知っとく.com

座る時にお腹に脂肪がのっかるメカニズム

   

座る時にお腹に脂肪がのっかるメカニズム

座り方を変えるだけで、脂肪がとれやすくなるって聞いたことありますか?

体系は日常生活の結果。

変なところに脂肪がついてしまうのは、動きがおかしいか、バランスが悪いかということです。

姿勢を正すだけで、脂肪がつきにくくなるばかりでなく、健康も美容も維持できるんですよ。

あなたも正しく座ることでお腹のぽっこり脂肪をとりませんか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


要注意!お腹に脂肪をためちゃう座り方

座り方や姿勢に気をつけるだけで、かなり軽減されます。以下は、脂肪がたまりやすい姿勢なので、気をつけましょう。

脚を開いて座る

座る時に足を閉じることができないのは、内モモの筋肉が弱っている証拠です。このまま気をつけないとO脚が悪化してしまう可能性があります。

ラッコ座り

いつもラッコのように座っていると、ほとんど筋肉を使っていないので、あごの下からお腹と膝上、背中や腰まで脂肪がついてしまいます。

足を組む

どうしても足を組みたくなったら、左右交互に組んでみましょう。同じ方ばかり組んでいるとリンパの流れが悪くなり、ふくらはぎがむくんだり、足先が冷えることがあります。

猫背で座る

あごを出してデスクワークしえちると、段々猫背になってきます。お腹に脂肪がたまっていき、あごの下や伸びきって固まった背中に脂肪が溜まります。姿勢を変えたり、背中を反らすなどしましょう。

また、長時間座っていると下半身が太るとも言われます。時々座ったままの状態で足の指を動かしたり、膝から下だけ動かすなど、血液が滞らないようにしましょう。

猫背にあぐら

あぐらという姿勢が、腰から下の筋肉をほとんど使っていないと言われています。更に猫背だと、顔をあげる為に、首の後ろの筋肉しか使っていないので、脂肪が溜まりやすい姿勢です。

猫背でスマホ

スマホやゲームなどの端末に集中していると、どうしても前かがみになってしまいます。同じ姿勢で更に固まり、そこに脂肪が溜まっていきます。時々姿勢を変えたり、動きながら見るなどしましょう。

ガニ股歩き

足を開いて座る人は、ガニ股歩きになることが多いです。腕も振らないで歩くと、二の腕が振袖状態になります。

お腹の脂肪もとれる座り方

座骨を立たせる

座った時にぐりぐりと当たる座骨という骨があります。形や大きさに個人差はあるものの、座りやすくするためにある骨で、座面に対して三角形で、垂直に立っている骨です。

この座骨を寝かせずに、立たせるように座ると、その周囲に脂肪がつきません。

椅子に座る時には、この座骨に気をつけながら座ってみましょう。
慣れるまでは、おへその下や太ももに力を入れなければ座れないので大変ですが、慣れるとこの方が楽です。

コツは、お尻を一度両手で持ち上げて、椅子の奥に置いてあげることです。こうすると、角にぴったりとお尻がつくように座れ、座骨が立ちます。

必要な筋肉を鍛えて、正しい座り方ができれば、脂肪もつかないということです。

尾てい骨と恥骨は水平

座骨を垂直に立てることができたら、今度は尾てい骨の先と恥骨の先が、椅子の座面に水平になるようにぴったりとつけます。

これによって、骨盤が正しい位置にきます。骨盤がまがっていると、お腹周りや背中、肩、頭という具合に、様々なところに影響していきます。

正しい座り方次第で、お腹の脂肪は撃退できる

姿勢が悪いとぜい肉が溜まる理由

姿勢が悪いと、だらしない印象だけでなく、体型もだらしなくなります。デスクワークなどで、長時間座りっぱなしという時は気を付けてください。

悪い姿勢で長時間と、骨盤がどんどん広がるそうです。すると、内臓の位置がさがってしまい、下っ腹がぽっこりと出てきます。内臓は、位置が変わったことで働きが悪くなり、内臓脂肪が付きやすくなると言われています。

そして、更にお腹周辺の血液やリンパが圧迫されるので、循環できなくなり、代謝が落ちてぜい肉が溜まるというわけです。

逆に姿勢を良くするだけで、血液の流れもよくなり、内臓疾患も免れ、痩せるて素敵な体型になるというから、お得ですね。

正しい姿勢で美しさも健康も得られる

お腹がぽっこり出るというのは、体型だけの話ではなくて、病気や体調不良といった、健康にも関わってくる話なのです。

姿勢が悪いと、身体のバランスが悪くなり、筋肉のつき方にむらが出てしまい、そのせいで動かせるところが動かせなくなったり、支えれるものが支えられなくなったりと、まずます身体の状態を悪化させることになります。

腰痛や肩こり、生理痛などといった日頃の不調も、実は姿勢を正すだけで治ることがあります。正しい姿勢は、免疫力も上げることになり、肌もつやつやで、健康的になります。姿勢を治すだけで、疲れにくく、美しい体型もキープできるのですから、やるしかないですね。

座る仕事だとお腹の脂肪がたまりやすい理由

デスクワークで、終日座りっぱなしという人もいるでしょう。座ってばかりいると、下腹に脂肪が溜まってくると言われています。それには、こんな理由がありました。

骨格筋に詳しい豊橋創造大学大学院教授の後藤勝正さんによると、人間の身体は、いざという時のために、脂肪を蓄えられるようにできているそうです。

食べた分だけ動けば、脂肪になることもないのですが、食べた分に見合う運動をしない場合は、脂肪が溜まるのは当たり前だそうです。

その時に、脂肪は筋肉が動いていないところにつきやすく、下腹というのは、脂肪にとってとても住み心地の良いところだそうです。

ずっと座っていると下腹の筋肉を動かすことがないため、脂肪がつきやすくなるそうです。

更に、座っている時間が長いほど、足の付け根などが圧迫されるので、血液やリンパの流れが滞ります。これにより冷えやむくみになるそうです。

女性にとって、むくみや冷えは油断大敵、薄着やきつい下着などおしゃれに気をとられていると、冷えやむくみとなり、脂肪をため込むことにつながるかもしれませんよ。

妊婦さんもやってる楽に座る方法

バスタオルを背もたれに

妊婦さんはお腹が大きくなると、お腹が胃や子宮を圧迫しないように座らなければいけません。背筋を直角に座ることができないので、少し腰を前にずらして、肩を後ろ側に傾けるように浅く座る方が楽だと言います。

長い時間座る場合は、お尻の後ろにバスタオルを入れると、楽に座れるようになります。

あぐらをかく

床に直接座る時は、あぐらをかく方が楽だと言われています。

足を開くと、子宮が圧迫されないので、赤ちゃんにも居心地の良い座り方と言えます。

服装によっては、どこでもできるとは限りませんが、周り一声かけるなど妊婦さんの場合は、体調を優先しましょう。

但し、あまり長い時間のあぐらはおすすめできません。

低めの椅子に座る

座る椅子の高さによって、楽な姿勢をとれることがあります。
終日座りっぱなしの姿勢を続けると、腰痛を悪化させることもありますね。お腹が大きくなれば、なおさら姿勢を維持するのが大変です。

椅子は少し低めに設定して、膝よりも腰の方が高い位置になると座りにくいと言われています。

膝の位置よりも、腰の方が低くなるような椅子であれば、足の裏全体で体重を支えることができるので、おすすめです。

 - 健康

ページ
上部へ