知っとく.com

【東京で派遣一人暮らしを送る】ためのバイブルはこれ!

   

【東京で派遣一人暮らしを送る】ためのバイブルはこれ!

東京で一人暮らしをすると、家賃や物価が高いので厳しいもの。

それなのに、派遣社員で一人暮らしを送ることは不可能でしょうか。

今回は、女性でもできる、派遣で一人暮らしを送る生活術やリアルな体験談をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

どうにかしたい!幼稚園でトイレに行かない子供の理由や対処法

子供が幼稚園に行き出すと、親にとって様々な悩みが出てきます。...

【仕事したくないから】専業主婦から抜け出す4つのポイント


妊娠を機に仕事を辞める人は多く、子供がいる女性は...

【女子必見!】~男友達に彼女ができたときの付き合い方~

ある日仲のいい男友達から「彼女ができた」と言われたらどうしま...

インフルエンザかも!?日曜日に発熱した時の適切な対応


インフルエンザの流行時期に発熱した場合は感染を疑...

no image
学童の指導員の悩みとは【やりがいのある仕事内容教えます!】

共働きの家庭が増え、学校が終わってから学童保育を利用する人が...

【会計報告】PTAや町内会での話し方はこれ!


「会計報告」と聞くととても堅苦しいものですが、大...

【悩める女子必見】部活を人間関係のトラブルで辞めたい時の対処法

好きで入った部活なのに「もう辞めたい・・・」と悩んでいません...

【待ち合わせに遅刻】何分まで待てるのか 教えます!


時間にルーズな相手との待ち合わせはとても憂うつで...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋で必ずトイレに行きたくなる】それって、症候群かも知れません!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理

x
結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと...

モルモットがゲージを噛む3つの理由と上手な対策


モルモットをペットとして飼っている中、ゲージをガ...

幼稚園に入園したのに体調崩して休みが多いと不安になるママへ

幼稚園に入園するのは子供にとってもママにとってもドキドキです...

【旦那と別居中で連絡なし】の場合の妻としての対応


夫婦として上手くいかずに喧嘩をすることはあります...

相撲のまわしを洗わないのは本当?力士の都市伝説


日本が誇る国技と言えば相撲ですね。大きな体の力士...

舌の筋肉は【人体最強】は本当?3分で変わる小顔トレーニング


人間の体の筋肉の中で最も強い部位はどこなのか。 ...

【小学校の同窓会】ない理由と出席したくない理由


成人式を迎えたと思ったら、気が付けば25歳、30...

お肉の栄養素と食べない人に起こる体の不調について知っとく!


かつては「お肉は太る」として避けられる対象でした...

【ナマズの飼育方法】稚魚から育てるためのポイント


実は日本には数多くのナマズが生息しています。 ...

学校をサボると罪悪感が・・・そんな気持ちを解放する方法教えます

小学校・中学校・高校・大学のうちに、誰でも一度は学校をサボり...

スポンサーリンク


東京で派遣一人暮らしは可能?実際の生活を告白

東京で一人暮らしに憧れる人は多いものですが、実際に体験してみると家賃や物価の高さに驚くもの。

地方と東京、それぞれで一人暮らしをしたとすると全体的に見て東京の方がプラス5万円ほど高くなると言われています。

ただ東京には地方よりもさまざまな仕事があり。時給も高いことが多いですね。

そんな中、派遣に登録をして一人暮らしを送りたいと考える人もいます。

派遣社員にはメリットとデメリットがあることが周知されていますが、正社員になれない、なりたくない理由がある人にとってはよい側面も持っています。

女性でもOL派遣社員として働く人も実際には多く、結婚するまで派遣社員でしたと答える人も多数います。

「あるOL派遣社員の生活費」

  • 家賃:69,000円
  • 食費:35,000円
  • 習い事:22,000円
  • ネット代:15,000円
  • 日用品代:5,000円
  • 光熱費:10,000円
  • 交通費:6,000円
  • 交際費や服飾品など:20,000円

合計…182,000円

このほかに、2ヶ月に1度住民税(およそ25,000~35,000円)を支払います。

派遣社員は健康保険等は加入できますが、住民税は自分で支払うことになるので要注意。

1ヶ月18万円の出費のほかに、税金やそのほかにかかるお金を取っておく必要があるので、手取り22万円以上ない場合はかなり大変です。

東京で派遣一人暮らしをするための3つの節約術

東京で派遣一人暮らしをするのは不可能なことではありません。

ただ、ある程度の出費を抑えるための節約は必要不可欠となります。

「派遣一人暮らしのための3つの節約術」

  1. 家賃や物価が安い場所に住む
    まずは身の丈に合う、家賃や物価の相場が高い場所を居住地に選びます。
    できれば5万円台またはそれ以下を目指します。
    駅から少し離れた場合は自転車を利用しましょう。
  2. 自炊をする
    いかに食費を減らすかが重要となるため、自炊生活が基本となります。
    お弁当も持って行きましょう。
  3. 飲み歩かないようにする
    会社の飲み会への参加は仕方ありませんが、あまり頻繫に飲み会に参加すると危険です。
    この辺が派遣社員のつらいところですが、出費を抑えるためには我慢しましょう。

時給1500円以下は厳しい…東京で派遣一人暮らし

派遣でも一人暮らしができるかどうかは時給によって大きく変わります。

やはり時給1,600円以上を目指さないと東京での一人暮らしは厳しいです。

「東京23区内での一般事務で働いた場合」

23区内の一般事務の平均時給は1,560円。

1日7.5時間を月20日働いたとすると…

1,560円×7.5時間×20日=234,000円

月収234,000円となりますが、ここから保険料や所得税などが差し引かれるので、手取り額はおよそ19万円ほどとなります。

この19万円の中から、家賃や光熱費や食費などを支払っていくことになります。

これを最初にご紹介した生活費に当てはめると、

19万円-18万2千円=8,000円

なんと手元には8,000円しか残りません。

時給1,560円でもこのようにギリギリの生活になるので、これ以下の時給では生活できないでしょう。

さらに家賃などの固定費をいかに下げるかが課題となります。

派遣の一人暮らしでつらい臨時の出費

派遣社員として一人暮らしを送る人たちが困ってしまう「こんな臨時出費がつらい」ということをご紹介いたします。

「こんな臨時出費がつらい」

  • 「税金の支払い」
  • 「家電が壊れた時」
  • 「帰省するときに出て行くお金」

「こんな時につらくなる」

  • 「ボーナスをもらっている社員を見た時」
  • 「東京に住んでいるのに遊ぶお金がない」
  • 「飲み会に行けない時」
  • 「病気になって収入が減った時」

これは派遣社員ではなくでもつらい時はありますが、毎月カツカツの生活を送る人にとっては大変なものです。

派遣一人暮らしのメリット・デメリット

「派遣社員のメリット」

  • 得意分野やキャリアを活かすことができる
  • 働き方の自由度が高い
  • パートやアルバイトより時給がいい
  • 人間関係への悩みが社員より少ない
  • 正規雇用登用も不可能ではない

「派遣社員のデメリット」

  • 3年以上同じ場所で働けない
  • 正社員との落差を感じる
  • 重要ポストには就けない
  • ボーナスがない
  • 突然契約を切られることもある
  • 派遣会社によって待遇が違う

このようなメリットとデメリットを持ち合わせています。

派遣社員の方が月収が高いけど、社員はその分ボーナスをもらっている…という格差は予め覚悟をしておかなければなりません。

一人暮らしを続けるのであれば、自分なりに工夫をして貯金を増やし、万が一の備えも準備しておきましょう。

たとえ手取り額が20万円以下であっても、2~5万円を貯めている人はたくさんいます。

ほかの社員のようにファッションや旅行を楽しむことはなかなか難しいですが、違う方に目を向けて一人暮らしを楽しみましょう。

 - 経済

ページ
上部へ