知っとく.com

玄関の電気はつけたままがいいの?知っておきたい防犯対策はこれ!

   

玄関の電気はつけたままがいいの?知っておきたい防犯対策はこれ!

空き巣被害などのニュースを見ても、どこか「うちは大丈夫」と思ってはいませんか?

空き巣に入られて「やっておけばよかった・・・」と後悔しないように防犯対策は、しっかりとしておきたいところです。

防犯をしっかりとしておきたいのは、やはり玄関ですよね。

玄関の電気はつけてますか?消していますか?

ほんのちょっとしたことでも防犯対策になるので、今からご紹介するいくつかのことを試してみて下さい。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

【夫が出張で不在】こんな時みんなが食べているご飯を調査!


結婚している主婦にとって、夫が出張で不在の時はち...

友達関係がめんどくさい!遊ぶ約束したのに憂うつになる人の特徴


友達と遊ぶというとても単純な行動に憂うつさを感じ...

警視庁へ潜入!見学ツアーに個人で参加する方法


刑事ドラマなどでお馴染みの場所と言えばそう、警視...

【テスト前日】徹夜で一夜漬けするならこの方法で勉強する!


学生の皆さんの多くはテスト前日になると焦ってしま...

読書レポートの書き方!本読みのコツとポイント


高校や大学などで読書レポートの課題が出された時の...

【彼女と俺】真剣な話し合いをするのに適した4つの場所


彼女と険悪なムードになってしまった時は、1度真剣...

喧嘩から仲直りするコツは3つ!親子の場合教えます


親に向かってついつい反抗的な態度を取ってしまった...

【超多忙】医者の彼氏から連絡こない4つの理由


女性にとって結婚したい憧れの職業の男性TOP3に...

【バツイチ彼氏】元妻に嫉妬してしまう時の3つの心がけ


今の時代、バツイチなんて珍しくもなく身近な人でも...

顧問に「部活を辞めたい」と伝える前に考えたい5つのこと

「中学に入ったら部活を頑張りたい!」

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

スポンサーリンク


玄関に電気が付くようにしておくと防犯になる!

最近は留守の家だけではなく、住民がいても泥棒に入るという被害も多いって知っていましたか?

もし自分が寝ている間に泥棒が入っていたら・・・と思うとゾッとします。

昼間は人通りが多い場所でも、夜になると周りが真っ暗というところってありますよね。

暗い場所というのは泥棒も入りやすいんです。

防犯対策として家の周りを“明るく”するというのは大前提となります。

実際に、夜間には家にいてもいなくても玄関の電気をつけっぱなしにしているという人は多く、電気がついていることで泥棒に留守だと思わせないという効果があるんです。

中には玄関だけでなく、ベランダやリビングの電気もつけっぱなしにしているという人もいるほど。

ただ、玄関や家の周りを明るくしておけば防犯になるとは分かっていても、電気をつけっぱなしにすると電気代が気になるという人も多いでしょう。

大丈夫、つけっぱなしにする必要はありません。

赤外線センサーで人などを察知して電気がつく【センサーライト】というものをご存知でしょうか。

人が近付くことで電気がつくので、電気をつけっぱなしにしているよりも泥棒に対して威嚇の効果があるのでおすすめなんです。

玄関だけではなく、ベランダやガレージにも設置しておくと生活する上でも便利です。

設置するのに工事が必要なものもありますが、テープだけで簡単に取り付けられるものもあります。

ソーラパネルになっていたり、電池式だったりと電気代がかからないのもおすすめポイントです。

玄関先が暗いというのであれば、今すぐにでもセンサーライトなどを使って明るくしましょう。

電気よりも効果あり?!玄関でできる防犯対策とは?

泥棒は玄関先が明るいと入りづらいので、夜間には玄関先を明るくしておくのは必須です。

じゃあ昼間の防犯対策はどうするの?って思いますよね。

もちろんですが、どんなに短い間でもカギを閉める習慣をつけておきましょう。

ゴミ出しに出た5分の間でも泥棒に狙われている可能性があります。

カギを閉めるということが絶対条件となりますが、カギを掛けていても泥棒に入られることがあります。

それをどうすればいいか?

【開けにくい錠にする】

ということです。

泥棒には侵入を諦める時間というものがあり、空き巣に入ろうと思っても侵入に5分以上かかってしまうとその家を諦めるというのがほとんどです。

では、開けにくい錠とはどういったものがあるのでしょうか。

昔からよくあるディスクシリンダーと呼ばれる錠はピッキングされやすく被害も多いです。

このタイプの錠を使っているのであれば、すぐにピッキングされにくいディンプルシリンダーやピンシリンダーなどのタイプに交換しましょう。

また、1つのドアに対して2つ以上の錠をつけることも防犯になります。

ピッキングに弱い錠だったとしても、2つ以上ついていれば開けるのに時間がかかってしまいます。

時間がかかれば泥棒が諦める可能性が出てくるのです。

費用はかかってしまいますが、最近では指紋や静脈がカギ代わりとなる認証タイプも出てきているので「カギを持ち歩きたくない」という人は、認証タイプを取り入れるのもいいでしょう。

防犯として玄関の電気をつけて明るくするより気を付ける事

防犯対策は必要だとは思っているけれど、そうは言っても「うちは大丈夫」と安心している人もいるでしょう。

泥棒は入りやすい家の特徴を分かっているのできちんと防犯対策をしていなければ空き巣に入られてしまいます。

だからといって、玄関に電気をつけておくだけではいけません。

電気をつけるとう防犯対策をする前に気を付けなければならないことがいくつかあります。

■敷地内にカギを置いている

お子さんや高齢者のいるご家庭では、カギを紛失しないように敷地内にある植木鉢の下やポストにカギを置いている場合がありますが危険なのでやめましょう。

■洗濯物が干しっぱなし

夜に部屋に電気がついておらず、洗濯物が干しっぱなしだと留守だと思われて入られることが多いです。

泥棒は洗濯物を見ているので、干している洗濯物がずっと一緒なら留守だと判断されてしまいます。

帰りが遅くなるときには洗濯物は室内干しにしてから外出するようにしましょう。

■窓のカギが開いている

マンション住まいの人に多いのが、玄関にカギはかけても窓のカギが開いているということです。

泥棒は玄関以外から入ってくることも多く、たとえマンションの最上階であったとしても窓から侵入される危険性があるのです。

外出時には全ての窓の錠の確認をしましょう。

■郵便物が溜まっている

郵便物がポストに溜まっていると留守だと思われてしまいます。

面倒でも郵便ポストは毎日確認し、長期旅行するときには新聞を止めておくほうがいいでしょう。

しっかりと防犯を!空き巣に入られやすい家とは?

泥棒はどんな家でもいいから入るという訳ではなく、事前に下見をして入りやすい家・入りにくい家というのを判断しています。

一般的に入りやすい場所というのは

  • 高い塀や植木などの死角になるものがある
  • 侵入時に見つかりにくい人通りが少ない
  • 外灯が少なく暗い

になりますが、それだけではありません。

■線路沿い

人通りが少ないというのは空き巣に入りやすいのですが、逆に線路沿いに建っている家も空き巣に入りやすいんです。

線路沿いの家であれば電車が通過するときなどの音が大きいので、大胆に窓ガラスを割ることができるので注意しなければなりません。

泥棒は空き巣に入った後、電車に乗って逃亡することもあります。

■新興住宅

新興住宅街は共働きの夫婦が多いので昼間に留守の家が多かったり、近所付き合いもまだ深くなっていないために狙われやすくなってしまいます。

また、工事の人やセールスなどの出入りが多いので泥棒がうろついていても不審に思われにくいのです。

■観光地

観光地には国外、国内に関わらずたくさんの人が集まります。

普段から人が多いので、どんな人がいるのかなんて気にしてられません。

観光のフリをして空き巣に入ろうとしている場合も多いのです。

このように、人の通りが少なくても多くても空き巣に入られる可能性があるのでしっかりと防犯対策をしなければなりません。

ほんの少し気を付けるだけで防犯になる

いかがでしたか。

泥棒に入られやすい家、いくつかの防犯対策についてお話してきました。

まとめると

  • 玄関や家の周りは明るくし、カギは開けにくいものにする
  • 外出時には全ての窓を施錠して、カギは敷地内に置かない
  • 泥棒に留守だと思わせないようにポストや洗濯物に気を付ける
  • 人通りが多くても少なくても狙われる

となります。

電気がもったいないからといって玄関先が暗いままだったり、面倒だからと施錠を怠ったり、郵便物や洗濯物をそのままにしておき泥棒に入られてから後悔したって遅いんです。

家のカギを交換するのは工事や費用がかかってしまいますが、その他については自分たちがほんの少し気を付けるだけで特別大変というわけではありません。

泥棒は警戒しているので、防犯意識が高いと感じられる家は狙われにくいです。

“防犯対策しています” “警戒しています”

ということを泥棒に思わせることでも、防犯になるのです。

油断して、空き巣に入られて後悔しないためにも、しっかりと防犯対策はしておきましょう。

 - ライフハック

ページ
上部へ