知っとく.com

子猫を保護をしても威嚇する場合の心の持ち方

      2017/09/28

子猫を保護をしても威嚇する場合の心の持ち方

子猫を保護をするという決断をするということはとても勇気のいることです。

家に連れ帰ったあともなかなか懐いてくれずに威嚇をされてしまうことでしょう。

子猫が心を開きやすくするための環境などについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

どうにかしたい!幼稚園でトイレに行かない子供の理由や対処法

子供が幼稚園に行き出すと、親にとって様々な悩みが出てきます。...

【仕事したくないから】専業主婦から抜け出す4つのポイント


妊娠を機に仕事を辞める人は多く、子供がいる女性は...

【女子必見!】~男友達に彼女ができたときの付き合い方~

ある日仲のいい男友達から「彼女ができた」と言われたらどうしま...

インフルエンザかも!?日曜日に発熱した時の適切な対応


インフルエンザの流行時期に発熱した場合は感染を疑...

no image
学童の指導員の悩みとは【やりがいのある仕事内容教えます!】

共働きの家庭が増え、学校が終わってから学童保育を利用する人が...

【会計報告】PTAや町内会での話し方はこれ!


「会計報告」と聞くととても堅苦しいものですが、大...

【悩める女子必見】部活を人間関係のトラブルで辞めたい時の対処法

好きで入った部活なのに「もう辞めたい・・・」と悩んでいません...

【待ち合わせに遅刻】何分まで待てるのか 教えます!


時間にルーズな相手との待ち合わせはとても憂うつで...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋で必ずトイレに行きたくなる】それって、症候群かも知れません!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理

x
結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと...

モルモットがゲージを噛む3つの理由と上手な対策


モルモットをペットとして飼っている中、ゲージをガ...

幼稚園に入園したのに体調崩して休みが多いと不安になるママへ

幼稚園に入園するのは子供にとってもママにとってもドキドキです...

【旦那と別居中で連絡なし】の場合の妻としての対応


夫婦として上手くいかずに喧嘩をすることはあります...

相撲のまわしを洗わないのは本当?力士の都市伝説


日本が誇る国技と言えば相撲ですね。大きな体の力士...

舌の筋肉は【人体最強】は本当?3分で変わる小顔トレーニング


人間の体の筋肉の中で最も強い部位はどこなのか。 ...

【小学校の同窓会】ない理由と出席したくない理由


成人式を迎えたと思ったら、気が付けば25歳、30...

お肉の栄養素と食べない人に起こる体の不調について知っとく!


かつては「お肉は太る」として避けられる対象でした...

【ナマズの飼育方法】稚魚から育てるためのポイント


実は日本には数多くのナマズが生息しています。 ...

学校をサボると罪悪感が・・・そんな気持ちを解放する方法教えます

小学校・中学校・高校・大学のうちに、誰でも一度は学校をサボり...

スポンサーリンク


保護した子猫に威嚇されてしまう時の対応とは

道ばたで鳴いている子猫を見つけて保護をするということはなかなかない経験です。

小さな子猫をそのまま放っておくことはやはり心配ですよね。

保護をするという決意をしたということは、その後も飼う覚悟をしている人だと思います。

その上で、子猫を保護したらすべきことをお伝えしていきます。

野良猫に育てられていた子猫を保護をしても、なかなかなつかないことが多いです。

保護をして1ヶ月が経っても、少しでも近づいただけで威嚇をすることがあります。

なかなか心を許さない子猫にはどのように接するべきでしょうか。

どのようにしたら懐いてくれるのかが気になるかと思いますよね。

今回は、子猫を保護したらどうするべきかをご紹介していきます。

威嚇をする保護した子猫への接し方

保護した子猫がいつまでも懐いてくれないどころか威嚇をしてくる場合はどのようにすべきでしょうか。

ケージの中に保護をしていると思いますが、ずっとケージに入れっぱなしにしてしまうとストレスが溜まります。

ほかに飼い猫がいない場合であれば、ケージをできるだけ開けておきましょう。

ごはんとトイレをケージの中に入れておけばケージの中で食べるようになり、そこが落ち着く場所になります。

そして重要ポイントが、できる限り放っておくことです。

威嚇をしているうちはこちらから触ろうとしないことです。

子猫が自ら寄ってきたときにだけ、優しく声をかけてあげましょう。

心を開くまでは時間がかかるので、長い目で見守っていくことが大事です。

保護した子猫が威嚇し続ける場合の方法

なかなか懐かない子猫がリラックスできる生活環境を整えましょう。

・猫は高い場所が落ち着く

人間に心を開かない猫は恐怖心を抱いています。

こういう猫には高い場所を用意してあげることで落ち着かせることができます。

猫は高い場所から相手を見下ろすことで優位に立つことができます。

キャットタワーを用意しなくても棚の上を整えてあげるだけでも大丈夫。

人間の頭より上になれる位置があるだけで、ゆっくりと眠れる猫もいます。

・引っ掛かれても耐える 腕にタオルを巻くなど工夫を

猫は人間に攻撃されることをとても恐れています。

子猫の場合は人間がとても大きな生き物に見えるでしょう。

自分の身を守るために爪を出して引っ掻いてくるでしょう。

そのときはじっと耐えることで少しずつ恐怖心が薄れていくと思います。

ただ、生傷が絶えなくなってしまうので無理をしないことが大事です。

保護した猫が懐くまでの時間

保護をした猫がなかなか懐かないのはよくあることです。

とても時間がかかることなので、懐かないからと言って落ち込まないでください。

保護した子猫が懐くまで1年半以上かかったという声もあります。

その猫が保護されるまで過ごしてきた環境によって大きく違います。

また、子猫じゃないと懐かないという話はよく聞きますが、そんなことはありません。

子猫よりも懐くまでに時間がかかりますが、長い目で時間をかけてあげることで慣れてきます。

野良猫と家猫は大きく違います。

愛情不足で育った野良猫になかなか触れることはできませんが、心を開いた時にはとても甘えてくるものです。

それまでは心が落ち着く環境を作ってあげることが重要です。

子猫を保護したらまずすべきこと

今回は「保護した子猫が威嚇をしてしまう」ということについての対処法をご紹介してきましたが、心を許すまでじっと待つことがやはり大切です。

時間をかけて、子猫から近づいて来るのを待ちましょう。

気が遠くなってしまうことですが、心を開いたときにはたくさん甘えて来るでしょう。

1度信頼をしてくれたら猫から裏切ることはありません。

このときをじっと待ちましょう。

・保護をしたらまずすべきこと

ここまでは保護をした子猫に異変が見られない場合についての内容でしたが、道ばたにいる子猫のほとんどの場合が飢えていたり弱っている状態です。

保護をしたらそのまま動物病院へ連れていくべきです。

ダニやノミがわいている子猫をそのまま連れ帰ってしまうことは、後々大変なことになります。

もし家に連れ帰ってしまった場合でも、早いうちに動物病院で健康診断をしてもらいましょう。

・牛乳は与えてはいけない

子猫に人間が飲む牛乳を与えてはいけません。

まだ小さい子猫なら、猫用のミルクを哺乳瓶で与えてください。

食べ物も猫用のものを用意します。

・温めてあげる

子猫は季節を問わずタオルでくるんで温めてあげましょう。

まだ体温調節ができないために体が冷えやすいです。

気温が低い場合は湯たんぽを使ったりして体温を上げるようにします。

ペットボトルにお湯を入れると簡易湯たんぽとして使えます。

タオルに爪が引っかかる場合はいらなくなったフリースの服などもおすすめです。

温めるときに使った布は自分の匂いが付くのでしばらくそのままにしておきましょう。

ゲージにはいつもそれを入れておくことで安心させることができます。

 - ペット

ページ
上部へ