知っとく.com

お通夜へ参列する服装マナー!仕事帰りに参列する場合

      2017/09/28

冠婚葬祭マナーというものは知っているようで実は奥深いものであり、社会人として覚えておくべきことです。

今回は、会社帰りにお通夜に参列する場合の正しい服装についてお伝えします。

一般的なマナーとご自分の地域のマナーが違うということも、予めご留意ください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
友達に誘われた映画を見たくないと思ったときの対処法

友達からあまり見たくない映画に誘われたらどうしますか? <...

no image
これでスッキリ!メールを無視する友人の気持ちや対処法

友人にメールを送っても全く返信がなくて心配になったことってあ...

no image
大学院生なら結婚時期が遅れる?メリット・デメリットを考える!

大学だけでなく、大学院に進んで勉強をしたい!
...

no image
夫はスマホばかり・・ストレスが溜まる前の対処法はこれ!

夫にストレスを感じている妻は決して少なくありません。

no image
【抱負の例文】作文の課題のポイントを抑えて大学に合格する!


大学入試の際に「抱負を作文に書け」という課題が出...

no image
喧嘩したら無視されてしまった!友達と仲直りする方法

友達と喧嘩してしまうことってありますよね。
...

no image
【ママ必見!】魚が好きじゃない子どもに食べさせるコツ教えます!

魚を食べることが体に良いということは分かっているけれど、子ど...

no image
【学校の友達が合わない】と悩んでいるあなたに伝えたいポイントと対策

学校を楽しいと感じることもあれば、楽しくないと感じることだっ...

no image
【不安解消!】教授からメールの返信こない時の対処法

大学生になれば教授とメールのやりとりをすることが出てきます。...

no image
【働くママ必見!】仕事と家庭のストレスを解消しよう!

働くママが増えましたよね。

仕...

no image
夏休みの終わりになると子供は憂鬱に・・親としてできること

夏休みが始まると子供は喜び、親は落ち込みますよね。

no image
たくさんはいらない!ご飯と味噌汁に漬け物さえあれば良し!

毎日しなければならないこと、それは「食事」です。

no image
長電話なんてしたくない!迷惑な女友達への対処法教えます!

電話で話すのは好きですか?

電...

犬が怖い・・・だけど克服したい!おすすめの方法教えます!

ここ数年で犬を飼う人が本当に増えたと思います。

no image
子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

no image
【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

no image
家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

no image
空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

no image
【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

no image
【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

スポンサーリンク


仕事帰りに通夜へ参列する場合の正しい服装とは?

仕事中に身近な人や関わりのある人の訃報が届いたら…驚きとショックで頭がいっぱいになってしまうでしょう。

そしてこれから自分が向かうべき場所はお通夜ですね。

すぐにでも駆け付けたい気持ちになると思いますがよく考えてみたら…職場から向かうことになってしまいます。

この場合はビジネススーツで参列しても構わないのでしょうか。

帰宅して喪服に着替えたい、しかしその時間がない場合はどうすべきでしょうか。

前もって仕事帰りに通夜に参列することがわかっている場合なら、喪服を会社に持って行って着替えてから向かうべきなのか。

よく考えてみるとどれが正しい方法でどれが失礼のない服装なのか分からなくなるものです。

このような突然の訃報が届いて仕事帰りに通夜に参列する場合の服装について、正しい知識をご紹介していきます。

ただ、これについてはさまざま意見があり、その地方によっても違うということを覚えておいて頂きたいのです。

自分の地域はどうすべきかを予め確認しておくことが大切です。

大都市圏なら喪服で!仕事帰りに通夜へ参列する服装

こんなことを聞いた人があると思います。

「お通夜はどんな服装でも大丈夫」ということ。

これはとにかくお通夜に駆けつけるという気持ちが大切だということからこう言われているのでしょう。

ただ、これが本当だと信じて参列をしてしまうと非常識に当たる恐れがあります。

とくに東京や大阪や名古屋などの大都市圏の場合はしっかりと喪服を着用して参列することが常識だという認識があります。

そのため、仕事帰りにお通夜に参列する場合でも喪服を着ることが当たり前とされています。

この場合は喪服を持参して出勤をし、会社で着替えて向かいます。

このように「その地域でも違う」ということをしっかりと覚えておきましょう。

事前に周囲の人へ確認をしておくと間違いがありません。

突然の訃報が届いたら…仕事帰りにお通夜へ参列する服装や一般常識

「訃報が届いたときの対応」

まず訃報の連絡をもらったら「お悔み申し上げます」という言葉を述べましょう。

故人とのお付き合いの深さの度合いによって対応にも差がありますが、失礼のないように注意をします。

また、遠方で行くことができない場合は弔電の手配を行いましょう。

故人が身内や付き合いの深い人である場合なら、お通夜の前に駆けつけても構いません。

ただ、自分の気持ちを優先してしまうと遺族に迷惑をかけることがあります。

事前に都合のよい時間を聞いてから向かいましょう。

この時の服装は喪服ではなく私服のままで大丈夫です。

「お通夜に参列をするときの注意」

行われる時間と場所をよく確認しておきましょう。

決して遅れることのないように心得て向かうべきです。

服装はブラックスーツや黒のフォーマルドレスが主流となっており、光沢のあるものを身に着けることは避けましょう。

アクセサリーは一連パールネックレスを使います。

そのほかのアクセサリーは結婚指輪以外は外しておきましょう。

女性が通夜するときの服装やアクセサリー

ここからは女性がお通夜に参列するときの服装マナーについてご紹介していきます。

まずはよくある質問について考えてみましょう。

「パンツスーツでもOK?」

突然のお通夜のお知らせが届いた場合、黒のパンツスーツでもギリギリOKでしょう。

ただ地域によっては喪服じゃないと非常識に当たる場合があるので事前に確認をしておきます。

身内のお通夜の場合なら喪服を着用して参列すべきです。

一般的に女性が着る喪服と言えば、黒無地のワンピースまたはアンサンブルスーツとなっています。

黒のスーツを着用する場合なら、黒のブラウスやスカーフを使って工夫をします。

「ストッキングは?」

お通夜に参列するときのストッキングは黒を選びます。

肌色でも構わない場合もあります。

アクセサリーは結婚指輪程度にとどめておきましょう。

一連のパールネックレスはOKですが、二連以上のものは絶対にNGです。

派手なネイルも落とし、メイクもシンプルに施します。

髪をまとめる場合は黒いゴムを使用をしましょう。

バッグについては黒いものを選びます。

喪服と一緒に用意をしておくといいでしょう。

仮通夜へ駆けつける服装は私服でもOK?

訃報というものは突然来るものであり、社会人として喪服や小物などの準備はしておくべきです。

そもそも喪服とは何なのか?と言えば「喪に服している」という意味を持つものです。

故人を偲ぶための服装をすることで、遺族への気遣いをするという意味にもなります。

正式な喪服にはモーニングや和装があり、略式にはブラックスーツやブラックフォーマルがあります。

故人が親族以外である場合、親族より格式が上にならないよう略式の喪服を着用することがマナーとなっています。

「仮通夜とは?」

亡くなった直後に行われるもので、これは私服のまま駆けつけても構いません。

逆に喪服を着用することは不幸を予期していたとされるので注意をしましょう。

このように、突然の訃報を受けてお通夜に参列する場合のマナーをご紹介してきました。

地域によっても違いがあるとお伝えしましたが、この機会に自分の地域のマナーを周囲の人に確認をしておきましょう。

喪服などの準備を行うことも忘れずに。

 - ライフハック

ページ
上部へ