知っとく.com

子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

   

子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライラしてしま

いますよね。

イライラして怒りたくなる気持ちも分かります。

でも、子供のやる気をなくしたり出させたりするのって親の言葉で大きく変わるということ

を知っていますか?

ただただ「勉強しなさい」と言っても子供はやる気になんてならないのです。

“どうにかやる気を出して欲しい!”

そう思ったときにおすすめの方法をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【働くママ必見!】仕事と家庭のストレスを解消しよう!

働くママが増えましたよね。

仕...

夏休みの終わりになると子供は憂鬱に・・親としてできること

夏休みが始まると子供は喜び、親は落ち込みますよね。

たくさんはいらない!ご飯と味噌汁に漬け物さえあれば良し!

毎日しなければならないこと、それは「食事」です。

長電話なんてしたくない!迷惑な女友達への対処法教えます!

電話で話すのは好きですか?

電...

犬が怖い・・・だけど克服したい!おすすめの方法教えます!

ここ数年で犬を飼う人が本当に増えたと思います。

子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

【夫が出張で不在】こんな時みんなが食べているご飯を調査!


結婚している主婦にとって、夫が出張で不在の時はち...

友達関係がめんどくさい!遊ぶ約束したのに憂うつになる人の特徴


友達と遊ぶというとても単純な行動に憂うつさを感じ...

警視庁へ潜入!見学ツアーに個人で参加する方法


刑事ドラマなどでお馴染みの場所と言えばそう、警視...

【テスト前日】徹夜で一夜漬けするならこの方法で勉強する!


学生の皆さんの多くはテスト前日になると焦ってしま...

読書レポートの書き方!本読みのコツとポイント


高校や大学などで読書レポートの課題が出された時の...

【彼女と俺】真剣な話し合いをするのに適した4つの場所


彼女と険悪なムードになってしまった時は、1度真剣...

喧嘩から仲直りするコツは3つ!親子の場合教えます


親に向かってついつい反抗的な態度を取ってしまった...

【超多忙】医者の彼氏から連絡こない4つの理由


女性にとって結婚したい憧れの職業の男性TOP3に...

【バツイチ彼氏】元妻に嫉妬してしまう時の3つの心がけ


今の時代、バツイチなんて珍しくもなく身近な人でも...

スポンサーリンク


言っちゃダメ!子供が勉強のやる気をなくす言葉とは?

学校から帰ってきた子供が宿題もせずにゲームばかりして、夕食を食べてやるのかと思えばテレビを観てばかり。

子供が自ら勉強してくれるようになったら・・・

そう考えたことがあるママも多いのではないでしょうか。

もちろん、そんなママの想いは届かずに子供はすんなり勉強してくれません。

勉強しない子供に向かってつい言ってしまうことってありますよね。

その言葉が子供のやる気をなくしてる可能性があるんです。

「勉強しなさい!」

「勉強しなさい」

この言葉は子供に言ってしまうこと第一位といっても過言ではないでしょう。

しかし、こう言われて勉強のやる気が出る子供なんてほとんどいません。

子供は大人よりも強制されることを嫌がります。

自分で決めたことではなく、無理矢理にさせられたことでやる気をなくすだけでなく勉強嫌いにもなってしまうのです。

「どうして出来ないの?」

勉強を始めても、子供が問題を解けなかったり何度も同じ問題を間違ってしまうと

「どうしてこんな問題も出来ないの?」

「どうして同じ間違いをするの?」

と言ってしまいがちですが、自分が出来ないことを責められてやる気をなくさないわけがありませんよね。

出来ないことや失敗したことを責められれば、子供は自信をなくして挑戦することを諦めてしまうのです。

「○○くんは成績優秀なんだって」

勉強だけに限りませんが、自分の子供と周りの子供をついつい比べてしまうことってありますよね。

友達だけではなく、兄弟と比べることだってあるでしょう。

「お兄ちゃんは自ら勉強してるのに・・・」「○○くんはテストで100点取ったんだってね」

というような誰かと比べられると、子供はやる気をなくしてしまいます。

やる気をなくしてしまうだけでなく、比べられた友達や兄弟のことを嫌いになってしまう可能性があるので気を付けなければなりません。

勉強させたい!子供のやる気を出させる言葉を使おう!

なかなか勉強をしない子供、ゲームばかりしている子供、簡単な問題を何度も間違える・・・

怒りたくもなりますよね。

しかし、怒って子供がやる気をなくしてしまうと、ますます勉強が嫌いになってやらないという問題が起きてしまい
ます。

ここは怒りたい気持ちをグッとこらえてやる気を出させる言葉をかけてましょう。

子供にやる気を出させるポイントとしては

【自信を持たせる】

ということです。

誰だって苦手なことはありますし、苦手なことは自らしたくなんてありません。

でも、苦手なことだったとしても自分に自信があれば頑張ろうという気になるのです。

つまり、子供が前向きになる言葉をかけてあげれば子供はやる気になるでしょう。

では、具体的にはどのような言葉がいいのでしょうか。

子供がやる気を出す言葉

「○○ちゃんならきっと出来るよ!」

「○○くんなら大丈夫!」

というように、『あなたが出来ると信じている』ということを子供に伝えるのです。

『心配している』という言葉なら、子供は信用されていないと感じて自分に自信をなくしてしまいますが、自分を信じてくれていると思えれば自信が持てます。

自信を持てれば「頑張ろう!」とやる気になるのです。

問題を間違ったり、分からない場合でも

「次こそは出来るよ!」

という言葉をかけてあげるとやる気をなくすことはありません。

言葉以外で子供に勉強のやる気を起こす方法はある?

毎日やる気にさせる言葉をかけるのも正直言って疲れちゃいますよね。

そんな時には言葉以外でやる気にさせる方法を試してみて下さい!

目標を立てる

まずは、子供と一緒に目標を立てましょう。

この時の目標は“今度のテストで100点を取る”というような高いものではなく、“毎日5分以上は勉強する”というような簡単に達成できる目標にします。

達成感を味わうことができれば、子供は自信がついてやる気も出てくるようになるでしょう。

ルールを決める

テレビやゲーム、漫画ばかりで勉強をしない子供にはルールを決める方法もおすすめです。

親としては一切禁止!と言いたくなってしまいますが、親が一歩的に決めたルールではいけません。

例えば「30分勉強すれば30分ゲームしてOK!」というようなものであれば子供も納得するでしょう。

子供と話し合った上でルールを決めましょう。

勉強方法を変える

勉強のやる気がないということは、勉強が楽しくないと感じてしまうからなんですよね。

では、楽しい勉強方法ならどうでしょう。

最近はタブレット端末などで学べたり、動画学習サービスなどもたくさんあります。

こういった最新の勉強法を取り入れることによって子供も勉強しようという気になります。

子供には勉強するということに興味を持って欲しい!

勉強が嫌いな子よりも、色んなことに興味を持って自分から勉強するようになってほしいと思いますよね。

勉強ができる子や、勉強好きな子の多くは親から「勉強しなさい!」「早くしなさい!」と言われることが少ないって知っていましたか?

言われなくてもする子になるのはどうすればいいの?と思いますよね。

それには、勉強したいと思える環境作りが大切なんです。

絵本の読み聞かせ

子供が小さいのであれば、たくさんの絵本を読み聞かせるようにしましょう。

絵本を読み聞かせることは想像力だけでなく、完成も養うことができるのです。

小さな頃にたくさん絵本を読み聞かせてあげると本が好きになり、本を読む事が習慣となります。

本を読めば知識も広がり国語力がつきます。

絵本を読む年齢でないのであれば、リビングなど過ごす時間が多い場所に本棚を置くなどをして、本を読もうと思える環境を作りましょう。

体験させる

机に問題集を広げて勉強することももちろん大切ですが、子供に体験させて学ばせるということも大切です。

例えば、博物館や美術館・プラネタリウムなどに行くことで子供はそのことに興味を持つ可能性が高いんです。

興味を持てば、そのことについて自ら調べたり勉強しようという気になるでしょう。

こういった科学を学べる施設の他にも、自然と触れる機会を作ってあげるのもおすすめです。

親のやり方次第で子供のやる気は変わってくる!

いかがでしたか。

子供に勉強をしてもらいたいとき、どんな言葉をかけてはいけないのか、どんな言葉をかければいいのかについてお話
してきました。

怒りたい気持ちをこらえて子供を褒めたり励ましたりするのは簡単なことではありません。

でも、大人だって怒られて何かをするなんてことは嫌ですよね。

子供だって同じです。

怒られて強制的に勉強させられれば好きになるどころが嫌いになってしまいます。

何よりも大切なのは【子供を信じること】

その他に大切なことが【親の行動】です。

「ゲームばっかりしてないで勉強しなさい!」

と言いながら、自分はずっとスマホを触っていませんか?

親がテレビやスマホを見ながら「勉強しなさい」といったところで何の説得力もありません。

まずは、親が本などを読んでいる姿勢を見せましょう。

そうすれば子供も自然と机に向かって本を読み始めたり勉強するようになるでしょう。

そして、子供が何か疑問に思ったときに聞けるような環境を作ってあげて下さい。

子供が勉強に対してやる気を出すのは、親の行動次第でどんどん変わるということを、忘れないで下さいね。

 - 子育て

ページ
上部へ