知っとく.com

私大教授の年収ランキング!その仕事内容に迫る

   

私大教授の年収ランキング!その仕事内容に迫る

メディアでも活躍をする大学の教授。

最近では有名人でも教授として講演を行う人も増えていますね。

そんな教授の気になる年収を調べてみました。

私が調べた、驚くべき私大教授の年収ランキング!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

【夫が出張で不在】こんな時みんなが食べているご飯を調査!


結婚している主婦にとって、夫が出張で不在の時はち...

友達関係がめんどくさい!遊ぶ約束したのに憂うつになる人の特徴


友達と遊ぶというとても単純な行動に憂うつさを感じ...

警視庁へ潜入!見学ツアーに個人で参加する方法


刑事ドラマなどでお馴染みの場所と言えばそう、警視...

【テスト前日】徹夜で一夜漬けするならこの方法で勉強する!


学生の皆さんの多くはテスト前日になると焦ってしま...

読書レポートの書き方!本読みのコツとポイント


高校や大学などで読書レポートの課題が出された時の...

【彼女と俺】真剣な話し合いをするのに適した4つの場所


彼女と険悪なムードになってしまった時は、1度真剣...

喧嘩から仲直りするコツは3つ!親子の場合教えます


親に向かってついつい反抗的な態度を取ってしまった...

【超多忙】医者の彼氏から連絡こない4つの理由


女性にとって結婚したい憧れの職業の男性TOP3に...

【バツイチ彼氏】元妻に嫉妬してしまう時の3つの心がけ


今の時代、バツイチなんて珍しくもなく身近な人でも...

顧問に「部活を辞めたい」と伝える前に考えたい5つのこと

「中学に入ったら部活を頑張りたい!」

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

スポンサーリンク


私大教授の年収ランキング!

私大大学教授の年収をまとめてみました。
45歳と55歳の場合でも差があるのでこちらも注目してみましょう。

・45歳の私大大学教授ランキング

1位 早稲田大学 12,767,900円
2位 中央大学 12,763,790円
3位 明治大学 12,652,517円

・55歳の私大大学教授ランキング

1位 中央大学 14,269,670円
2位 明治大学 14,131,032円
3位 関西学院大学 14,005,680円

このように45歳と55歳では約200万円ほどの違いがあるようです。
10位まで全ての大学が1千万円を越える年収という結果に驚きますね。

次に関西系の大学教授の年収についてもご紹介します。
先ほどのランキングにも関西系の大学は入っていますが、関西だけで比べるとこのような結果となります。
50歳の場合と60歳の場合でも見比べてみましょう。

・関西の大学教授の年収ランキング

1位 大阪芸術大学(50歳教授)14,531,370円 (60歳教授)15,841,000円
2位 龍谷大学(50歳教授)13,547,606円
(60歳教授)14,499,811円
3位 佛教大学(50歳教授)13,427,000円
(60歳教授)14,418,000円

関西の大学は最低でも1千3百万円以上という結果になっていますね。
関東の大学よりも年収が高いということもわかりました。

年収が上昇しているとされる私大の教授の年収を見ていると、退職金や仕事内容も気になるところ。

50歳よりも60歳の方が年収がグンとアップするのも大学教授ならではなのでしょう。

私大の教授へ転職すると年収アップ

教授の年収や退職金の金額には「教授会」の力の差が関係しているのは事実。

大学とは何事も教授会の了承が得られないと次へ進まない仕組みとなっています。

そのために、大学教授をはじめ大学教員の待遇についても教授の力が関係していると言われているようです。

生涯年収をアップしたいと考え、大学教授へ転職するとどのように増えるのでしょうか。

例えば、50歳で高校教師から大学教授へ転職をした場合、1千万円以上の年収が期待ができて65歳の定年まで勤務するとします。

生涯年収の差を考えると圧倒的に教授の方が高くなることがわかります。

これは男女どちらでも同じ内容となっているようです。

上昇する私大教授の年収と、下降する国立大学教授の年収

私大教授の年収は年々上昇している一方、国立大学の教授の年収は横ばいから減退しているという事実。

この理由はなぜでしょうか?

優れた人材にはそれなりの報酬を与えるべきという考え方だけでは難しいという大学の事情が見え隠れをしています。

しかし、今後を考えるとこの現状はしかるべき問題でしょう。

学生の前に立つ教授をはじめ教員には、それなりの対価を与えるべきではないのでしょうか。

豊富な知識や教養を必要とする大学教授に対する考え方を変え、私立大学との差を埋める対策が必要とされていると思います。

これからの人材への育成を考えると同時に、給料水準の低下を防ぐ方法も考えるべきでしょう。

大学教授の仕事内容や男女の比率

大学教授の待遇はその大学により大きく違っているようです。

これから大学教授を目指したいという方は、色々な大学の様子をよく見比べてみるといいと思います。

勤務日数で言うと、毎日出勤する大学もあれば週に4日しか出勤をしない大学も。

これは私大大学の方が多いようです。

教授の出勤時間も、早く来て授業の準備に取り掛かることもあれば、受け持ちの授業などがない日はゆっくりとしたスケジュールを過ごす日もあったりもする様子。

どの大学でも共通する点を挙げてみます。

・服装が自由
・教授の部屋がもらえる
・男女の差がない

これらがどの大学の教授にも共通している点でしょう。

意外なことに、色々な点において男女における差がないという結果もわかっています。
ただ、男性教授の割合が多くを占め、女性教授はわずか10%ちょっとという結果になっています。

ただ、女性でも働ける職業であることは間違いないので、これからは女性教授も増えるのではないでしょうか。

教授と学校教員の生涯年収はどちらが高い?

高い年収を得る人たちの中での職業を探っていくと、大学教授が多く占めていることがわかっています。

平均月収が57万円を越える私立大学教授は、年収やボーナス額も膨大となっていますね。

大学教授の生涯年収とよく比べられるのが、小・中・高の教員です。

年収だけを比べれば教授の方が多いのは明らかなのですが、そんな教授になるにはかなりの投資をしなくてはならないということもお伝えしたいです。

大学教授になるには、大学院までの学費はもちろんのこと、その後は講師や准教授を経てようやく早くて30歳遅くて40歳頃に教授となります。

こう考えてみると、学校の教師と教授の生涯年収は人によってはあまり差がない場合もあるでしょう。

もちろん、教師や教授と言っても私立か公立かによっても大きく差があることはお忘れなく。

 - 仕事

ページ
上部へ