11/04

【自宅でカラーリング】カラーリングやシャンプーのポイント教えます!

自宅でカラーリングを行う際の注意点を、ご紹介します。

カラーリング前にはシャンプーをすると書いてありますが、この時トリートメントはするのでしょうか?

また、カラーリング後の色落ちを防ぐためにはどうすべきなのでしょうか。

おすすめの方法と、きれいな髪色に仕上げるためのポイントをまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


自宅でカラーリングをする場合のシャンプーについて

自宅できれいにカラーリングするためのポイント

  1. カラーリング前に髪を洗う
  2. 待機中はラップとホットタオルで温める
  3. 長時間放置をしない
  4. 洗い流した後はトリートメントをする

このポイントを守ることできれいなカラーに仕上がります。

カラーリング前のシャンプーについて

カラーリング前に髪を洗うのがポイントですが、この時行うのはシャンプーのみです。

リンスやトリートメントは行わないようにしましょう。

シャンプーで洗ったままの状態で行わないと浸透率が下がります。

しっかりと乾かしてから行う

シャンプー後はしっかりとドライヤーで髪を乾かしてからカラーリングを行ってください。

濡れた髪のままではカラーリング剤が薄まってしまいます。

また、お風呂場で行ってしまうことで湿気を含んでしまうので、汚れないように注意をしながら部屋でカラーリングをしましょう。

自宅でカラーリングをした後はシャンプーをすべき

カラーリング前にはシャンプーをしますが、カラーリング後にもシャンプーを行ったほうがいいです。

せっかく染めた色が落ちてしまうのでは?と思ってしまいますが、お湯ですすいだだけではカラーリング剤が髪や頭皮などに付着したままになってしまいます。

髪にわずかに残ったカラー剤は次第に髪へダメージを与えていき、場合によっては地肌を刺激して炎症を引き起こします。

炎症がきっかけで湿疹になる恐れもあります。

このような状態にならないためにもしっかりとシャンプーで落としましょう。

自宅でカラーリングをした髪をシャンプーする方法

髪の色落ちを防ぐシャンプー方法

自宅でカラーリングをして色落ちを防ぐためにはヘアカラー専用シャンプーをおすすめします。

カラーリングをした髪を洗浄成分の強いシャンプーを使うことで色落ちを早めてしまうことになります。

ヘアカラー専用シャンプー以外なら、洗浄力の弱い低刺激のシャンプーやアミノ酸系シャンプーをおすすめします。

ゴシゴシ洗わない

髪の色落ちを防ぐためには思い切りシャンプーで洗わずに、頭皮を優しくもみ洗いするように行います。

ゴシゴシをこすらず、また熱いお湯を使うことで色落ちしやすくなるのでご注意を。

きれいな色を保つためには少しぬるめのお湯で洗いましょう。

しっかりとトリートメントを行う

カラーリングをした髪はキューティクルが開いて傷みやすい状態になっています。

トリートメントでしっかりと保湿と補修を行いましょう。

ヘアカラー専用のものを使うとより効果的です。

しっかりと乾かしてから寝る

濡れた髪のまま寝てしまうと枕に色がついてしまい、髪の色落ちもしてしまいます。

洗髪後はタオルドライを行い、しっかりとドライヤーで乾かしましょう。

乾かし過ぎないよう注意をしながら丁寧に行ってください。

カラーリングを行うための3つのポイント

きれいな色にカラーリングをするためのポイント

温度

温度が高い方がカラー剤の浸透が早まり、温度が低いと遅くなります。

その季節によっては温度が変わります。

カラーリングを行う部屋は室温20~30℃にが適しています。

塗布量

体温が低い部分は染まりにくいので、ほかの部分よりも多めに塗ります。

とくにえり足やもみあげ、長い髪の毛先などは少し多めに塗っていきます。

時間

放置時間には注意をしましょう。

髪質によっては早く染まることがあり、とくに細くて柔らかい髪質の人は所定時間よりも短めに設定をしておくといいです。

反対に太くて硬い人は染まりにくいことが多いので、所定時間よりも長めに設定をします。

どちらにしても5分前後の範囲で行いましょう。

長く放置し過ぎると明るくなり過ぎたり、髪が痛む恐れがあります。

セルフカラーリングをするための注意点

自宅でカラーリングを行う場合は次の点に注意をして行いましょう。

【すぐに洗い流せるような場所で行う】

カラーリングを行うのならすぐにお風呂で流せる場所で行いましょう。

脱ぎやすい服装を選ぶこともポイントです。

【換気に注意】

カラーリング剤はツンとした匂いがあるので換気扇を回して行いましょう。

【手袋着用で】

カラーリング剤の付属品としてついてくる手袋を必ず使って行いましょう。

素手で触ってしまうと手のタンパク質に反応して一緒に爪の色まで染まってしまうので注意が必要です。

【塗布する順番】

染まりにくい生え際から塗り始め、染まりやすい毛先は最後に行います。

温度が高い場合は所定時間よりも早く染まることがあるので、温度管理にも注意を払いましょう。

 - 美容・エステ

ページ
上部へ