知っとく.com

拒食症を克服するための「回復期の食事」

   

拒食症を克服するための「回復期の食事」

モデル体型に憧れ、軽い気持ちで始めたダイエットがきっかけで、拒食症に陥ってしまう人はとても多いです。

大人だけではなく、なんと小学生でも摂食障害を起こす子供が増えているとか。

それでも何とか回復期を迎えたとき、今までの反動が起こり今度は過食期に入ります。

このときどんな食事をするべきか、身体にどんな変化が起こるのかを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


拒食症を克服するための「回復期」の食事

軽い気持ちでダイエットを始めたのがきっかけで、拒食症に発展してしまう女性は実は多いものです。

体重が落ちることの喜びだけを優先してしまい、やがて食事をすることに対して体が受け付けなくなってしまったとき。

心身ともに怖い状況になってしまいます。

拒食症から這い上がるまでの道のりは、長いものでしょう。

少しづつ食べることができるようになると「回復期」に入ります。

ただこの時期になると今までの反動が襲ってきてしまい、ずっと食べ物を口にしないと気が済まなくなってしまう「過食」になってしまう傾向があります。

ただ、この時期で食べることを抑えてしまうと、せっかくの治すチャンスを逃してしまうでしょう。

では、拒食症の回復期はどのような食事をするべきでしょうか?

拒食症を克服させるための食事方法や、周りにいる人の協力するべきことをご紹介します。

拒食症からの脱出!回復期に食事を摂ったことによる心身の変化

まずは、食事が摂れるようになると、どのような変化が起きるのかをまとめてみます。

拒食状態から回復期に入り、食事が摂れるようになると身体にどのような変化が起きるのでしょうか。

また、精神的にも変化が起きる傾向があります。

今までとの変化や違いを確かめてみましょう。

「身体に起きる変化」

・むくみが出る

自己嘔吐を繰り返していたのを止めると、身体に水分が溜まるようになります。
急な変化により排泄機能が上手くいかず、一時的に身体がむくんでしまったりします。

・便秘になる

食事量が増えると肝機能が付いて行かず、一時的に悪くなることもあります。
この影響により、便秘を引き起こすことがあります。

・心拍数が上昇する

食事をすることで、体温が上がり代謝も上がります。
これにより胸がどきどきして汗をかくこともあります。

代謝機能が急上昇し、皮膚が一時的にむけることもあります。

・下腹が出る

身体が痩せると内臓が下垂します。これにより食事を摂ったことで下腹が出ることが多いです。

お腹が出るということが嫌になり、頭がいっぱいになってしまうかも知れません。
ですが、少しづつ筋肉を取り戻すことで下がった内臓が上がりお腹も締まります。

「心の変化」

食べることにより、今まで感じなかったことにどんどん気が付くようになります。

例えばテレビを見て面白いと思ったり、集中して何かを行うことができるようになるでしょう。

その分色々なことを考えてしまい、落ち込むこともしばしば見られるかも知れません。

現実的なことに対面したとき、周りへその気持ちを話し、周りの人は支えてあげましょう。

拒食症に戻らないための「回復期の食事」

拒食症の人が回復期に入ったら、こんな食事を心がけましょう。

食事を楽しむには、素材の味を噛みしめてみてはいかがでしょうか。

周りの人も食事へのサポートを、しっかりと行ってみてください。
無理をせず、少しづつ回復をすることを目指しましょう。

「回復期の食事」

・和食中心にする

ご飯を中心に、一汁一菜または一汁二菜ぐらいを目指しましょう。

白米を食べることで、エネルギー不足を補います。
胃腸が回復をしてきたら、雑穀米にするとビタミンやミネラル分が摂取しやすいのでおすすめです。

太りることを恐れるなら、しっかりとタンパク質を食べましょう。
大豆や肉や魚なども積極的に食べることで筋肉が付き、下腹が出てしまうことを防げます。

太りそうなイメージがあるかも知れませんが、食べる意味を考えてみましょう。

ご飯を中心に、色々な食材を食べることでバランスが取れるようになります。

野菜などもしっかり食べて、お肌がボロボロになるのを防ぎましょう。

過剰なダイエットは拒食症に繋がる

雑誌のモデルのような細い体型に憧れて、食事を減らしてしまうのは危険です。

最初は体重が減ることに喜びを感じたかも知れませんが、やがて食事自体ができなくなってしまう恐れがあります。

自己嘔吐をしてしまうと、内臓機能がおかしくなってしまいます。

そのまま治さなければ、やがて、骨が見えるほどに痩せてしまうのです。

それは、本来憧れた姿とはほど遠いものでしょう。

過度なダイエットをすることは、それほどの危険があるということです。

健康的にダイエットをする方法は、必要な栄養をしっかり接種をして適度な運動を行うことです。

なかなか難しいからと安易なダイエット方法を試してみるのは、避けましょう。

生理が止まってしまっては、将来の妊娠にも関わる問題が起きてしまいます。

ダイエットに夢中になり過ぎると、本人は気付きにくいです。

もし周りにあまりにも偏食をしていたり、急激に体重が落ちた人がいたら忠告をしてあげましょう。

早めの対処をすることが大切です。

また、太ることへの恐怖心を取り除く心のケアも必要です。

小学生でも起こり得る摂食障害

最近ではなんと、小学生でも摂食障害を起こす子供が増えているそうです。

中にはわずか3年生という年齢でも、拒食症になってしまっている子がいるとか。
なぜこのようなことになるのでしょうか。

拒食症になってしまう原因は「太りたくない」という強い気持ちです。

これにより意図的に食べ物が飲み込めなくなったり、カロリーの高いものを避けてしまうようです。

食に対する意識と、心のケアを同時に行う必要がありますね。

親として、子供が拒食症になってしまうのは避けたいものです。

日頃から変化を見守っていくべきでしょう。

 - 健康

ページ
上部へ