知っとく.com

イギリスの空港での免税手続きと、免税店でのお買い物方法

   

イギリスの空港での免税手続きと、免税店でのお買い物方法

ヨーロッパ旅行で人気のイギリスへ行く前に、知っておくべき「免税」のことをまとめてみました。

イギリスで買ったお土産はどのような流れで免税手続きを行うのか、事前にチェックをしておきましょう。

日本とは違う持ち込み禁止のものもあるので、注意が必要です。

イギリス土産におすすめの紅茶やお菓子についてもご紹介します。

空港内の免税店でも手に入るものばかりなので、覚えておくと便利です。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


イギリス「ヒースロー空港での免税手続き」と空港内の免税店について

イギリス旅行へ行った際のお土産をスムーズに買う方法をご紹介します。

海外でお土産を買う場合は免税店がとても便利ですね。イギリスの空港内にも免税店があります。

もしカバンの購入を考えている場合、こちらで買うか空港外で買った方がいいのか迷います。そんな人へ参考になる情報はこれ。

「お土産の免税手続きを行う方法」

ロンドンにあるイギリス最大級の「ヒースロー空港」での免税手続きの例を見てみましょう。

・チェックインカウンター前

ヒースロー空港での免税手続きの場所は、チェックインカウンター前と出国審査後の2カ所で行っています。

チェックインカウンター前の方は非常に混雑をするため、時間に余裕を持って並びましょう。

・出国審査後

こちらは比較的に空いています。ただし、お土産は機内持ち込み限定となりますのでご注意を。

このように免税手続きには大変時間がかかり、全て中身をチェックしなくてはいけません。きれいに梱包をしても開く必要があります。

なお、免税店で購入した商品と普通のお店で購入した商品それぞれ同じように免税手続きを行います。

なので、どちらで買った方がいいということもないようです。

カバンが欲しい場合なら空港内の免税店でも購入はできますが、街にあるお店の方が品ぞろいが豊富のようです。

イギリスの空港にある免税店で買うお土産なら「おいしい紅茶」がおすすめ

イギリスでワインなどの飲み物をお土産にすることはできません。
イギリスの空港は「液体物」は持ち込み禁止となっています。

お土産におすすめするのが「紅茶」です。イギリスで本場の紅茶を買うのはいかがでしょうか?

有名な「ハロッズ」の紅茶も免税店で購入すると日本よりもお手頃価格で手に入ります。

なお、出国審査について先ほども触れましたが、出国審査後にも免税手続きが行われます。

スーツケースに詰めた場合はすでに航空会社へ預けているため、機内への持ち込むことはできません。

出国手続きの方法や審査基準などをよく確認し、適切にお土産の購入と梱包を行いましょう。

ヒースロー空港の免税店で選ぶ「女性が喜ぶ定番のイギリス土産」

「女性ばかりの職場」へのイギリス土産なら、紅茶とお菓子がおすすめです。

やはり紅茶が本場な国なので、女性にも人気のお土産となっています。

職場へ買うなら個包装のものがいいでしょう。バラマキをするならこちらの方が便利です。

紅茶の種類はたくさんあるので、自分で試飲をして買うのも楽しいですね。

迷ったら定番のアールグレイで間違いないのでは。
「Williamson Tea」というブランドが安くて美味しいという意見もあるようです。

この紅茶に合うお菓子も探してみましょう。定番のお菓子は「ファッジ」のようです。

ファッジとは、キャラメルのようにとっても甘く、この甘みが紅茶にぴったりらしいです。

ヒースロー空港内の免税店に色んなお土産が並んでいます。
職場に喜ばれるお土産を選びましょう。

イギリスへ行く前に歴史や情報をおさらいしよう!

ここではイギリスの情報や歴史についてまとめてみます。海外へ行く際にはその国のことを知っておくといいでしょう。

・イギリスの正式名称

グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国(The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)

・位置や面積

ヨーロッパ北西部のグレート・ブリテン島とアイルランド北部。
面積は約24.3万キロ平方メートル。

・人口

約6,138万人

・首都

ロンドン

・歴史背景

かつては移住してきたケルト人により開かれた国。紀元43年にはローマ帝国の属州となるが、3世紀には衰退。
アングロ・サクソン人の上陸により建国されます。

ここからはウェールズとスコットランドと長い争いが続きますが和解をし、併合。

18世紀後半からは産業革命として急激に発展。19世紀始めの頃のビクトリア王朝時代により「世界の4分の1を領有する」という時代を迎えます。

しかし第2次世界大戦後には植民地が独立をして行ったため、現在のイギリス連邦へとなります。

・イギリスの伝統やスポーツ

世界的な工業デザインの国。
スポーツはサッカー、ラグビーゴルフ、テニスの発祥の国として有名。

・観光地や名産物

コッツウォルズやスコッチウィスキーなどがチアなどが有名。
自然も多く、世界遺産の多い国です。

免税店で買い物をしたら「リファウンド・チェック」をしよう

ここまでイギリスでおすすめのお土産や免税手続きの方法などをご紹介してきました。

免税店でお買い物をした際には「リファウンド・チェック」の書類をもらいましょう。

1日に払い戻される税金の最低対象額以上のお買い物をしたら、その店舗ごとに必要となります。

イギリスの免税対象額は30ポンドからとなっておりますが、その店舗ごとに確認をしましょう。

レジの店員さんに「タックスフリー・プリーズ」と伝えれば書類を作ってくれます。

この際ににはパスポートの提示が必要となっています。一般的なお店ならパスポートのコピーでも大丈夫なようですが、一部のお店では実際のパスポートが必要です。

シャネルやエルメスなどのブランド店では本物の提示を求められるようです。

ここまでイギリスでの免税手続き方法をご紹介してきましたが、その国によって持ち込める品物が違ってきます。

スムーズに免税手続きを行えるように、事前によく調べておきましょう。

職場の人へ「希望のお土産」を聞いておくのもお忘れなく。

 - 観光 デート

ページ
上部へ