知っとく.com

社会人が大学を目指す!一般入試と社会人入試の違い

      2017/09/28

社会人が大学を目指す!一般入試と社会人入試の違い

社会人になってから「やっぱり大学へ行きたい」と思う人が中にはいます。

働いてみて感じる学ぶことの大切さや学歴の問題。

しかし社会人が大学受験に臨むことは可能なのでしょうか?

この場合は一般入試を受験するべきなのかもよく分からないですよね。

今回は、社会人が大学を受験する方法と現実的な問題をいくつかご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

娘の結婚が寂しいのは父親だけじゃない!母親にも要注意!

娘の結婚を寂しがるのは父親というイメージがありませんか。 ...

野草を食べる!春の味覚の美味しい効果のヒミツ


寒い冬が終わり、春を迎えた時の楽しみと言えば山菜...

どうにかしたい!幼稚園でトイレに行かない子供の理由や対処法

子供が幼稚園に行き出すと、親にとって様々な悩みが出てきます。...

【仕事したくないから】専業主婦から抜け出す4つのポイント


妊娠を機に仕事を辞める人は多く、子供がいる女性は...

【女子必見!】~男友達に彼女ができたときの付き合い方~

ある日仲のいい男友達から「彼女ができた」と言われたらどうしま...

インフルエンザかも!?日曜日に発熱した時の適切な対応


インフルエンザの流行時期に発熱した場合は感染を疑...

no image
学童の指導員の悩みとは【やりがいのある仕事内容教えます!】

共働きの家庭が増え、学校が終わってから学童保育を利用する人が...

【会計報告】PTAや町内会での話し方はこれ!


「会計報告」と聞くととても堅苦しいものですが、大...

【悩める女子必見】部活を人間関係のトラブルで辞めたい時の対処法

好きで入った部活なのに「もう辞めたい・・・」と悩んでいません...

【待ち合わせに遅刻】何分まで待てるのか 教えます!


時間にルーズな相手との待ち合わせはとても憂うつで...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋で必ずトイレに行きたくなる】それって、症候群かも知れません!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理

x
結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと...

モルモットがゲージを噛む3つの理由と上手な対策


モルモットをペットとして飼っている中、ゲージをガ...

幼稚園に入園したのに体調崩して休みが多いと不安になるママへ

幼稚園に入園するのは子供にとってもママにとってもドキドキです...

【旦那と別居中で連絡なし】の場合の妻としての対応


夫婦として上手くいかずに喧嘩をすることはあります...

相撲のまわしを洗わないのは本当?力士の都市伝説


日本が誇る国技と言えば相撲ですね。大きな体の力士...

舌の筋肉は【人体最強】は本当?3分で変わる小顔トレーニング


人間の体の筋肉の中で最も強い部位はどこなのか。 ...

【小学校の同窓会】ない理由と出席したくない理由


成人式を迎えたと思ったら、気が付けば25歳、30...

スポンサーリンク


社会人が大学へ行くには一般入試を受験するべき?

社会人として働きはじめたけど、やっぱりもう一度大学へ行きたい。

結婚をして子供を産み、社会復帰をする前に大学で学び直したいという人もいます。

あとは、一度大学を卒業して就職をしたけど、別の大学で学びたくなったという場合もあります。

この理由の多くは学歴問題に直面をしたり、自分の目指す職業に必要な場合だということです。

しかしは社会人でも一般入試を受ければいいのでしょうか?

それとも社会人入試というものを選ぶべきなのか。

これらの試験の違いは一体何でしょうか。

今回は、社会人になってから大学への入試をする方法について考えていきたいと思います。

大学を合格するための勉強法についてもご紹介していきます。

大学の一般入試と社会人入試の違い

「一般入試」

高校を卒業した人が受験をするにはこの一般入試になります。

中には中学卒業後でも受験ができる大学がありますが、一般的には高卒以上となっています。

この場合なら高卒認定試験を受けてから大学受験を考えることもできます。

合格をするには一般入試を受験し、書類審査や面接を経て合否が決定するのが一般的な流れです。

一般入試の内容は大学によって異なります。

「社会人入試」

社会人として働いた人がもう一度受験をするための社会人枠が社会人入試です。

こちらは一般入試に比べて筆記試験の負担が軽減されているため、社会人として働いながら受験に臨めるようになっています。

一度大学を卒業をした人もこちらの入試を受けて大学院を目指すこともできます。

試験内容は書類審査と面接、小論文などで合否が決定されます。

一般入試とは違う!社会人が大学を目指すということ

では社会人として大学を受験するのはどのような対策を行うべきかをご紹介します。

「事前準備をしっかりと行う」

社会人入試の内容は国公立と私立によって大きく変わります。

筆記試験の内容をしっかりとリサーチを行うことが重要です。

特に過去問題や予想出題傾向などはチェックをしておきましょう。

社会人入試は筆記試験が軽減されていますが、主に語学と専門科目、小論文が出題され面接により合否が決定されます。

「資金計画を行う」

もう一度大学へ行くということは仕事を辞めて学生になるということです。

収入が途絶えても生活が送れるようにしっかりと貯蓄を行いましょう。

一人暮らしの場合は進学費用のほかに家賃などの生活費をしっかりと考えておかなくてはいけません。

家族がいる人は家族からの支援が必要となります。

会社を退職をして進学を目指す場合その間の収入が途絶えてしまうため、家族からの十分な理解を得ることが重要です。

会社と大学を両立させるいくつかの方法を考える

社会人が大学で学ぶにはいくつかの方法があります。

一般的な大学、通信制大学、夜間コース大学などがあります。

通信制大学と夜間コース大学を選択して働きながら学ぶ道を選ぶ人もいます。

しかし会社と大学を両立させるにはいくつかのポイントがあります。

「職場の理解」

まず働きながら大学へ通うには職場の理解が必要です。

上司への相談もなしに進学を決めることは規約違反になる恐れがあるので注意をしましょう。

なかなか承諾を得ることは難しいかも知れません。

しかし職場の理解を得られないうちは大学への進学は不可能です。

「時間の工夫」

仕事をしながら大学へ通うことは時間的に無理だと思うかもしれません。

ただ、大学には色んなスタイルがあるので自分の都合のよい時間だけ通学に充てることは可能です。

たとえば土日だけ授業に出る人、平日の夜2日だけ参加をする人なもいます。

オンライン授業が利用できれば家にいながら学ぶこともできます。

このように勉強スタイルはさまざまな方法があります。

単位を取れるように時間の工夫を行えば、どんな人でも学ぶことは不可能ではありません。

現役生とは違う!社会人が大学受験をするには

社会人が大学受験をして合格をするには、受験勉強の時間をいかに確保するかによるでしょう。

そして年齢によっては現役生とは大きな差が付いていると思います。

記憶力が劣化していると思うこともあるでしょう。

だからと言って不利になることはありません。

大人だから時間がない…これを理由に挙げてしまうことはマイナスな自己暗示となってしまいます。

まずは勉強を行うスケジュールを合理的に決めてしまい、それをひたすらこなすしかありません。

勉強内容は情報収集をしてから冷静に決定をし、淡々とこなしていきましょう。

高校生の頃とは違う視点から勉強内容を考える力を持っているはずです。

ぜひ社会人でも大学合格を勝ち取れるということを証明してくださいね。

 - 勉強

ページ
上部へ