知っとく.com

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

   

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっぱいでしょう。

入園してからも年少さんならいくつものトラブルが起きてしまいます。

子どもの不安、トラブルが起きてしまったときは一人で悩まずに先生に相談してみましょう。

また、担任の先生が新任で頼りないと感じてしまうときもあります。

そんなときの対処法も合わせてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


心配事は先生に話しておく!幼稚園年少のママは不安がいっぱい

幼稚園に入園が決まったら嬉しい反面、親としては心配なことがいくつも出てきます。

具体的に親が心配するのは

  • 友達ができるのか
  • 幼稚園を嫌がらないか
  • 集団行動はできるのか
  • トイレはきちんとできるのか
  • 給食を食べることができるか

こういったことを入園前に8割近くの親が心配しているというアンケート結果があります。

でも実際に幼稚園に通い出してみて何か困ったことが起きたかと聞かれれば「特にない」と答えた人が多かったのです。

もちろん、困ったことが起きたという家庭もあります。

  • 登園を嫌がった
  • 集団行動ができない
  • 友達がなかなかできない

こういった声があり、入園後も悩みがつきないママも少なくありません。

登園や集団行動を嫌がったり、友達ができないということは時間が経てば解決することがほとんどですが、そう分かっていてもやはり親としては心配です。

そんな時には担任の先生に気になる点を話しておくことをおすすめします。

入園したてはどの子どもも幼稚園に慣れていないので先生も大変で、何も伝えていなければ一人の子どもの些細な変化にはなかなか気づくことができません。

不安な点を伝えておけば、先生も気にして見てくれるようになるでしょう。

親としては幼稚園での子どもの姿を見ることができないからこそ、先生とコミュニケーションをとっておくことが大切です。

幼稚園年少は友達とのトラブルも起きやすい!先生に相談しよう!

年長になれば友達との遊び方も分かってくるのでトラブルになりにくいのですが、年少のうちは子ども同士のトラブルがしょちゅうおきます。

おもちゃの取り合いから始まり、叩いた・叩かれたなんて話もよくあります。

子どもから友達とのトラブルが起きた話をされたなら親としては心配ですよね。

「喧嘩しちゃだめよ!」

と言いたくなる気持ちもわかります。

ただ、友達と喧嘩することによって相手の気持ちを理解して思いやったり、人との関わりかたを学ぶ事ができるので決して悪い事ではないということを覚えておいて下さいね。

では、子どもが友達とトラブルが起きてしまったときにはどうすればいいのでしょう。

1.見守る

子どものことが心配で、つい首をつっこんでしまいたくなるかもしれませんが、大人があ~だこ~だ言って解決してしまうと子どもは自分で解決する力を育てることができません。

幼稚園での子ども同士の喧嘩なんて「ごめんね」の一言で仲直りできることがほとんどなのです。

親が入ってしまうと余計にややこしくなってしまうことがあるので、子どもを信じて見守りましょう。

2.先生に相談

子ども同士でも解決しない場合や、喧嘩によってどちらかがケガをしてしまったときには一度先生に相談してみましょう。

子どもに話を聞いていたとしても、自分の子どもの話だけでは本当かどうかも分からないので、先生に間に入ってもらい相手の子の話も聞いたうえでどのように解決していくのかを考えるのです。

もしも自分の子どもがケガさせられたからといって、相手の子の親に直接文句を言うようなことをしてはいけません。

幼稚園で起きた問題ならば、まずは先生に相談するということを覚えておきましょう。

年少の子どもが幼稚園を嫌がったらママは笑顔で先生に任せよう

友達とのトラブルと同じくらいママの頭を悩ませるのが“登園を嫌がる”ということではないでしょうか。

最初から嫌がる子どももいれば、連休明けに嫌がり始めるといった子どももいます。

幼稚園を嫌がる理由としては

  • 幼稚園になじめない
  • 疲れが出た
  • 友達がなかなかできない

といったことがありますが、何よりも多いのは

【ママと離れるのが寂しい】

という理由ではないでしょうか。

幼稚園に入るまではずっと一緒にいたママと何時間も離れて過ごすということは、子どもにとっては寂しくて不安で仕方がないんです。

もちろん子どもが嫌がるからといって幼稚園を休ませてはいけません。

嫌がるからと休ませてしまうと、幼稚園の楽しさを知ることができないだけでなく「嫌がれば休める」と子どもに思わせてしまうのです。

登園時、どんなに泣いている子どもでも幼稚園で1日中泣いているなんてことはありません。

幼稚園に行けば、案外あっさりと泣き止むことも多いんです。

もう一点注意しなければならないことは、子どもを預けるときは「笑顔で」ということ。

子どもが泣いているとママもツラくなってしまいますが、ママがツラく悲しい顔をしていれば子どもは余計に不安になってしまいます。

動揺していたとしてもその姿を見せずに笑顔で「いってらっしゃい」と送り出し、あとは先生にお任せしましょう。

私の経験上ですが、ママと離れた後は、案外ケロッと遊ぶ始めるものなのです(笑)。

担任の先生が新任だけど大丈夫なの?

親にとっても子どもにとっても担任の先生がどんな先生であるかはとても重要です。

例えば、入園して年少の担任が新任の先生であったらどう思いますか?

「え~!新任の先生なの?大丈夫?」

と思ってしまうのではありませんか?

親も子どもも初めての幼稚園で不安がいっぱいだからこそ、ベテランの先生を希望するのも当然といえば当然でしょう。

やはり、新任の先生のデメリットといえば経験不足というのがあります。

また、保護者とのやりとりにも慣れていないので、何か質問をしたところで納得のいく答えが返ってこないかもしれません。

経験不足や、対応がイマイチだと「頼りない先生」ということになってしまいますよね。

ただ、デメリットばかりでもないということを覚えておいてほしいのです。

新任の先生はとにかくやる気があります!

先生にとっても初めてのクラスなので、何に関しても一生懸命やってくれるでしょう。

子どもに対して一生懸命であることが、親としては何よりも嬉しいことではないでしょうか。

そして、一生懸命な先生は子どもに好かれます。

親が頼りないと感じていても、子どもは先生の事が大好きだという場合が多いんです。

子どもが大好きだという先生が悪い先生な訳がありません。

安心して子どもを預けてみてもいいのではないでしょうか。

幼稚園に通い出せば入園前の不安は減っていく

幼稚園に入園することは親も子どもも不安でいっぱいですが、通い出せばその不安は少しずつ減っていくでしょう。

友達ができるか心配だったけれど自分から気の合う子を見つけられたり、ママと離れるのが寂しくて泣いてばかりいた子も幼稚園の楽しさが分かって幼稚園が大好きになったりと時間が解決してくれることがほとんどです。

不安・心配なことは多いかもしれませんが、口出ししすぎると子どもの成長を邪魔してしまうことになるので、子どもを信じて見守っていきましょう。

ただ、ママが不安に思っていることや心配に思っていることは先生に話しておくといいでしょう。

そして、幼稚園でのことは先生を信頼し任せておくことが大切です。

先生を信用していない発言や、反論することのないようにして下さいね。

幼稚園というところは子どもが社会性を学んで大きく成長する大切な場所です。

子どももママも笑顔で通えますように。

 - 子育て

ページ
上部へ