知っとく.com

良い嫁と思われたい!夫の実家で正月を上手く乗り切る!

   

良い嫁と思われたい!夫の実家で正月を上手く乗り切る!

日頃から夫の実家と行き来していれば話は別ですが、正月やお盆にしか顔を出さないのであれば

夫の実家は、嫁にとって少し気の重い場所かもしれません。

しかしたまにしか会わないからこそ、良い印象を残しておきたいですよね。

良い印象を残すには、どう過ごせばいいのでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

夢を思い出す「よくない内容」を見た時の対処法


何かに追いかけられたような…寝ている間にそんな夢...

no image
夜になると体重が1㎏増加!ダイエット成功のカギは「むくみ」対策はこれだ!


朝起きた時の体重と、夜寝る前の体重はおよそ1㎏増...

【夜勤労働】寿命が縮むリスクとDNAを修復する食べ物


社会問題にもなっていますが、今の世の中には夜中も...

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応


子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です...

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

スポンサーリンク


正月に嫁の実家と夫の実家のどちらを優先させるべきか

夫婦の実家が遠い場合は正月に帰省すると思いますが、夫の実家と嫁の実家のどちらを先に行くのかということで悩む人が多いようです。

つまり元旦をどっちの実家で過ごすかということですよね。

夫婦が同じ考えであればそちらを優先させればいいですが、意見が分かれてしまった場合は困るでしょう。

それぞれの意見をきいてみたところ

<夫の実家を優先>

・夫の両親がそういう考えでなので合わせている

・夫の実家が遠いのでそっちから先に行く

<嫁の実家を優先>

・嫁の両親が寂しがっているので先に帰る

・嫁の実家が近いので近い方からいく事に決めている

これらを見ると夫婦だけの意見ではなく、相手の両親や距離の事も問題となってきそうですね。

また、どちらの実家も遠い場合は帰省に費用もかかるため、年ごとや遠い方の実家に帰るというところもあるようです。

正月に夫の実家に帰省 良い嫁だと思われるには?

たまにしか夫の実家に行かないのであれば、やはり良い印象を残しておきたいものです。

正月には夫の両親だけではなく、兄弟や親戚も集まると思います。

嫁は客ではないので、ここでしっかりお義母さんを手伝わなければなりません。

帰省の際にはエプロンを持って行くことを、忘れないようにしましょう。

「手伝います」と言っても

「何もしなくて大丈夫」と言われるかもしれませんが、建前の可能性があるので素直に聞き入れてはいけません。

飲み物を配ったり、注いだり、食事を運んだりと探せば出来ることはあるのでテーブルの上に気を配っておきましょう。

ここで注意しなければならないのは女性にとってキッチンは誰にも入られたくない場所という事もあるので、キッチンの物を勝手に触ったり

位置を変えるような事はしない方がいいですね。

触られたくないという気持ちもあって「何もしなくて大丈夫」と行っている場合もあるので、そう言われたときは別のところで手伝える事を探しましょう。

「お正月ぐらいお義母さんもゆっくりして下さい」

と声をかけるだけでも良い印象を持たれることでしょう。

良い嫁をもらったのだと安心してもらいたいですよね。

夫の実家で嫁が気を付けるべき事とは

夫の実家に帰省したときに気を付けなければいけないことがいくつかあります。

手伝うつもりであってもキッチンに勝手に入り色々触ることはやめた方がいいでしょう。

またお義母さんが作った料理に手を付けないなんてこともあってはなりません。

お義母さんは息子や嫁のためを思い張り切って作った料理なので、自分の好む料理であっても「食べない」という選択をしてはいけません。

そして、自分の味付けとは違って美味しく感じなかったとしても嫁としては「美味しい」といただきましょう。

料理の中にどうしても食べられない苦手な料理がある場合は正直に話しても良いと思います。

食べられると思い、帰省のたびに作られてしまうかもしれません。

この料理に関しては、多くの姑が嫁を嫌いになる理由として挙げているので注意したいところです。

またこっちが色々頑張っているのに実家だからと気が抜けて夫が何もせずに寝転がっていたりするとイラッとしてしまいますよね。

しかしどんなに腹が立っても夫の両親の前で非難するのはやめましょう。

たとえお義母さんが息子を注意したとしても決してそれに乗っかってはいけません。自分の息子が嫁に責められるのを見るのはいい気分ではないので

夫への不満は家に帰ってからぶつけるようにしましょう。

夫の実家へ何を持って行く?

夫の実家へ帰省するときは手ぶらでは行けませんよね。

何を持って行けばいいのでしょうか。

両親の好きな食べ物やお菓子、お義父さんがいつも飲んでいるお酒などを夫に聞いて持っていくと喜ばれますね。

また自分が住んでいる地域の特産物なども口にする機会が少ないのでおすすめです。

両親が見慣れない物であればその食べ物について説明したり、エピソードなどを話せば盛り上がりますよね。

実家に行って「何を話そう・・・」と悩んでいる人にとってはいいかもしれません。

無難に行くのであれば有名店のお菓子や食べ物を持って行きましょう。

帰省の際に親戚の家に行く場合などはその分の手土産も用意しておいたほうがいいですね。

また実家に親戚が集まる事もあるので、お菓子などは多めの物を選ぶ事をおすすめします。

お正月であれば、親戚の子供にお年玉を渡さなければなりません。

ポチ袋などは余分に持って行った方がいいでしょう。

嫌われない嫁を目指す!

なるべくなら夫の両親には嫌われたくないですよね。

嫌われない嫁になるにはどうすればいいのでしょうか。

外見はあまり派手じゃない方が良いと思います。

やはり見た目が派手だと中身もそうであると思われてしまうので気を付けなければなりません。

メイクもしっかり派手に仕上げるよりもナチュラルな方が落ち着いた雰囲気がでるので好感を持たれます。

ファッションに関しても流行っている物を着るというよりは一般受けする清楚なものがいいですね。

そして振る舞いは控えめにしましょう。

自己主張が強かったり、自慢ばかりをすると夫の両親だけでなく友人たちにも嫌われてしまう可能性があるので気を付けたいところです。

夫の実家では聞き役に徹することをおすすめします。

 - 結婚 離婚

ページ
上部へ