知っとく.com

結婚10年目に贈るおすすめのプレゼント

      2017/09/28

結婚10年目に贈るおすすめのプレゼント

結婚10年目を迎える夫婦は色々な苦難を乗り越えてきたかと思います。

10年目の記念に感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈りましょう。

結婚記念日を盛り上げるプレゼント選びのアドバイスと、結婚記念日を忘れてはいけない理由などをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

娘の結婚が寂しいのは父親だけじゃない!母親にも要注意!

娘の結婚を寂しがるのは父親というイメージがありませんか。 ...

野草を食べる!春の味覚の美味しい効果のヒミツ


寒い冬が終わり、春を迎えた時の楽しみと言えば山菜...

どうにかしたい!幼稚園でトイレに行かない子供の理由や対処法

子供が幼稚園に行き出すと、親にとって様々な悩みが出てきます。...

【仕事したくないから】専業主婦から抜け出す4つのポイント


妊娠を機に仕事を辞める人は多く、子供がいる女性は...

【女子必見!】~男友達に彼女ができたときの付き合い方~

ある日仲のいい男友達から「彼女ができた」と言われたらどうしま...

インフルエンザかも!?日曜日に発熱した時の適切な対応


インフルエンザの流行時期に発熱した場合は感染を疑...

no image
学童の指導員の悩みとは【やりがいのある仕事内容教えます!】

共働きの家庭が増え、学校が終わってから学童保育を利用する人が...

【会計報告】PTAや町内会での話し方はこれ!


「会計報告」と聞くととても堅苦しいものですが、大...

【悩める女子必見】部活を人間関係のトラブルで辞めたい時の対処法

好きで入った部活なのに「もう辞めたい・・・」と悩んでいません...

【待ち合わせに遅刻】何分まで待てるのか 教えます!


時間にルーズな相手との待ち合わせはとても憂うつで...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋で必ずトイレに行きたくなる】それって、症候群かも知れません!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理

x
結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと...

モルモットがゲージを噛む3つの理由と上手な対策


モルモットをペットとして飼っている中、ゲージをガ...

幼稚園に入園したのに体調崩して休みが多いと不安になるママへ

幼稚園に入園するのは子供にとってもママにとってもドキドキです...

【旦那と別居中で連絡なし】の場合の妻としての対応


夫婦として上手くいかずに喧嘩をすることはあります...

相撲のまわしを洗わないのは本当?力士の都市伝説


日本が誇る国技と言えば相撲ですね。大きな体の力士...

舌の筋肉は【人体最強】は本当?3分で変わる小顔トレーニング


人間の体の筋肉の中で最も強い部位はどこなのか。 ...

【小学校の同窓会】ない理由と出席したくない理由


成人式を迎えたと思ったら、気が付けば25歳、30...

スポンサーリンク


結婚10年目にふさわしいプレゼントとは?

愛する人と結婚をして10年目を迎えたら、結婚記念日のプレゼントはいつもより特別なものをと考える人が多いですよね。

結婚記念日を祝うスタイルはその夫婦によってさまざまかと思います。

その中でも今回は、旦那さまから奥さまへプレゼントを贈るならどんなものが最適かということについてご紹介をしていきます。

これまで仕事を頑張ってこれたのは、奥さまの献身的な支えがあったからではないでしょうか。

家事や育児をこなし、仕事をされているならご苦労もあったでしょう。

これまでの10年間を振り返り、感謝の気持ちをこめてプレゼントを考えてみましょう。

また、プレゼント以外で結婚記念日を過ごす方法もあります。

ご自分の予算や都合に合うものを考え、ぜひ記念にふさわしい日になるように盛り上げてみましょう。

結婚10年目の定番プレゼント

結婚10周年のプレゼントの定番と言えば「ダイヤモンド」ですね。

少し前に流行った「スイートテンダイヤモンド」の影響もあり、今でもダイヤモンドを贈ることがステイタスともなっています。

ダイヤモンドはその質や大きさによって価格が違います。

1万円台から選ぶこともできるので、あまり予算がない…といった人でも選択肢はたくさんあります。

ダイヤモンドはファッションを選ばず、フォーマルシーンにも合わせやすいです。

これから年を重ねるごとにそういった場へ参加する機会も増えていくでしょう。

そのときにダイヤモンドを持っているととても重宝するものです。

「ダイヤモンドは婚約指輪として贈った」という人は、ネックレスを選んでみてはいかがでしょうか。

ネックレス以外にもイヤリングやブレスレットもあります。

結婚記念日にネックレスを選ぶ人も増えています。

結婚10年目のプレゼントと記念日を過ごす方法

「小さな子どもがいる場合」

まだまだ手のかかる小さなお子さまがいると、ゆっくりディナーへ出かけることは難しいでしょう。

それでも特別な日を過ごす方法があります。

行けないのならお家で盛大なディナーを食べて、結婚記念日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

プレゼントを贈る予算が難しい場合でも、美味しい食事やケーキなどでお祝いしてみましょう。

「ディナーへ行くならおすすめの場所」

結婚式をあげたホテルなどでディナーへ出かけてみてはいかがでしょうか。

新婚時代のことを2人で思い出し、これまで10年間に起きた出来事を一緒に語り合ってみると日ごろ言えない感謝の気持ちが素直に伝えられそうです。

結婚記念日を大切にすることで、これからの夫婦の絆をより一層深めることができますね。

プレゼントの予算はいくら?奥さまの本音

結婚10周年のプレゼントはダイアモンドを贈ってほしい…女性ならば誰でも憧れているようです。

ではズバリ、いくらぐらいのダイヤモンドがほしいのかをご紹介します。

「5千円以上はほしい」

「3万円くらいかな」

「5万円以上は奮発してほしい」

このような答えが返ってきました。

思ったよりも予算は低めだとわかり、ホッとした男性陣も多いかも知れません。

スイートテンダイヤモンドと言えば、10個ついたダイアモンドが特徴です。

しかし世の中の奥さまたちは、憧れてはいるけどそれよりも…

「気持ちが1番大切」だとおっしゃっています。

心のこもったプレゼントこそ奥さまがほしいものなんですね。

結婚記念日を絶対に忘れてはいけない理由

結婚記念日のプレゼントについてご紹介してきましたが…世の中の男性の中には「結婚記念日を覚えていない」「忘れてしまった」なんていう人もいるんです。

記念日を覚えるのが苦手な人もいるでしょう。

しかし、忘れちゃったものは仕方がないなんて言っていると、奥さまに愛想をつかされてしまいます。

自分の結婚記念日はいつですか?毎年必ず忘れないようにカレンダーに印をつけておくべきです。

何も言わない奥さまでも、しっかりと覚えているどころかごちそうを作って待っているかも知れません。

「結婚記念日だから早く帰ってきてね」とわざわざ言わない人もいます。

そんなときこそ試されています。

奥さまにガッカリさせないように、プレゼントの用意をしたりディナーを予約したり、早く帰宅をして一緒にお祝いをするべきです。

女性は1度でも淋しい思いをするとずっと忘れないものです。

喧嘩をするたびにそのことを指摘されるかも知れません。

中には「もう期待をしていない」と冷めてしまう女性も多いです。これは危険ですね。

「あの時は…」と言われないために、夫婦として結婚記念日を過ごしてほしいものです。

 - 結婚 離婚

ページ
上部へ