知っとく.com

髪の毛を染めたら眉毛のカラーもチェンジしよう!

      2017/09/28

髪の毛を染めたら眉毛のカラーもチェンジしよう!

髪色を明るくした時「なんだか眉毛が浮いているな」と思った場合、あなたはどうしますか?

最近では自分で眉毛を染める方法もあるようですが、使い方には注意が必要のようです。

髪色に合わせてバランスを整える簡単な方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


明るい髪にしたら眉毛も染めた方がいいの?

髪色を明るい色にチェンジしたとき、眉毛ってどうしていますか?

髪の毛が明るい色に対して眉毛が黒々と目立っているのって…おかしいでしょうか?

女性の場合なら、髪の毛の色に合わせてアイブロウを明るくしたりできるかも知れないけど、男性の場合ならどうでしょうか。

でも、髪の色に合わせるとしたらどうしたらいいのかよくわからないですよね。

中には眉毛もブリーチしたりする人もいるようですが、失敗した場合を考えると悩みます。

一般的な意見を聞いてみると、髪の毛に対してあまりにも眉毛の濃さが目立つ場合なら軽くブリーチすることがあるとか。

ただ、わざわざ同じ色に染めたりはしないようです。

また、個性的にしたい場合、髪の毛との色のギャップを楽しむという考え方もあるようです。

赤い髪の毛に黒い眉毛でも、そのアンバランスさをあえて強調する、といった意見も見られます。

なので眉毛まで同じカラーに染めず、軽くブリーチをしたり違う方法で全体的なバランスを取るということが大事なんですね。

染めた髪の毛に合わせて「眉毛用マスカラ」を使ってみよう

髪の毛を染めても眉毛まで染めようとはなかなか思えませんよね。

そんな時に便利なアイテムをご紹介します。

・眉毛用マスカラを使う

髪色に合わせてペンシルやパウダーアイブロウの色を変えて描くのもいいと思います。

でもなんだか不自然になってしまうのが悩みという人は多いようです。

それならば、より自然な眉にしたいなら眉毛の色を一時的に変えられる通称「眉マスカラ」がとても便利です。

髪色の明るさに合わせて使用するだけで、黒い眉毛よりもバランスが良くなります。

髪色よりワントーン暗めを選ぶか明るめを選ぶかでも印象が変わるでしょう。

アイブロウで整えたら仕上げとして眉マスカラを使ってみてください。

眉毛の流れを整える感じで付けていくだけでOKですよ。

まつ毛ようのマスカラを眉毛にも塗るという裏技もありますが、眉マスカラを使ったほうが塗りやすさが違うと思います。

初心者の方は、髪色と眉毛の中間色を試してみると失敗は少ないです。

髪に合わせて眉毛を染めたい場合の注意点

一時的に眉毛の印象を変えられる「眉マスカラ」をご紹介しましたが、それでも髪の色と眉毛があまりにも違い過ぎるという場合は、眉毛をカラーリングすることを考えた方がよさそうです。

ご自分でブリーチをする方法もありますが、できる限り専門のサロンで行うことをおすすめします。

その理由は、眉の辺りの皮膚はデリケートな部分であるということと、薬剤が目に入ってしまうと大惨事になってしまうということが考えられます。

これを踏まえて自分でカラーリングする方法をご紹介します。

・眉毛専用ブリーチ剤

最近では手軽にブリーチができる「眉毛専用ブリーチ剤」が販売されています。

ほとんどの場合クリーム状になっているので、これを眉毛全体にしっかりと塗ります。

塗った上からラップをして、指示されている時間を置いてから洗い流しましょう。

洗い流すときは目に入らないように十分注意をする必要があります。

また、皮膚への影響を考えてあらかじめパッチテストを行ってからブリーチを行いましょう。

メイクが落ちても大丈夫な「ナチュラルな眉毛」を目指そう!

眉毛について色々考えてきましたが、カラーリングをする場合でもメイクをする場合でも「ボサボサ眉毛」では整えにくいです。

だからと言って、眉毛を抜いてばかりいるのは皮膚が痛むのと毛根が弱くなってしまい眉毛が薄くなってしまいます。

また自分で眉毛をカットをしている人も多いと思いますが、ついつい切り過ぎてしまい不自然になりがちです。

最近では「眉毛専用サロン」なる存在もあるようですが、こういったサロンではどのような方法で行うのか気になりますよね。

調べてみたところ、切ったり抜いたりするのではなく、はみ出した部分を脱毛クリームで除去するという方法が多いようです。

不自然に整えてしまうと、メイクが落ちたときに少し恥ずかしいですね。

これを防ぐには、抜き過ぎや切り過ぎには注意しないといけません。

眉毛用マスカラをきれいに塗るコツ!

髪色を明るくしたときに気付く「眉毛の色」について色々考えてきました。

眉毛って顔全体のバランスを取る重要なパーツだということがよくわかりました。

色一つ変えるだけで印象が変わるので、なんだか不自然だなと思ったときはぜひ眉毛の色をチェンジしてみましょう。

結局、眉毛のブリーチをする方法よりも眉毛マスカラを使うことが手っ取り早く安全だと思いますよね。

ここで眉毛マスカラできれいに仕上げるちょっとしたコツをご紹介します。

「眉毛マスカラの塗り方」

・マスカラを塗るときは、眉尻から眉頭に向かい毛の流れに逆らうように塗る。

つい眉頭から塗ってしまいがちですが、毛の流れに逆らうことで眉毛全体的に塗ることができます。

最後に眉頭から眉尻に向かって整えるととてもきれいに仕上がりますよ、ぜひお試しくださいね。

 - 美容・エステ

ページ
上部へ