知っとく.com

読書レポートの書き方!本読みのコツとポイント

      2018/09/18

高校や大学などで読書レポートの課題が出された時の書き方のポイントをまとめました。

書き出し方や全体の構成などはポイントを置くことで80点以上を狙うことができます。

この時に抑えたい本読みのコツについても参考にしてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
友達に誘われた映画を見たくないと思ったときの対処法

友達からあまり見たくない映画に誘われたらどうしますか? <...

no image
これでスッキリ!メールを無視する友人の気持ちや対処法

友人にメールを送っても全く返信がなくて心配になったことってあ...

no image
大学院生なら結婚時期が遅れる?メリット・デメリットを考える!

大学だけでなく、大学院に進んで勉強をしたい!
...

no image
夫はスマホばかり・・ストレスが溜まる前の対処法はこれ!

夫にストレスを感じている妻は決して少なくありません。

no image
【抱負の例文】作文の課題のポイントを抑えて大学に合格する!


大学入試の際に「抱負を作文に書け」という課題が出...

no image
喧嘩したら無視されてしまった!友達と仲直りする方法

友達と喧嘩してしまうことってありますよね。
...

no image
【ママ必見!】魚が好きじゃない子どもに食べさせるコツ教えます!

魚を食べることが体に良いということは分かっているけれど、子ど...

no image
【学校の友達が合わない】と悩んでいるあなたに伝えたいポイントと対策

学校を楽しいと感じることもあれば、楽しくないと感じることだっ...

no image
【不安解消!】教授からメールの返信こない時の対処法

大学生になれば教授とメールのやりとりをすることが出てきます。...

no image
【働くママ必見!】仕事と家庭のストレスを解消しよう!

働くママが増えましたよね。

仕...

no image
夏休みの終わりになると子供は憂鬱に・・親としてできること

夏休みが始まると子供は喜び、親は落ち込みますよね。

no image
たくさんはいらない!ご飯と味噌汁に漬け物さえあれば良し!

毎日しなければならないこと、それは「食事」です。

no image
長電話なんてしたくない!迷惑な女友達への対処法教えます!

電話で話すのは好きですか?

電...

犬が怖い・・・だけど克服したい!おすすめの方法教えます!

ここ数年で犬を飼う人が本当に増えたと思います。

no image
子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

no image
【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

no image
家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

no image
空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

no image
【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

no image
【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

スポンサーリンク


本読みの感想レポートの書き方をおさらい

課題図書のレポート提出をいざ書き出そうと思った時、どんなまとめ方をすべきなのか悪戦苦闘してしまう事はないでしょうか。

そもそもレポートは何なのかをおさらいしましょう。

「読書感想文ではない」

まずレポートというものは読書感想文でもなけでば、評論文でもありません。

レポートはまず「問い」があり、これについての「結論」があるものです。

「レポートの種類」

  • 調査報告型…調査や実験の整理や結果を報告したもの。
  • 課題レポート型…あるテーマに沿って考えをまとめたもの。
  • 書評型…指定文献について批判や検討をしたもの。

おおよそはこの3つの種類に分かれます。

どのような構成で書いていくのかをお伝えしていきます。

「レポートの作成手順」

  1. テーマを理解する。
  2. テーマについての「問題点」を考える。
  3. 仮説を立てる。
  4. 仮説の検証と実証。
  5. おおすじを書く。
  6. 執筆する。
  7. まとめる。

まず、テーマをよく理解をすることが大切です。

これはしっかり本読みをするという意味ではなく、何が言いたいのかや疑問に思う点を考えることがポイントです。

この問題点について深堀りしていくことで結論を見出し、問いと結論によってまとめることができます。

80点以上を目指すレポートの書き方と本読みのコツ

よいレポートとはどんなものなのか、これについてポイントを置きながらお伝えしていきます。

まず、レポートは真面目にダラダラ書くよりも短時間でしっかりまとめて80点以上を目指しましょう。

具体的な内容の書き方は3つあります。

あらすじはいらない

よくあるのが、冒頭の長い要約です。

その本のあらすじを紹介するような長い文章は不要です。

課題を出した相手にとってこの長いあらすじはマイナス評価でしか感じられないものなので、書く場合は短く簡潔に書きましょう。

冒頭1、2行程度に収めるのがポイントです。

一部を深く考察する

ある問題点を決めたらその一部分のみを深く考察することでレポートに深みができ、何が言いたいものなのかが明確になります。

全体的に深掘りをしてしまうとポイントがズレてしまい、何が言いたいレポートなのかわからなくなります。

体験談を交える

ほかの人と差を付けるには、自分ならではの経験や体験談と結びつけることです。

自分の考えを述べることがやはり大切で、貴重な経験を持つ場合はそれを活かしましょう。

本読みレポートの書き方とまとめ方

レポートを書く上で読書感想文のようにならないようにするには、やはりポイントを置きながら書くということが大切です。

また、ポイントを置きながら本読みをすることもコツ。

全部読破する必要もなく、そのポイントだけをしっかり読むことでレポートを仕上げることは可能です。

本読みをする時は「作者が何を言いたいのか」、これをしっかりと把握することが重要。

これによって自分なりに疑問に思う事が浮かび、それを問いとして深掘りしていきましょう。

「深いテーマを深く書くコツ」

  • 著者は何について論じているのか
  • その結論は?
  • その根拠は?

これについて考察をし、根拠や結論が書いてあるページを引用したらしっかりとページ数を書き添えます。

コピーをすることはやってはいけません。

全て書き終えたら、問いに対する結論がしっかりと結び付いているかを何度も読み直して確認します。

また、レポートのタイトルも内容に沿ったものなのかどうかを考え、少しズレを感じたら直してください。

読書レポートの書き出し方と注意点

レポートの書き出しはどんな文章を書くべきでしょうか。

冒頭文はレポートの序章として読者の心をいかに掴むかがポイントです。

また、そのレポートにはどんなことが書いてあるのかを予想させたり期待させることがポイントです。

「書き出しの流れ」

  • テーマ
  • 疑問の提起
  • 問いかけ
  • これからレポートで読んでほしいこと

このような流れで書き出しを書き、5W1H(なぜ、いつ、どこで、誰が、何を、どのように)を意識しながら内容をまとめましょう。

本のあらすじだけをまとめて書くことはやめましょう。

より良い読書レポートへの仕上げ方

全体的に書き終えたら次のポイントに置きながら読み直しましょう。

  • 文章全体のバランスはどうか
  • 問いと結論が明確になっているか
  • わかりやすい言葉を使っているか
  • 具体的に書いてあるか
  • 自分の思いばかりになっていないか

読み直した時に、スムーズに読むことができるかを確認しましょう。

問いと結論、タイトルと内容が合っているのかどうか。

同じ言葉を繰り返していないかなどを読み直してみてください。

説得力に欠ける点が見つかれば、より明確に書き直す必要があります。

このように何度も読み直すことがやはり重要です。

もし読書感想文のように仕上がってしまった場合は、問いについての深掘りをもう少し進めてみましょう。

 - 勉強

ページ
上部へ