知っとく.com

イギリスの空港での免税手続きと、免税店でのお買い物方法

   

イギリスの空港での免税手続きと、免税店でのお買い物方法

ヨーロッパ旅行で人気のイギリスへ行く前に、知っておくべき「免税」のことをまとめてみました。

イギリスで買ったお土産はどのような流れで免税手続きを行うのか、事前にチェックをしておきましょう。

日本とは違う持ち込み禁止のものもあるので、注意が必要です。

イギリス土産におすすめの紅茶やお菓子についてもご紹介します。

空港内の免税店でも手に入るものばかりなので、覚えておくと便利です。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【働くママ必見!】仕事と家庭のストレスを解消しよう!

働くママが増えましたよね。

仕...

夏休みの終わりになると子供は憂鬱に・・親としてできること

夏休みが始まると子供は喜び、親は落ち込みますよね。

たくさんはいらない!ご飯と味噌汁に漬け物さえあれば良し!

毎日しなければならないこと、それは「食事」です。

長電話なんてしたくない!迷惑な女友達への対処法教えます!

電話で話すのは好きですか?

電...

犬が怖い・・・だけど克服したい!おすすめの方法教えます!

ここ数年で犬を飼う人が本当に増えたと思います。

子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

【夫が出張で不在】こんな時みんなが食べているご飯を調査!


結婚している主婦にとって、夫が出張で不在の時はち...

友達関係がめんどくさい!遊ぶ約束したのに憂うつになる人の特徴


友達と遊ぶというとても単純な行動に憂うつさを感じ...

警視庁へ潜入!見学ツアーに個人で参加する方法


刑事ドラマなどでお馴染みの場所と言えばそう、警視...

【テスト前日】徹夜で一夜漬けするならこの方法で勉強する!


学生の皆さんの多くはテスト前日になると焦ってしま...

読書レポートの書き方!本読みのコツとポイント


高校や大学などで読書レポートの課題が出された時の...

【彼女と俺】真剣な話し合いをするのに適した4つの場所


彼女と険悪なムードになってしまった時は、1度真剣...

喧嘩から仲直りするコツは3つ!親子の場合教えます


親に向かってついつい反抗的な態度を取ってしまった...

【超多忙】医者の彼氏から連絡こない4つの理由


女性にとって結婚したい憧れの職業の男性TOP3に...

【バツイチ彼氏】元妻に嫉妬してしまう時の3つの心がけ


今の時代、バツイチなんて珍しくもなく身近な人でも...

スポンサーリンク


イギリス「ヒースロー空港での免税手続き」と空港内の免税店について

イギリス旅行へ行った際のお土産をスムーズに買う方法をご紹介します。

海外でお土産を買う場合は免税店がとても便利ですね。イギリスの空港内にも免税店があります。

もしカバンの購入を考えている場合、こちらで買うか空港外で買った方がいいのか迷います。そんな人へ参考になる情報はこれ。

「お土産の免税手続きを行う方法」

ロンドンにあるイギリス最大級の「ヒースロー空港」での免税手続きの例を見てみましょう。

・チェックインカウンター前

ヒースロー空港での免税手続きの場所は、チェックインカウンター前と出国審査後の2カ所で行っています。

チェックインカウンター前の方は非常に混雑をするため、時間に余裕を持って並びましょう。

・出国審査後

こちらは比較的に空いています。ただし、お土産は機内持ち込み限定となりますのでご注意を。

このように免税手続きには大変時間がかかり、全て中身をチェックしなくてはいけません。きれいに梱包をしても開く必要があります。

なお、免税店で購入した商品と普通のお店で購入した商品それぞれ同じように免税手続きを行います。

なので、どちらで買った方がいいということもないようです。

カバンが欲しい場合なら空港内の免税店でも購入はできますが、街にあるお店の方が品ぞろいが豊富のようです。

イギリスの空港にある免税店で買うお土産なら「おいしい紅茶」がおすすめ

イギリスでワインなどの飲み物をお土産にすることはできません。
イギリスの空港は「液体物」は持ち込み禁止となっています。

お土産におすすめするのが「紅茶」です。イギリスで本場の紅茶を買うのはいかがでしょうか?

有名な「ハロッズ」の紅茶も免税店で購入すると日本よりもお手頃価格で手に入ります。

なお、出国審査について先ほども触れましたが、出国審査後にも免税手続きが行われます。

スーツケースに詰めた場合はすでに航空会社へ預けているため、機内への持ち込むことはできません。

出国手続きの方法や審査基準などをよく確認し、適切にお土産の購入と梱包を行いましょう。

ヒースロー空港の免税店で選ぶ「女性が喜ぶ定番のイギリス土産」

「女性ばかりの職場」へのイギリス土産なら、紅茶とお菓子がおすすめです。

やはり紅茶が本場な国なので、女性にも人気のお土産となっています。

職場へ買うなら個包装のものがいいでしょう。バラマキをするならこちらの方が便利です。

紅茶の種類はたくさんあるので、自分で試飲をして買うのも楽しいですね。

迷ったら定番のアールグレイで間違いないのでは。
「Williamson Tea」というブランドが安くて美味しいという意見もあるようです。

この紅茶に合うお菓子も探してみましょう。定番のお菓子は「ファッジ」のようです。

ファッジとは、キャラメルのようにとっても甘く、この甘みが紅茶にぴったりらしいです。

ヒースロー空港内の免税店に色んなお土産が並んでいます。
職場に喜ばれるお土産を選びましょう。

イギリスへ行く前に歴史や情報をおさらいしよう!

ここではイギリスの情報や歴史についてまとめてみます。海外へ行く際にはその国のことを知っておくといいでしょう。

・イギリスの正式名称

グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国(The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)

・位置や面積

ヨーロッパ北西部のグレート・ブリテン島とアイルランド北部。
面積は約24.3万キロ平方メートル。

・人口

約6,138万人

・首都

ロンドン

・歴史背景

かつては移住してきたケルト人により開かれた国。紀元43年にはローマ帝国の属州となるが、3世紀には衰退。
アングロ・サクソン人の上陸により建国されます。

ここからはウェールズとスコットランドと長い争いが続きますが和解をし、併合。

18世紀後半からは産業革命として急激に発展。19世紀始めの頃のビクトリア王朝時代により「世界の4分の1を領有する」という時代を迎えます。

しかし第2次世界大戦後には植民地が独立をして行ったため、現在のイギリス連邦へとなります。

・イギリスの伝統やスポーツ

世界的な工業デザインの国。
スポーツはサッカー、ラグビーゴルフ、テニスの発祥の国として有名。

・観光地や名産物

コッツウォルズやスコッチウィスキーなどがチアなどが有名。
自然も多く、世界遺産の多い国です。

免税店で買い物をしたら「リファウンド・チェック」をしよう

ここまでイギリスでおすすめのお土産や免税手続きの方法などをご紹介してきました。

免税店でお買い物をした際には「リファウンド・チェック」の書類をもらいましょう。

1日に払い戻される税金の最低対象額以上のお買い物をしたら、その店舗ごとに必要となります。

イギリスの免税対象額は30ポンドからとなっておりますが、その店舗ごとに確認をしましょう。

レジの店員さんに「タックスフリー・プリーズ」と伝えれば書類を作ってくれます。

この際ににはパスポートの提示が必要となっています。一般的なお店ならパスポートのコピーでも大丈夫なようですが、一部のお店では実際のパスポートが必要です。

シャネルやエルメスなどのブランド店では本物の提示を求められるようです。

ここまでイギリスでの免税手続き方法をご紹介してきましたが、その国によって持ち込める品物が違ってきます。

スムーズに免税手続きを行えるように、事前によく調べておきましょう。

職場の人へ「希望のお土産」を聞いておくのもお忘れなく。

 - 観光 デート

ページ
上部へ