知っとく.com

私大教授の年収ランキング!その仕事内容に迫る

   

私大教授の年収ランキング!その仕事内容に迫る

メディアでも活躍をする大学の教授。

最近では有名人でも教授として講演を行う人も増えていますね。

そんな教授の気になる年収を調べてみました。

私が調べた、驚くべき私大教授の年収ランキング!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

娘の結婚が寂しいのは父親だけじゃない!母親にも要注意!

娘の結婚を寂しがるのは父親というイメージがありませんか。 ...

野草を食べる!春の味覚の美味しい効果のヒミツ


寒い冬が終わり、春を迎えた時の楽しみと言えば山菜...

どうにかしたい!幼稚園でトイレに行かない子供の理由や対処法

子供が幼稚園に行き出すと、親にとって様々な悩みが出てきます。...

【仕事したくないから】専業主婦から抜け出す4つのポイント


妊娠を機に仕事を辞める人は多く、子供がいる女性は...

【女子必見!】~男友達に彼女ができたときの付き合い方~

ある日仲のいい男友達から「彼女ができた」と言われたらどうしま...

インフルエンザかも!?日曜日に発熱した時の適切な対応


インフルエンザの流行時期に発熱した場合は感染を疑...

no image
学童の指導員の悩みとは【やりがいのある仕事内容教えます!】

共働きの家庭が増え、学校が終わってから学童保育を利用する人が...

【会計報告】PTAや町内会での話し方はこれ!


「会計報告」と聞くととても堅苦しいものですが、大...

【悩める女子必見】部活を人間関係のトラブルで辞めたい時の対処法

好きで入った部活なのに「もう辞めたい・・・」と悩んでいません...

【待ち合わせに遅刻】何分まで待てるのか 教えます!


時間にルーズな相手との待ち合わせはとても憂うつで...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋で必ずトイレに行きたくなる】それって、症候群かも知れません!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理

x
結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと...

モルモットがゲージを噛む3つの理由と上手な対策


モルモットをペットとして飼っている中、ゲージをガ...

幼稚園に入園したのに体調崩して休みが多いと不安になるママへ

幼稚園に入園するのは子供にとってもママにとってもドキドキです...

【旦那と別居中で連絡なし】の場合の妻としての対応


夫婦として上手くいかずに喧嘩をすることはあります...

相撲のまわしを洗わないのは本当?力士の都市伝説


日本が誇る国技と言えば相撲ですね。大きな体の力士...

舌の筋肉は【人体最強】は本当?3分で変わる小顔トレーニング


人間の体の筋肉の中で最も強い部位はどこなのか。 ...

【小学校の同窓会】ない理由と出席したくない理由


成人式を迎えたと思ったら、気が付けば25歳、30...

スポンサーリンク


私大教授の年収ランキング!

私大大学教授の年収をまとめてみました。
45歳と55歳の場合でも差があるのでこちらも注目してみましょう。

・45歳の私大大学教授ランキング

1位 早稲田大学 12,767,900円
2位 中央大学 12,763,790円
3位 明治大学 12,652,517円

・55歳の私大大学教授ランキング

1位 中央大学 14,269,670円
2位 明治大学 14,131,032円
3位 関西学院大学 14,005,680円

このように45歳と55歳では約200万円ほどの違いがあるようです。
10位まで全ての大学が1千万円を越える年収という結果に驚きますね。

次に関西系の大学教授の年収についてもご紹介します。
先ほどのランキングにも関西系の大学は入っていますが、関西だけで比べるとこのような結果となります。
50歳の場合と60歳の場合でも見比べてみましょう。

・関西の大学教授の年収ランキング

1位 大阪芸術大学(50歳教授)14,531,370円 (60歳教授)15,841,000円
2位 龍谷大学(50歳教授)13,547,606円
(60歳教授)14,499,811円
3位 佛教大学(50歳教授)13,427,000円
(60歳教授)14,418,000円

関西の大学は最低でも1千3百万円以上という結果になっていますね。
関東の大学よりも年収が高いということもわかりました。

年収が上昇しているとされる私大の教授の年収を見ていると、退職金や仕事内容も気になるところ。

50歳よりも60歳の方が年収がグンとアップするのも大学教授ならではなのでしょう。

私大の教授へ転職すると年収アップ

教授の年収や退職金の金額には「教授会」の力の差が関係しているのは事実。

大学とは何事も教授会の了承が得られないと次へ進まない仕組みとなっています。

そのために、大学教授をはじめ大学教員の待遇についても教授の力が関係していると言われているようです。

生涯年収をアップしたいと考え、大学教授へ転職するとどのように増えるのでしょうか。

例えば、50歳で高校教師から大学教授へ転職をした場合、1千万円以上の年収が期待ができて65歳の定年まで勤務するとします。

生涯年収の差を考えると圧倒的に教授の方が高くなることがわかります。

これは男女どちらでも同じ内容となっているようです。

上昇する私大教授の年収と、下降する国立大学教授の年収

私大教授の年収は年々上昇している一方、国立大学の教授の年収は横ばいから減退しているという事実。

この理由はなぜでしょうか?

優れた人材にはそれなりの報酬を与えるべきという考え方だけでは難しいという大学の事情が見え隠れをしています。

しかし、今後を考えるとこの現状はしかるべき問題でしょう。

学生の前に立つ教授をはじめ教員には、それなりの対価を与えるべきではないのでしょうか。

豊富な知識や教養を必要とする大学教授に対する考え方を変え、私立大学との差を埋める対策が必要とされていると思います。

これからの人材への育成を考えると同時に、給料水準の低下を防ぐ方法も考えるべきでしょう。

大学教授の仕事内容や男女の比率

大学教授の待遇はその大学により大きく違っているようです。

これから大学教授を目指したいという方は、色々な大学の様子をよく見比べてみるといいと思います。

勤務日数で言うと、毎日出勤する大学もあれば週に4日しか出勤をしない大学も。

これは私大大学の方が多いようです。

教授の出勤時間も、早く来て授業の準備に取り掛かることもあれば、受け持ちの授業などがない日はゆっくりとしたスケジュールを過ごす日もあったりもする様子。

どの大学でも共通する点を挙げてみます。

・服装が自由
・教授の部屋がもらえる
・男女の差がない

これらがどの大学の教授にも共通している点でしょう。

意外なことに、色々な点において男女における差がないという結果もわかっています。
ただ、男性教授の割合が多くを占め、女性教授はわずか10%ちょっとという結果になっています。

ただ、女性でも働ける職業であることは間違いないので、これからは女性教授も増えるのではないでしょうか。

教授と学校教員の生涯年収はどちらが高い?

高い年収を得る人たちの中での職業を探っていくと、大学教授が多く占めていることがわかっています。

平均月収が57万円を越える私立大学教授は、年収やボーナス額も膨大となっていますね。

大学教授の生涯年収とよく比べられるのが、小・中・高の教員です。

年収だけを比べれば教授の方が多いのは明らかなのですが、そんな教授になるにはかなりの投資をしなくてはならないということもお伝えしたいです。

大学教授になるには、大学院までの学費はもちろんのこと、その後は講師や准教授を経てようやく早くて30歳遅くて40歳頃に教授となります。

こう考えてみると、学校の教師と教授の生涯年収は人によってはあまり差がない場合もあるでしょう。

もちろん、教師や教授と言っても私立か公立かによっても大きく差があることはお忘れなく。

 - 仕事

ページ
上部へ