知っとく.com

かぼちゃの煮物を日持ちさせて、お弁当に使う方法

   

かぼちゃの煮物を日持ちさせて、お弁当に使う方法

甘くてホクホクしたかぼちゃの煮物は、子供から大人まで人気のおかずです。

食物繊維がたっぷり入ったかぼちゃは、食卓に取り入れたい食材ですね。

ある工夫をすると、お弁当にかぼちゃの煮物を入れることが可能になりますよ。

正しい保存方法や、簡単で美味しいかぼちゃの煮物のレシピをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


かぼちゃの煮物の保存方法!日持ちさせてお弁当にも活用

おいしいかぼちゃの煮物を上手に保存をしたり活用する方法をご紹介します。

冷蔵だけでなく、実は冷凍をすることも可能です。

正しい方法を知り、お弁当にも入れてみましょう。

「かぼちゃの煮物の保存方法」

・冷蔵保存

作ったかぼちゃの煮物を冷蔵庫で保存したい場合、保存容器に入れて粗熱をよく取ってからしっかりとふたを閉めて保存します。

5少し長めに保存をしたい場合、1日おきに火を通し直すとより日持ちがしますが、2~3日以内を目安に食べましょう。

・冷凍保存

冷凍をする場合は1つづつラップに包み、保存容器や保存袋に入れてしっかりと空気を出してから冷凍庫内へ入れて保存をします。

保存容器で冷凍をする場合なら一緒に煮汁を入れて保存をすることもできます。

冷凍をした場合でもできるだけ早めに食べ切りましょう。
2週間以内を目安にお召し上がりください。

お弁当のおかずとして凍ったまま入れることで、食べる時間には自然解凍がされておいしく食べられます。

また、夏場は保冷剤代わりに利用をすることができます。

夏場のかぼちゃの煮物は日持ちしない!

かぼちゃの煮物の保存方法と保存期間がわかったら、正しい方法でおいしく召し上がってください。

先ほどは冷蔵と冷凍保存をした場合の保存期間についてご紹介しました。

ここでは常温でどのくらい保存できるのかを考えてみましょう。

よくお鍋で作ってそのまま置いておく人もいると思います。
季節によってはあまり望ましくないので、常温で置いておいた場合の保存時間をまとめてみます。

「かぼちゃを常温で食べられる保存時間」

・夏場の気温の高い季節は約1時間以内

・春と秋ごろなら半日以内

・気温の低い冬場は約1日

季節と気温によって大きく違いがあります。

冬場ならその日のうちに食べることができますが、夏場はそのまま置いておくことはおすすめしません。

すぐに食べる場合以外は冷蔵庫か冷凍保存をしましょう。

かぼちゃの煮物は作った翌日になると味が染みてより一層美味しくたべることができます。

夏場なら冷蔵庫から取り出したままの冷たい状態でもおいしいです。

もちろんレンジで温め直して食べてもいいですね。

かぼちゃの煮物へ「冷凍保存」で日持ち度アップ!

最初に「かぼちゃの煮物の冷凍保存」の方法について触れましたが、ここではより詳しく解説してみたいと思います。

お弁当に使いたい場合での冷凍のやり方と、解凍をする方法をご紹介します。

「かぼちゃの煮物を冷凍をしてお弁当に入れる方法」

・冷凍する方法

よく冷ましたかぼちゃの煮物の煮汁は切っておきます。
お弁当以外のおかずとして冷凍をする場合は煮汁も一緒に冷凍をすることができますが、お弁当に入れるものは水っぽくならないようにしておきましょう。

かぼちゃを1つづつラップに包みます。しっかりと空気を抜くようにすることで風味を保つことができます。

便利なのは、お弁当用の小分けカップに載せた状態にするとパッと使うことができますよ。
この場合はレンジ対応のカップを使い、保存容器に並べて入れて密閉をして、冷凍をしましょう。

・保存期間

しっかり汁気を切った状態なら約1ヶ月が目安です。

美味しく食べ切るには出来る限り2週間以内に食べることがおすすめです。

・解凍方法

お弁当のおかずとして利用する場合は、冷凍のまま入れましょう。
すぐに食べる場合は、ラップまたは保存容器に入れたまま電子レンジで解凍をします。

電子レンジで温める場合、加熱時間が長すぎると爆発する恐れがあります。

少しづつ確認をしながら温めてください。

圧力鍋で形を崩さずにかぼちゃの煮物を作るコツ

保存やお弁当に利用する方法がわかったところで、美味しく作るやり方についてご紹介します。

中まで味を染み込ませるために「圧力鍋」を使った方がいいのでしょうか?という疑問をよく聞きますが、かぼちゃを圧力鍋にかけて作ると身と皮が離れてしまいがちです。

ここで皮がはがれないコツをご紹介します。

かぼちゃを煮るときのだし汁の目安としては、一般的なかぼちゃの半分の量に対してだし汁500㏄が、美味しく作る目安の量です。

しっかりと水分を入れることできれいな状態のかぼちゃの煮物を作ることができますよ。

圧力鍋で作ったとき形が崩れてしまうという人はこのやり方をお試しください。

最低限の調味料で作る「かぼちゃの煮物の圧力鍋レシピ」

こちらのレシピは本格的な味が楽しめるレシピです。ぜひお試しください。

「圧力鍋で作るかぼちゃの煮物」

・材料

かぼちゃ1/4個
水1.5㏄
砂糖大さじ3
塩小さじ1/2

・作り方

1.かぼちゃの下処理をします。皮付きのまま食べやすい大きさに切る。

2.圧力鍋にかぼちゃの皮を下にして入れて並べ、水や調味料を入れる。

3.圧力鍋を火にかけ、蒸気が上がったら弱火にして4分加圧。

4.火を止めてそのまま10分。

5.完成。

この作り方も水分は多めにしてあるので、煮崩れを防いで作ることができます。

ポイントは最低限の砂糖と塩で作ること。たったこれだけで美味しく仕上がります。

 - 料理

ページ
上部へ