知っとく.com

結婚10年目に贈るおすすめのプレゼント

      2017/09/28

結婚10年目に贈るおすすめのプレゼント

結婚10年目を迎える夫婦は色々な苦難を乗り越えてきたかと思います。

10年目の記念に感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈りましょう。

結婚記念日を盛り上げるプレゼント選びのアドバイスと、結婚記念日を忘れてはいけない理由などをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

no image
怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!


結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと思って...

【隣の大学生】アパートでの騒音トラブルの対策と注意点


アパートの住人にとって最もイライラするのが「隣人...

高校の入学願書は誰が書く?注意すべき5つのポイントと正しい手続き


これから高校受験を控えている人は、受験勉強はもち...

私って間違ってる?正しい洋服の洗濯頻度 教えます!

自分のやり方が周りの人と違っているのか、気になることってあり...

スポンサーリンク


結婚10年目にふさわしいプレゼントとは?

愛する人と結婚をして10年目を迎えたら、結婚記念日のプレゼントはいつもより特別なものをと考える人が多いですよね。

結婚記念日を祝うスタイルはその夫婦によってさまざまかと思います。

その中でも今回は、旦那さまから奥さまへプレゼントを贈るならどんなものが最適かということについてご紹介をしていきます。

これまで仕事を頑張ってこれたのは、奥さまの献身的な支えがあったからではないでしょうか。

家事や育児をこなし、仕事をされているならご苦労もあったでしょう。

これまでの10年間を振り返り、感謝の気持ちをこめてプレゼントを考えてみましょう。

また、プレゼント以外で結婚記念日を過ごす方法もあります。

ご自分の予算や都合に合うものを考え、ぜひ記念にふさわしい日になるように盛り上げてみましょう。

結婚10年目の定番プレゼント

結婚10周年のプレゼントの定番と言えば「ダイヤモンド」ですね。

少し前に流行った「スイートテンダイヤモンド」の影響もあり、今でもダイヤモンドを贈ることがステイタスともなっています。

ダイヤモンドはその質や大きさによって価格が違います。

1万円台から選ぶこともできるので、あまり予算がない…といった人でも選択肢はたくさんあります。

ダイヤモンドはファッションを選ばず、フォーマルシーンにも合わせやすいです。

これから年を重ねるごとにそういった場へ参加する機会も増えていくでしょう。

そのときにダイヤモンドを持っているととても重宝するものです。

「ダイヤモンドは婚約指輪として贈った」という人は、ネックレスを選んでみてはいかがでしょうか。

ネックレス以外にもイヤリングやブレスレットもあります。

結婚記念日にネックレスを選ぶ人も増えています。

結婚10年目のプレゼントと記念日を過ごす方法

「小さな子どもがいる場合」

まだまだ手のかかる小さなお子さまがいると、ゆっくりディナーへ出かけることは難しいでしょう。

それでも特別な日を過ごす方法があります。

行けないのならお家で盛大なディナーを食べて、結婚記念日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

プレゼントを贈る予算が難しい場合でも、美味しい食事やケーキなどでお祝いしてみましょう。

「ディナーへ行くならおすすめの場所」

結婚式をあげたホテルなどでディナーへ出かけてみてはいかがでしょうか。

新婚時代のことを2人で思い出し、これまで10年間に起きた出来事を一緒に語り合ってみると日ごろ言えない感謝の気持ちが素直に伝えられそうです。

結婚記念日を大切にすることで、これからの夫婦の絆をより一層深めることができますね。

プレゼントの予算はいくら?奥さまの本音

結婚10周年のプレゼントはダイアモンドを贈ってほしい…女性ならば誰でも憧れているようです。

ではズバリ、いくらぐらいのダイヤモンドがほしいのかをご紹介します。

「5千円以上はほしい」

「3万円くらいかな」

「5万円以上は奮発してほしい」

このような答えが返ってきました。

思ったよりも予算は低めだとわかり、ホッとした男性陣も多いかも知れません。

スイートテンダイヤモンドと言えば、10個ついたダイアモンドが特徴です。

しかし世の中の奥さまたちは、憧れてはいるけどそれよりも…

「気持ちが1番大切」だとおっしゃっています。

心のこもったプレゼントこそ奥さまがほしいものなんですね。

結婚記念日を絶対に忘れてはいけない理由

結婚記念日のプレゼントについてご紹介してきましたが…世の中の男性の中には「結婚記念日を覚えていない」「忘れてしまった」なんていう人もいるんです。

記念日を覚えるのが苦手な人もいるでしょう。

しかし、忘れちゃったものは仕方がないなんて言っていると、奥さまに愛想をつかされてしまいます。

自分の結婚記念日はいつですか?毎年必ず忘れないようにカレンダーに印をつけておくべきです。

何も言わない奥さまでも、しっかりと覚えているどころかごちそうを作って待っているかも知れません。

「結婚記念日だから早く帰ってきてね」とわざわざ言わない人もいます。

そんなときこそ試されています。

奥さまにガッカリさせないように、プレゼントの用意をしたりディナーを予約したり、早く帰宅をして一緒にお祝いをするべきです。

女性は1度でも淋しい思いをするとずっと忘れないものです。

喧嘩をするたびにそのことを指摘されるかも知れません。

中には「もう期待をしていない」と冷めてしまう女性も多いです。これは危険ですね。

「あの時は…」と言われないために、夫婦として結婚記念日を過ごしてほしいものです。

 - 結婚 離婚

ページ
上部へ