知っとく.com

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

   

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは変わってきます。

母親は赤ちゃんのお世話で大変だけど、その可愛さに癒されることも多いですよね。

母親にとって息子は小さい彼氏だというくらいですから可愛いに決まっています。

ただ、母親が息子を溺愛しすぎると父親が嫉妬し不機嫌になることがあるんです。

母親としては困ってしまいますよね。

父親が息子に対して嫉妬してしまった時の対処法などについてお話していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


不機嫌!イライラ!それは父親が息子に嫉妬しているサインかも

子どもが生まれるまではラブラブな夫婦だったのに、子どもが生まれてからは喧嘩が多くなったというのは珍しい事ではありません。

父親が育児に不参加な場合や教育方針の違いといった理由もありますが、父親が子どもに対して嫉妬してしまっているという理由も多いんです。

生まれたばかりの赤ちゃんを親がお世話するのは当然のことで、授乳にオムツ替え、一日中抱っこしなければならないこともあり、一日が終わる頃には母親はヘトヘトになってしまいます。

疲れているときに頼りになるのは子どもの父親である夫なのですが、そんな夫がイライラして不機嫌な態度だと疲れが倍増してしまいますよね。

しかし、夫がイライラして不機嫌なのは子どもに対して嫉妬しているサインの可能性が高いんです。

「えっ?子どもに嫉妬?」

と思うかもしれませんが、妻が自分よりも子どもの世話を優先していると「放っておかれている」と感じる男性は少なくありません。

特に子どもが男の子だと同性となるので、自分の子どもであってもライバル心が働いてしまうんです。

  • 子どもの世話をしようとしない
  • 子どもに八つ当たりする
  • 「冷たくなったね」と言われる
  • 急に怒り出す
  • スネることが多い
  • 甘えてくるようになった

こういった行動があるのであれば、息子に嫉妬している可能性が高いと言えるでしょう。

父親が息子に対して嫉妬するときの対処法とは?

息子のお世話をするだけで大変なのに、父親である夫のご機嫌まで取らなきゃいけないなんて腹が立つ!

そんな人も多いでしょう。

でも、そのまま放っておいても夫は不機嫌なままで一緒にいるとこちらまでイライラしてしまいます。

息子に嫉妬している場合はどのように対応すればいいのでしょうか。

■興味を示す

夫は妻の関心が全て息子に向いている事が気に入らないわけです。

そのため、少しでも自分に興味を示してくれていることが分かれば嫉妬心もなくなっていくでしょう。

「今日のネクタイいいね!」

「髪の毛伸びてきたんじゃない?」

「仕事はどう?忙しい?」

など何で構いません。

夫自身の話をすることで、「放っておかれている」という気持ちはなくなるのです。

■夫婦の時間を作る

息子が寝ている時間は溜まっている家事をこなしたり、疲れているためにすぐにでも寝てしまいたいと思うでしょう。

この時、ほんの少しでいいので夫婦だけの時間を作るようにして下さい。

息子が起きているときは、息子中心になってしまいコミュニケーションをとることが難しくなってしまうのです。

息子が寝たら夫婦でゆっくりと話せる時間を作りましょう。

■感謝を忘れない

育児をしていると、ついつい「どうして私ばっかり」という気持ちになってしまい、相手を思いやったり感謝することを忘れてしまいます。

「ありがとう」

その言葉で疲れや怒りは減っていくもの。

「こんなに幸せなのはあなたのおかげよ。ありがとう」

「いつも家族の為に働いてくれてありがとう」

と感謝の言葉を掛けるようにしましょう。

息子に嫉妬する夫には父親としての役割をたくさん与えよう

息子に嫉妬するというのは、父親としての自覚が足りないからとも言えますね。

10ヶ月間自分のお腹の中で子どもを育ててきた女性は、妊娠中から母親としての自覚があるので生まれてからも母親としてお世話することができます。

しかし、男性は子どもが生まれると「父親である」ということは分かっていてもなかなか父親として動くことができないのです。

息子が泣いていれば母親は抱っこしてミルクをあげたりオムツを替えたりするのですが、父親は何をすればいいのか分からないということが多いので母親としては

「どうしてそんなことも分からないの?」

「泣いてるんだからすぐに抱っこしてよ!」

「ちょっとぐらい察して動いて!」

とイライラして何もかも自分がやってしまいがちです。

その気持ちは分かりますが、まずは息子のお世話を夫に任せてみましょう。

「抱っこしてあやしてくれる?」

「ほ乳瓶のミルク飲ませてあげて」

「パパがお風呂に入れると嬉しいみたい」

と具体的にどうすればいいのかを伝えます。

息子との関わりが増えることで父親としての自覚がどんどんと芽生えてきます。

そうなれば、息子に対する嫉妬もなくなってくるでしょう。

もちろんお世話をしてもらったあとは感謝の気持ちを忘れないようにして下さいね。

子どもに嫉妬は困るけれど溺愛されるのも困る!

子どもに嫉妬して、子どもの面倒をあまり見ないという父親は困りますよね。

できれば子どものことを溺愛して欲しいと思うのではないでしょうか。

でも、実は子どもを溺愛する父親でも困るって知っていましたか?

例えば、子どもが食事前にお菓子を欲しがったとします。

母親ならどんなに溺愛していたとしても食事前のお菓子は禁止するでしょう。

しかし、子どもを溺愛する父親は「あげないと可哀想」という理由で母親に隠れて食べさせてしまうのです。

お菓子だけでなく、おもちゃなども同じで子どもが「欲しい」と言えば我慢させずに買い与えてしまいます。

我慢させるのが可哀想という思いもありますが、「ダメ」ということによって子どもに嫌われることが怖いので子どもの言いなりになってしまうのです。

お菓子を食べさせてもらったり、おもちゃを買ってもらえたりと何でも言うことを聞いてくれたなら子どもは満足ですし、父親の事が大好きになるでしょう。

子どもが喜ぶからといって子どものためになるわけではなく、親が子どもの言いなりになるということはワガママに育ててしまうことになります。

我慢や耐える力を身につけなければ、いずれ困るのは愛する子どもなのです。

自分の子どもを愛するのは当然の事ですが、愛しすぎて子どもの言いなりにならないように気を付けなければなりません。

嫉妬してしまう・・寂しい夫の気持ちも理解してあげて

いかがでしたか。

父親が子どもに嫉妬してしまう時の対処法などについてお話ししてきました。

決して夫が嫌いになった訳じゃないんだけれど、子どものお世話に精一杯で夫のことを気に掛けている余裕なんてないというのが正直な気持ちでしょう。

こっちが大変なのにも関わらず、子どもに嫉妬している夫を見れば腹が立ったり嫌いになってしまうことだってあるかもしれません。

ただ、男性は父親としての自覚が芽生えるのに時間がかかってしまうということを理解してあげましょう。

父親になる準備はしていたとしても、いざ生まれてみると何も分からずに不安だったり自信をなくしてしまうこともあります。

そんな時に、妻が子どもの世話ばかりで自分のことを一切気に掛けてくれなかったら・・・寂しいやら悔しいやらで不機嫌にもなってしまいますよね。

家族が円満でいるためにも、夫が子どもに対して嫉妬しているような事があればフォローしておきましょう。

夫に父親としての自信をつけさせて、日頃の感謝を忘れないようにすることが家庭が円満であるためのポイントです。

 - 結婚 離婚

ページ
上部へ